topimage

2017-06

大人の遠足 - 2015.10.05 Mon

皆様こんばんは ノリです。
あっという間に10月ですよ
そろそろ「おこた」や「ペットヒーター」を出して欲しくなってきちゃった。

今年もなんだかんだといろいろあって
結局 山らしい山には一回も行けなかったおかあちゃん

あんまりにも、あんまりなので 行ってきたんだって
もう 飽きるほど登った 獅子吼高原 に






<石川散歩 獅子吼高原>

車で1時間ちょいなんざます、この高原。
そして 1時間ちょいで登ってくる事ができるんざます、この高原。
なまりまくった足腰をちょっとだけいじめるのに
都合のいいところなんです。この高原。



181005no1.jpg
台風みたいな風で杉の枝が沢山折れて落ちていて
登山道がちょっとだけ荒れていましたが
なに、来年にはみな落ちている枝も葉っぱも「土」に還ります。




181005no2.jpg
ここは スケートボードやラジコンカーでも遊べたり
冬はスキー、スノーボードでも遊べるところでございます。

おばちゃんの私には ぜんぜん「お呼びでない」所ですけど。

なのになぜ? 
なぜ、こんなところに何度も来るのでありましょうか??


私は、




私は、





私は、ここに




遠足 に来るのでございます。

来る途中、コンビニに寄り道して
山頂でなにを食べようかと いろいろ迷うのも楽しいのでございます。
気分は ほんと、遠足に行く小学生(笑)



181005no3.jpg

青空の下、コンビニで買ったおにぎりやパンが美味しい事、美味しい事♪





181005no4.jpg

春にも登ったんでスヨ・・・・・いつの間にか すっかり秋だ〜




春に登った時の動画でござる↓
[広告] VPS










181005no6.jpg
アタイは いっつも お家でご飯よ。
お母ちゃんばっか ズルいズルい!!!




アタイもお外でご飯食べたーい!







ノリちゃん それは


んん〜〜〜ん ダメよ〜〜 ダメダメ (古い!)



憧れの名車♪ 迷車? - 2010.08.01 Sun

皆様こんにちは、足袋ネコです。
前回の記事で 思いっきりインドア派 と書きましたが
たまには外にも出るのです・・・スポーツ目的ではないですけど。


先々月、能登方面に用事があったので 
ついでに能登空港で行われていた
憧れの名車がやってくる パワーアップ!!
という催しを覗いてきました。


ずら~~~~り の名車
130801no6.jpg
まずはこの「青い車」ですな。
排気ガスを外に出す「マフラー」という部品が 車体の横に出てるんだけど
乗り降りする時 いじっかしくね?? と思う。


それにフロントですよ、フロント。
130801no7.jpg
なんでか 「コブラ」さんが。



130801no10.jpg
凄いシートベルト。
F1にでも参戦して来たんでしょうか?
スピードを出すとフロントの「コブラ」さんが飛んでいく・・・てか、絶対にじゃま。


お次ぎは 金色の車
130801no13.jpg



この車もマフラーが車体の横にくっ付いてます
130801no16.jpg





お次ぎはちょっとかっこいい車ですよ~~
130801no8.jpg
おぉ~~ 京都から! いらっしゃいませ♪



この車のオーナーさんが
サービスで車の後ろ部分をオープンすると・・・
130801no4.jpg
ギャラリーがわらわらと。
歓声の嵐、そして写真パシャパシャ。
私も覗いてみましたが 何が凄いのか・・・・わかりませんでした。



そしてこのオーナーさん 気を良くしてもっとサービス 
座席ドアを オープン♪
130801no9.jpg
かっこいい~♥
車の事なぁ~んもわからんおばちゃんでも しびれます。







少し離れた所ではこんな車が・・・・
年配者にとっては摩訶不思議な車。
130801no12.jpg



悩むのは無理もなく 中身はこんなんです。
130801no2.jpg
足下に転がされている消化器消火器 とか
前から延びてきている洗濯機のホースみたいなもん とか
バイクに付いていたのをもぎ取って付けたようなバックミラー とか
同じくバイクに付いていたような赤いライト とか
ヘルメットは必ず被らなくちゃいけないらしい とか
ぶっ ブレーキは!!?



これらの車は全国から集まって来ていますが
ちゃんと現地まで運転をしてやって来るようですよ
ほら、またやって来ました♪
130801no14.jpg
小っこいくせにやたらとウルサイ車
ひとり暴走族(笑)




最後に 皆様ご納得の 憧れの車 で~っす。
130801no1.jpg
内装が固いシートで 本物とずいぶんちがうのが残念でございます。
できたら ドライバーはネコの着ぐるみ姿でいて欲しい♪




本物に近い「ネコバス」が出来たら凄く売れるよねー




楽しい寄り道でした♪

なんちゃって鉄子の旅 その2 - 2009.10.27 Tue

皆様こんばんは、 なんちゃって鉄子 の時間でございます。
前回の続きでございます。



加賀一の宮駅からほど近い所にある 
白山比神社(しらやまひめじんじゃ)に行きました。
通称 白山(しらやま)さん。
121024no8.jpg
参道にはスギの巨木が。
歩いている人と比較してみてね。


121024no10.jpg
私のリュックと比較してみる・・・・このリュック、私の体の幅とほぼ同じです。


手と口を清めて狛犬にご挨拶。
121024no3.jpg 
(狛犬あ)あら来たの~




121024no4.jpg 
(狛犬うん)いらっさい♪ 
お賽銭ふんぱつしてね~ うひひ~  (とは言っていない)



121024no7.jpg
ここでも鉄男さん達と遭遇。
何やら専門的なお話で3人様、ご熱心にトーク中。
「七五三」の時期が近かったのか かわゆい着物姿のお嬢様も。
(写真写せず 残念無念!!)





121024no9.jpg
坂道を山側に20分程歩いて 「もく遊りん」 で休憩。

121024no13.jpg
ケーキセットを注文したら なぜかマグカップがおまけに付いてきた。  
えっ??? 頂いちゃっていいんですか??



121024no14.jpg
この後、ひろ~~~~~~い所をのんびり歩きます。



121024no23.jpg
むむっ!? カモシカ除けか?


121024no15.jpg
おじさんに声をかけられ ここは 漢方薬などになる「キハダ」 の
薬木林だと教えてもらいました。

121024no16.jpg
キハダの切り株?

121024no17.jpg
お土産(?)にもらった「キハダ」の樹皮。
「舐めてみんさい」って言うので舐めると おぇぇぇ~!!! 
電気ショックのような苦さ・・・・・いただいてもど~する事も出来ず(涙)

121024no26.jpg
近くで枝を伐採している人あり。
写真を写してもいいですか?って聞くと ピースサインしてくれたお兄ちゃんです。
どんな所にいるかってーーと・・・





121024no25.jpg
はい♪ 8メートル以上 の梯子の上。




121024no21.jpg
駅まで戻る途中で 
知らない方からご好意で焼き芋 もらっちゃいました。 もぐもぐ♪


頂き物いっぱいで いい旅だったなぁ~~




長い長い記事を読んで下さってありがとうございました!

なんちゃって鉄子の旅 - 2009.10.26 Mon

皆様こんにちは  (なんちゃって)鉄子でございます。
(黒柳徹子ではございませんことよ)

10月いっぱいで 「北鉄石川線」の一部 鶴来(つるぎ)~加賀一の宮間が
廃線になる(たった2キロちょい)というので 
にわか鉄子になって 鉄道の旅に出かけてきました。
始発野町駅から30分ちょいの電車の旅なのに 
乗車駅まで歩いて1時間 という修行の旅です おほほ・・・


朝一番におネコ様と遭遇。
121025no2.jpg
青い車のボンネットを白い足跡だらけにして・・・・怒られちゃうぞ~♪

121025no1.jpg
いい面がまえ 好きだな~こんな顔。
でも鳴き声はとびっきり可愛かった♪



121024no5.jpg

121024no27.jpg
金沢に来てん十年、初めて乗りました。
「この電車はワンマンカーです」 という車内放送があるんですけど
女性の車掌さん(キャビンアテンダントって言うんだそうです 汗)がおいでます。
時間帯、車内の混みよう次第で 自転車も持ち込めます(1人1台)



廃線になる鶴来~加賀一の宮駅間は 
自転車を走らせるような速さでゆっくりとカーブを描き 街中を通ります。  
私は車窓から街の小さな息吹を感じ 不思議な幸せを体験しましたよ。
121024no2.jpg
終点「加賀一の宮駅」。渋い建物です。
今月いっぱいで80余年の歴史を閉じる事になります。
NHKのテレビカメラもレールを敷いてスタンバイ。


当然のごとく 鉄ちゃん(鉄男さん?) もちらほら。
皆さん、大きなデジイチとモッコモコに膨らんだリュックやショルダーをお持ちです。
私もリュックを背負っていたので 鉄子さん に間違えられちゃいました。


にわか鉄子 鉄ちゃんの真似をして写してみる・・・・
121024no12.jpg
線路の中に入るといいアングルなんだけど・・・・むつかしいわ~~

121024no11.jpg
どう写したらいいかさっぱりわかりません!




帰りの電車時間まで時間がたっぷりあるのでお散歩する事に。
明日も続く・・・・
ゆっくりと走る電車で感じた幸福感、皆にお裾分けしたいな~



あんなにたくさんの鉄ちゃんを見たのは初めてでした。
1日乗車券を買って何度も乗るみたいですよ、熱心だわ~

哲学 してみませんか? - 2009.03.28 Sat

皆様こんばんは。
金沢 雪が降りました。
なごり雪はとても美しかったです。

雪も・・・・何かを考えながら空を旅していたのでしょうか
わずかな風に少し揺れながら ゆっくりと舞い降りていました。

桜の花びらは 舞い落ちてもしばらくは地面に美しい世界を残してくれますが
なごり雪は地面に着地した瞬間に消えていきます。
一瞬にして消える姿・・・・なにか はかなさを感じてしまいますね・・・・・


今日は金沢散歩です。

<足袋ネコレポート>
先日、「西田幾多郎」記念哲学館 に行ってきました。
110327no1.jpg
西田幾多郎は 石川県が誇る哲学者です。
哲学とは!?・・・・・は横に置いといて
(えぇ さっぱりわかんないので~す)
この建物はかの有名な建築家 安藤忠雄 が設計したものです。
外見はコンクリートの壁面と四角い建物ですが

110327no2.jpg
中は 柔らかなカーブを利用してゆっくりと回遊出来るようになっています。



さて・・・・・テツガク?
110327no6.jpg
う~~ん う~~ん・・・・・・




110327no5.jpg
どよよ~~ん・・・・・





110327no3.jpg
このお方が 西田幾多郎。




110327no4.jpg
なるほど これならわかるような気がする。





実はここに来た本当の理由は・・・・・
「地球交響曲 ガイヤシンフォニー第三番」 の映画(500円)を鑑賞するためでした。 
(えっ?値段なんか聞いてないって?)

んが、 途中で不覚にも居眠り。
なっ・・・・情けない



でも、今は亡き 星野道夫  さんが出てくるとお目めぱちくり。
星野道夫ってだれ? って思う方は
この写真を見るとわかる人が多いと思う
110327no7.jpg

この人は写真家である前に詩人 あるいは命を語れる人 なのだと思うのです。
映画に出演していた人は星野道夫とかかわりのある方達で
「道夫はあのように命を奪われたけれど 決して残念だとか悔しいと思っておらず
むしろ命を捧げたのではないだろうか」
と言っている人がいました。
星野道夫は大自然の中に自分を置き
命があるものは どのように命が生まれ どのように命が終わるのかを
たくさん たくさん見つめてきたのでしょう。
 自分の命はどう終わるのが一番自然なのか を
ずっと考えていたのでは と思います。

野山を歩くとき、私もいろいろ生き物の命の終わりを目にする事があります。
息絶えた野ネズミ、もぐら そして形にならない昆虫
羽だけになった鳥  たぶん・・・・・カモシカの背骨
たくさんの命を生み出すけれど
やはりたくさんの命を 緑深い森は静かに消していきます。
これが美しい 「自然」 というものなでしょう。


私も 「自然」 になれるのだろうか。
哲学とは・・・・・・・・自分の生き方を考える事?








今日はまじめな話だったなぁ~












哲学してみる・・・・・
110327no8.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・



0309no3.jpg
やっぱ無理。






寝るのがオイラの生き方♪ あ~~らほいほい♪

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する