topimage

2017-03

ミッション:インポッシブル 胃カメラ編 - 2014.09.14 Sun

ミッション インポッシブル
それは実行不可能な任務の事である・・・・・・・・



○月△日 足袋ネコにその任務が下されたのであった・・・・・・


「胃カメラ検査」をリポートせよ。


楽勝やんけ。

まぁ いつまでも元気でいられる訳でもないしな
若いヤツらに
瞬発力で負け 
持久力で負け 
頭の回転の速度で負け
足の長さで負け・・・・・・ 

勝てるのは 図々しさ だけになっちまった。  くやしい。


ここは一発 冷静沈着なリポートで
おぉ さすが!
と、言われてみようではないか。


今回の任務では ミッション:インポッシブルのテーマソングが全然合わないので
適当な音楽を頭の中で鳴らしながら
朝 7時30分に家を出て病院に向かう。
少しでも早く順番を取らないと 待ち時間が恐ろしい事になるからである。



170914no3.jpg
うんうん、事前調査ばっちりよね


ところが!! 順番待ちのじっちゃん、ばっちゃんがぞ〜ろぞろ。
そして私の順番が42番。 
おっ 恐るべし、後期高齢者。


170914no5.jpg
お母ちゃんは ここから胃カメラ検査が始まるまで2時間待たされるのでした〜



待ちくたびれて 待合室の椅子で眠ってしまおうか などとは思ったものの
こんな時 トムクルーズはきっと居眠りなんかはしないはず。
スタイリッシュな眼鏡をかけ 本を読むふりをして
周りの状況を調査しているに違いない。

では、私も。
シニアグラスをかけ 戦国時代物のページをめくる。
聞き慣れない年代と たくさん出てくる戦国武将の名前とが混乱してくる頃
やっと順番がきた。



前回は麻酔なしの検査で 過呼吸になってしまったので
今回は麻酔を受けての胃カメラ検査を選択。
まず 名前を聞かれ
何かあった時は病院の適切な処理に任せる という同意書を書かされる。

次に 胃の中をキレイにする という 摩訶不思議な飲み物を50cc程飲む。
まっっっず〜〜い!!

そして、喉を麻痺させる薬 という凍った四角い塊を口に入れ 解かしながら飲み込む。
マズイ! キモイ!
すぐに喉に変化が現れ 喉に厚い膜が張ったような感覚になってくる。

口の中の塊がなくなった時、検査台に移動し 身体の左側を下にして横になる。

170914no6.jpg
こんな感じね




おぉ いよいよ検査が始まる!
しっかりレポート出来るように頑張るぞ〜〜
喉に違和感たっぷり、 緊張感も高まってきました!

口に カメラのくだを通すドーナツ状の物を噛まされる。
なぁ〜んか ドキドキしてきたぞ〜〜〜


ちょっと ぼぉ〜っとするお注射ですから と
腕に注射を打たれる。

麻酔 とか何とか言っても 全然眠くならなかったっていう人もいたよねー
前回は 胃の中をカメラが動いているのがわかって気持ち悪かったなー
今回はどんな先生がやってくれるんやろ?
ヘタクソ だったらイヤだなー・・・・・いやだなー・・・・・























終わりましたよ〜〜



うそ!!!






麻酔での胃カメラ検査リポート おかあちゃんにとって
難しいミッションでありました。






ぼぉ〜〜〜っとするどころか 深い眠りに入ってしまった私
レポーート用紙の後半は 真っ白け という情けない結果に終わったのであります。





ミッション:インポッシブル その3 - 2011.12.29 Thu

ミッション インポッシブル
それは実行不可能な任務の事である・・・・・・・・


○月△日 足袋ネコにその任務が下されようとしていた。
その任務とは



「AT車限定解除 せよ。」 (マニュアル車も運転出来るようにしろ ちゅー事です)




なんですと~~~!!!!?




事の次第はこうである
足袋ネコ家の愛車は 「RVR」ちゃん。
旦那が12月に車検が切れるので廃車にしたいと言い出す。
発進時、走行中に不気味な音を出し始め
助手席の窓は開かず
2400ccの排気量をもちながら 坂道を喘ぎながら登るという
総走行距離12万キロの車である。
人間で言えば 
若い頃はブイブイ言わせていたが 今は変わり果てました 
という「じーさま」である。


いよいよ 「引退」 の二文字か・・・・


141219no2.jpg

141219no1.jpg




しかし・・・しかし この車には思い出が多い。
絶叫とともに奈良の山奥を走ったし
瀬戸内海の「瀬戸大橋」を運転した時は
美しさに感動して叫びまくりながらハンドルを握った
ノリを動物病院に連れて行って
病院の向い側の家のブロック塀を削ったのもこの車だ。
でも まだまだ走れる車 引退なんてもったいない。

しかし 車検が切れるという事は
ある意味 決断の時だ。



RVRが廃車となると 代わりの車を探さなくてはならないのだが
ちょうど 長期出張で金沢にいない娘2の車が空いているので
それに乗る事に決定したのだった。


その車は・・・・・マニュアル車 (涙)



ぺ~で ぱぁ なドライバーが
マニュアル車を運転出来るのか?????????????



うそ~~! そんなん、できーーん!
でっ でも、運転する時は自動車学校に入り直すんだよね?
費用を調べてみる・・・・・
なになに いっぱつ合格なら費用が安いが 不合格だと
試験に落ちるたんびに費用が うん万円ずつ追加されていくらしい。


うん万円ずつ追加・・・・
雪だるま式に増えていく万札が遠くへ消えてゆくのが見える・・・・
うぅぅぅぅっ 苦しい。



あぁぁぁぁ~~~~ どうしよう、どうしよう、どうしよう!!
いやだ~~ 自動車学校に行くのはお金をどぶに捨てるようなものだぁ~

どうしよう

どうしよう

ど~~~し~~~よぉ~~~う~~~~~~








廃車にする日の当日。
いろいろ書類を引っ張り出す。
車検証も引っ張り出す。 じっと見る。




ん?   んんっ?! 
んんんんんっ????!




車検って・・・・・来年やんか




私の苦悩の日々をかえせ~!!










141229no1.jpg
廃車はなし
まだまだ 君にはお世話になるからね よろしく~





昨年やったはずの車検はすっかり記憶のかなた
おかあちゃん達は
あっちゃぁ~~~ の夫婦です。








今回は トム・クルーズどころじゃなかった
そもそも トム・クルーズなのに
運転免許証が 「AT車限定」だったら

がっかり~ だーーー

ミッション;インポッシブル その2 - 2011.12.06 Tue

○月×日 
再び足袋ネコに下されるミッション。



私を小松空港からお家に連れてって。
私の娘からだった。
最近、東京と金沢の飛行機での往復が多い娘、
私はすっかり 金沢と小松空港往復のアッシーおばちゃん になった。
したがって 何度かの往復運転に慣れてきて

ぺぇ~ で ぱぁ~ なドライバーから

ぱぁ~ で ぱぁ なドライバーに昇進中である。
文字の色の意味は特にない。


今回のミッションは時間制限がないので 下道でOKだ。
魚2切れと白菜しか入ってない夕飯用の「鍋」の支度なんぞをして
ゆっくりと落ち着いて トム・クルーズに変身し、車に乗り込んだ。



実は 今回 もう一つのミッションを 旦那から言い渡されていた。

それは・・・・・




ガソリンを入れてきて。  どっしぇぇぇ~!!


これは・・・・これは・・・・厳しいミッションだった。
お財布の中身が厳しいのもあるが
私は・・・・・・・


ガソリンを自分で入れた事がない ぱぁ~ なドライバーだからだ。



トム・クルーズなら どうする・・・・・・・




そうだ! 答えは簡単だ。
トム・クルーズは 自分でガソリンなんか入れないはずだ。
「満タン、よろしく♪」 とか何とか言っちゃって 
スタンドのお兄ちゃんに入れさすに決まってる。
よし! それでいこう♪ 空港までの道にスタンドはたくさんあるはず。

すっかり日が暮れ、ヘッドライトやらテールランプがまぶしい道を
小松空港に向けてひた走る。


ない・・・・・・・・ない・・・・・・ないぞ~・・・


ガソリンスタンドはあるけど セルフ ばっかや~ん!!



・・・・・・・仕方がない。 娘に教えてもらおう。 
トム・クルーズは 庶民的なセルフのガソリンスタンド なんかは知らないのだ。



小松空港へは予定時間よりも少し早めに到着。
娘を乗せ、 金沢にもどる道すがら
セルフガソリンスタンドの使い方のイメージトレーニングをする。
えっと・・・・
まず、ガソリンを入れる所の小さな扉を開けるんよね・・・開けるんよね・・・


それって どこ? そんなのあったっけ?



 
間違ってボンネットを開けてしまった というのはよく聞くけど
それはやりたくないなぁ~  
などと考えていて信号を見落とし 娘に叱られる。
しっかりしろ! 雑念を消せ、トム・クルーズ!!




家の近くの一番安いセルフスタンドでガソリンを入れる事にして
運転に集中し そろそろ~っとコーナーに入る。
娘の指導のもと ふたを開けてガソリンをいれるところまできた。
ここで、軽油とレギュラーを間違えると大変だ。
ドキドキしながら赤いホースを入れ口に突っ込む。
ゴゴゴゴゴ~~~~ッ・・・・





くっさぁぁぁぁぁ~~~!!!!


強烈な臭いで 思わずのけぞる。
ガソリンがちゃんと入っているかどうかと
給油口をのぞき込んではいけない事を知る。  おぇぇぇぇ~~~っ






夜21時 家に無事到着。
     娘を迎えにいくミッション終了。
     一人でガソリンを入れるミッション 課題を残す。





ミッション終了後のお楽しみのビールが気持ち悪くて
飲めなかったおかあちゃんでした。






車の運転が嫌いな足袋ネコ
ガソリンを入れるのも嫌いになったのであった・・・

今回も くっだらな~い話にお付き合いくださって
ありがとうございまっす! 

ミッション;インポッシブル - 2011.11.27 Sun

ミッションインポッシブルとは・・・・・
実行不可能な任務の事である

141123no24.jpg








○月×日
太陽が西に傾き、空の色が少しばかり深みのある色に変わってきた時
指令が入ってきた・・・・・
141123no19.jpg


「私を小松空港まで連れてって。」




はぁ? 



我が娘からの電話であった。
何でも、金沢駅から小松空港までの高速バスが時間変更で
予定していた時間のバスが無くなっていて
このままでは予約した飛行機に乗れない
   だとさ。




やれやれ・・・・・そんな事、私が出来っこないのを知らないのか、娘よ。
普通の人なら 「あっ ええよ。」 で終わりなのだが

私は・・・・私は・・・・私は・・・・・






ぺ~~ で ぱぁ~~ なドライバーなのだ、娘よ!


しかし、そんなことを言っていてもどうしようもない。
車の運転大嫌い人間 から 車の運転大好き人間に変身し
この危機を乗り越えなくては。
とりあえず 誰に変身しようかしら・・・・
そうだ、 ミッションインポッシブルの トム・クルーズ でいこう!


頭の中で映画のテーマソングを鳴らしながら
バッグと車のキーをつかみ、 車に乗り込む。
全身黒ずくめにサングラス といきたいが着替えている時間がない。
飛行機の離陸まであと1時間15分ほど
我が家から金沢駅まで20分、西インターまで15分、高速道路で15分・・・ 
高速をすっ飛ばしてギリギリか・・・・と頭の中で時間を計算する。

繰り返すが 
普通の人だと 小松空港まで送るなんて朝飯前のミッションである。



変身した私は一人で運転した事がない道を運転し 
何とか金沢駅で娘を拾う事が出来た。
さすがだ、トム・クルーズ♪ カッコいいぞ、トム・クルーズ♪
今度は西金沢インターだ・・・確か左に曲って8号線に出ればいいはず。
国道8号線は車の量が多くてコワい道。
トム・クルーズの仮面をかぶりながら よれよれと走る。
私の頼りない運転に焦りだす娘。


おぉ! 西インター入り口が見えてきた。
ウィンカーを出してゲートに近づく。
そうだ、カードを受け取らなくちゃ。
えっと、車のウィンドゥを下ろすボタンは? あれ? あれ?
私の右手は ドアのあちこちをうろうろするだけ。
ゲートインしながらウィンドゥを下ろすというカッコいい技は夢に終わった。
しかも カード発行口が遠いや~ん(汗)
ブレーキを踏みながらウィンドゥを下ろし 
思いっきり腕をカード発行口に伸ばす。
少し勢いを付け 「うんしょ!」



しっ しまった! トム・クルーズは 「うんしょ」とは言わない

そもそも トム・クルーズやったら ETC やろ~~~




まぁいい。



気を取りなおし、トム・クルーズの仮面をかぶり直して
アクセルをめいいっぱい踏む。
私の「めいいっぱい」は時速90キロだ。
前を走る車も90キロで走行していて
私は後ろに付いていくだけだ、ラッキー♪
しかし

無言の助手席の娘。
この「無言」は焦りを隠すためか?
しっ しゃーない。 追い越すか・・・・・
自慢じゃないが 運転免許を取得して15年
前を走る車を追い越した回数は片手とちょいくらいだ。
ウィンカーを出して追い越し車線に入り加速する。
うぉぉぉ~~110キロ!
がんばれ トム・クルーズ!
 

2台追い越して 走行車線に入る。 ふぅ~~~っと息がもれる。
車の何かの機械がしゃべりだす
「ダブルオービスがなんたらかんたら・・・・」

はぁ? ダブルオービスってなんじゃらほい。
スピード違反? そんなん知らん!知らん!


再び追い越し車線に入り1台追い抜く。
しばらくして やっと小松インターが見えてきた。
ほぇ~~ 小松インターってこんなに遠かったっけ。
減速して高速を下りる。 750円なり。
1000円を出したが お釣りはしっかりと受け取った。
トム・クルーズなら「お釣りはいいよ」って言うのかな?
あっ トムクルーズはETCだった。ちくしょ~~


小松空港に飛行機離陸15分前に到着。
ふぅ~~~ 間に合った。
足袋ネコ ミッション終了。
1時間半かけて下道で帰宅の徒についたのであった。


下らん話にお付き合いくださってありがとさん





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する