topimage

2017-08

自主返納 - 2017.01.30 Mon

みなさまこんにちは 足袋ネコです。


久々に 父の夢をみたので 今日は亡き父の事を書こうと思います。
父は車の免許を持たなかったので 移動はもっぱら 自転車 でした。
皆様は多分知らないと思うけど・・・・昔の自転車って
ものすごーーーーく、重くて 頑丈でした。
ちょっとやそっとでは壊れる、ひん曲がる という事はなく
修理と言えば パンク が主だったようです。
私の記憶では 私が小さい頃から その自転車を手放すまで
50年近く 同じ自転車に乗っていたのではないかな・・・・・

夢に出てきた父は ちょっと若い、60歳代の頃かな・・・・
私はなぜかお弁当を作るのに手間取り(実際は作った事がなーい 笑)
学校に遅刻しそうになったので

父に 「自転車で学校まで乗せてって〜」 と言う私。
夢の中の父は 渋々承知し、準備する私を待つんですが
もたもたしているのを見るに付け 「まだながか? まだながか?」
と 言いにくるんです。
変な夢でした〜〜


どこに行くのも、何をするのも 自転車だった父
その自転車を手放さなければいけない時がやってきました。
年をとり 耳が遠くなり、車のクラクションが聞こえないし
ちょっと「ぼけ」もはいっていたし
何度か自転車に乗っていて転んだようで
「危ないから自転車に乗るのはやめて」 と家族は願いますが
簡単に乗るのをやめてくれる父ではございません。
家族の説得、親戚の説得など全部 無視 でございます。
姉と私は相談します・・・・ どうすりやぁいいがかねぇ〜

市役所の人に頼んで説得してもらったらどうか
作戦はこうです。
市役所の人が 
貸してあげてた自転車を返してほしい って言ってきたよ
年をとって危なくなったから 
もう市役所に自転車を返さなくちゃね
と父に話す。(年寄りは 市役所とか役場 という言葉には弱い)
市の福祉課の人にそんな風にひと芝居うってもらったらどうかなぁ などと・・・

その後 どうなったのかは同居をしていないのでわからないけれど
めでたく 父は自転車を手放しました。


今、高齢ドライバーの事故が多くなり
運転免許の自主返納 という話題を聞く様になりました。

自分はまだまだできる。
自分は他の年寄りと違うはず。
前よりはちょっと出来なくなったけど まだ大丈夫。


そう思って 自分を納得させられないのはよくわかる。



私もやがては 「年寄り」 の仲間入りであります。

その時がやってきたら 悪あがきせず

かっこよく引退 してやろうじゃないの。





あら、お母ちゃんは ペー で パー な ドライバーなはずやよ





そーでした 
ここ何年も運転してなかったのだった わははっ


● COMMENT ●

ブログを読んで私も亡き父のことを思い出しました。
いつも汚い作業服を無頓着に来て、空気の読めない言動が多々ある憎めないおっちょこちょいの父ちゃんでした。年をとって戦争の話ばかりするので、いつもいい加減にうんうんと相槌をうっていたのですが、もっと真剣に聞いてあげれば良かったな~と今さらながら思っています。

 68歳の時に仕事中頭部外傷の事故で、運転をさせられない状態になりました。本人は運転する気満々なので、「警察の人が免許返納してほしいと言ってきたので、免許は返したよ」って嘘を付きました。

 年寄りは市役所や警察に弱いって同感です。

 私も父の夢が見たいです。

86才の叔父も、運転は上手だけれど耳つんぼなんで、いつも叔母を横に乗せて運転して本州中、あちこちでかけてました。子供たちが、私も危険だからと反対して、今度やっとお返しすることになりそうです(前にも決めたのに結局実行せなかった)。
かくいう私も、後期高齢者で電動自転車愛用者ですが、弟妹から危ながられています。でも我が家と市街地には坂があるので、これがないと不便で仕方ない。返すと閉じこもりになりそうでしょ。人にぶつからぬように気を付けて、当分乗り続ける予定です。

足袋ネコさん、ノリちゃん、こんにちは~。。
お父様の夢を見られたのですね。。
亡くなられたのは最近かしら??
懐かしかったと思います^-^
あはは、確かに年寄りは警察・役所など国家権力に弱いですよね~笑

足袋ネコさんはペーパードライバーだったのね。。
運転しなくて済むのなら、それが一番だと思います。。
事故も多いし、他の運転者にイライラしてストレスも多いです。。
自然の中の快適な道をドライブするのは楽しいのですけどね♪
足袋ネコさん、お買い物はどうしているの??

60才になった車を止めると言ったら
「まだ早い!!」
「じゃあ65才になったら!!」
「このド田舎で買い物どうすんだよ?」
「そりゃあたった一人の息子が家に居るじゃん」
「・・・・75才で手を打とうよ・・」
何が基準なんだろうね?
只今63才ですよ^^

ゆーくんさんへ

ゆーくんさん こんばんは〜
私の父は戦争の話をあまりしませんでした。
息子が生まれてほしかったのに 生まれてきたのは女の子ばかり
もし息子がいたら 戦争の話をたっぷりと聞かせていたかもしれません(笑)
ちょっと「ぼけ」がはいると 頑固になってなかなか言う事を聞いてくれませんが
「偉い人」には素直というか言う事を聞いてくれます。
これって 軍隊生活がものをいっているのでしょうか
そう考えると ちょっと悲しいですね。

>  私も父の夢が見たいです。
父が天国に行って5年ほどですが
なかなか夢に出て来てくれませんよ〜
母だって1回こっきりです。
楽しそうな顔で出てきてくれないかなぁ〜(笑)

冬の寝子さんへ

冬の寝子さん こんばんは〜
我が家もそう遠くない話になりました。
旦那が結構年上なので。
私はまだまだ なんですけども
なんせ、ぺーで ぱー なもんですから
どっちが危険か!? ってことになるんですの、とほほ

金沢って 坂の町ですよねー
自転車でいいのは駅西くらいじゃないんでしょうか?
電動自転車は弱者の味方でございます。
でもねー 安心して運転できる道が少ない。
道路も歩道も狭くって怖いです。
かといって
危険だからと家に閉じこもっておればきっとボケるでしょう。
歩くしか方法がないのならば
脚の筋力を鍛えておかなくっちゃ
安心して 年寄り にはなれませんなぁ〜 

のん福レオのお母さんへ

のん福レオのお母さん こんばんは〜
父が亡くなったのは 5年前です。
姉が頑張って頑張って介護をしておりました。
いよいよ食べられなくなって 介護施設の入り
鼻からチューブで栄養を入れて生きておりました。
夢に出てきたのは 若い頃の父で
日に焼けた顔をしておりましたよ(笑)

> あはは、確かに年寄りは警察・役所など国家権力に弱いですよね~笑
ですよね〜 この性質? はとてもありがたい(笑)
でも私ら世代は そうならないだろうなぁ〜
> 足袋ネコさんはペーパードライバーだったのね。。
しばらくマニュアル車だったので
オートマ限定免許の私 運転できませんでした。
今はまたオートマ車 なんですけど 運転、きらいなんですぅ・・・コワいから

> 足袋ネコさん、お買い物はどうしているの??
リュック背負って買い出しに出かけております。
荷物が重すぎるときは旦那に車を出してもらいます。
でも、もうそろそろ 運転再開しなくっちゃって思ってます。
嫌いだ何だって言ってられなくなってきました
あぁ 覚悟しなくっちゃ!

茶チャママさんへ

茶チャママさん こんばんは〜
いったいいくつまでならいいんでしょうか??
誰が判断していいのでしょうか?
これは難しい問題ですよ・・・・
しばらく前は まるっきり「他人の話」だったのが
今は もうすぐそこ のお話しになっちゃいました。
今の時代、変化が激しすぎて
年寄りはなかなか付いて行くのが難しいです

> 「このド田舎で買い物どうすんだよ?」
ほんに、そうでございます。
昔はどうしておったんでしょうかねぇ?
多分私 これから数年は車を運転する事になるでしょうけど
さっさと、早めに 返納いたします派 になるでしょう。
だって 運転、きらいなんだものーーー


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/1047-7f797a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日向ぼっこしたい «  | BLOG TOP |  » 寝て待つ。

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する