topimage

2017-10

スケッチから始まるの - 2007.05.15 Tue

515no2.jpg


みなさま こんにちは~
金沢は今日もまぁまぁのお天気でしたよ
でも毎日気温の落差が激しくて何を着たらいいのかわからなくなりますね~

オイラは1年中同じ毛皮だから迷わなくてもいいけどね・・・

テレビで言っていましたよ
朝の紫外線が一番強いんだって
だから皆さん、サングラスをかけて歩きましょうね~~





さて おかあちゃんは先日もごきげんさんで帰ってきましたよ





またこの花が咲く季節になりましたよ~♪
じゃぁぁぁ~ん!

515no4.jpg


「あっ マロニエの花だ」 って思った人・・・残念でした~


515no5.jpg


この花は、「紅花トチノキ」です
「マロニエ」の花よりも赤の色が少し強いです

このお花・・・・実は以前、着物の柄として登場しているんですね~♪

その記事は・・・「おかあちゃん お仕事してますか」 ですよ


加賀友禅の着物は、スケッチから描き起こすのが多いんです
この「紅花トチノキ」も何枚ものスケッチから始まって
小さな下図を描きながらいろいろデザインも加えて訪問着になりました


完成した訪問着を ちら~ っとお見せいたしましょう~







ちらぁ~~り


515no1.jpg


お花を着物にするのはとっても 楽しいでーす!




406no3.jpg


オイラは 「お花」が「ごはん」だったら好きー・・・・なんだけどな~

● COMMENT ●

なんか、懐かしいです

お疲れ様です。
横浜の港南台には紅花トチノキの並木があって、この時期には綺麗に咲き揃います。
横浜で住んでいた近所の散歩道にもありました。
なんか、懐かしい感じがします。
そういえば、こちらではまだトチノキの花を見ておりません…。
白花も紅花も。
マロニエとどう違うのかよく分かりませんが、ヨーロッパでもよく見ました。
特にパリは花の都だけあって、いい雰囲気でしたね。
ああ、懐かしい…。

こんにちは
そうかー本物をスケッチしに行ってそれからなんだ!
絵ごころの無い私は・・・・・ただただ尊敬
スケッチしてデザインして色塗って、足袋ネコさんはすごい職人さんね
写真もいいけど、やっぱり本物を見たいなー

わおっ、目が覚めるような鮮やかな柄と色合いですね。素敵~~~~っ。(☆∀☆)。
私があんな素敵な着物を着ることなんてまずないだろうけど、でも私だったら着ないで壁に飾ってしまいたくなるんだろうな(笑) 

うわぁ~♪トチノキさんが素敵なお着物に変身~。
すばらしいわぁ。
惚れ惚れしました♪♪

恥ずかしながら、とらちゃんと同じく食い意地のはっているわたくしは、2枚目と3枚目の写真で、トチノキ=とち餅 と連想してしまいました...。
およよよよ~....。

着物の柄にトラちゃんはでてくること・・・ありますか?
あればいいなぁ。
・・・ないか!?

サングラスのとらちゃん、かっこいいー!
オカゴに入らないそのままでドライブしたら注目の的だよ。
テレビに出ちゃうよ。
マロニエの花も栃の花も見分けがつきません。
どっちも可憐できれいなのですね。
それが足袋ネコさんの腕で友禅の着物になる。
そうなると本物のお花よりもっときれいになってしまう。すごいなあ~
とらちゃんはそんなステキなお母ちゃんの子なんだね。かっこいいわけだあ~

なぁるほどぉ・・・!!
山歩きもお散歩も、無駄にしないのねー。
ちゃんとお仕事と繋がってるんですね。
スケッチして、それをデザインし、さらに美しく描きあげるというあなたの才能を
私はとても尊敬いたしております。
トチノミとマロニエの違いもわからない・・・てか、ちゃんと見たことが無い
私としましては、あなたとお話できるだけで、それはもう幸せの極み♪^^(こんこん。。。)

はあ~~~(感嘆の声)
足袋ネコさん、素敵なお仕事されていますね。ほんっとに!
着物で季節感じられるというのは、やっぱりこうして職人さんたち自身が
季節を感じながら、楽しみながら作り上げていくからなのでしょうね。
四季のある日本に生まれてよかったなぁとしみじみ思います。
とら助くんのサングラスショットかっくいい~!

がんさんへ

マロニエとか紅花トチノキはよく街路樹になっているそうですが
私が見かけたこの木はこれ1本のみでした
凄く堂々として見上げるくらいの大きな木です
このお花を見てパリを思い出すなんてとてもオシャレなお話です
私はアジア方面にしか行った事がないので
ヨーロッパにはちょっと憧れはありますが、行くチャンスはないかも
私が住んでいるところの街路樹は、ハナミズキが多いですよ

ひめっちさんへ

いつもスケッチしているわけではありません
最近はさぼりまくって、写真から花のつき方、枝の仕組みなんかを
確認するだけ という事が多いです
何せデザインが主体なので、いつの間にか
ぜんぜん違う雰囲気になっている時の方が多いんですよー
この着物はもう問屋さんに出してしまったので
もう我家にはありましぇ~ん
なので 写真のみで我慢してくださいませ~(笑)

きゃぁ~!!素敵♪

実物よりも素敵です!(笑)
スケッチはそのままを描き写せばいいけど、図案化するのは本当にセンスですよね!
すっきりと伸びている感じがよく出ていてとっても素敵です!
何枚も描いて、余計なモノを省いて(この省くのが私にはできないのです(泣))本当に
これだ!という柄になっていると思います!
きりりと締まる色の帯を合わせるとまた映えると思いますがいかがでしょうか?
あぁ… シロウトが余計な口出しを…(笑)
今度スケッチも見せていただきたいわ~♪

ラクーンさんへ

お褒めいただき有り難うございます・・・はずかしー
友禅の着物は「絵」的要素があるので
着なくなった着物をパネル仕立てにして、インテリアとして
再利用するという事もできるそうです
なんか外国の方が喜ぶんだそうですよ~
私としては、ぼろぼろになるまで着ていただきたいという思いはあるんですけどね
ラクーンさんも「壁に飾る」なんて言わないで
着物を着て女をあげてちょ!

sakumiさんへ

いやぁ~わかる、わかる!
トチモチ・・・美味しいんだもの~~!!
sakumiさんは「こな系」がスキって言っていたけど
私は「もち系」なのよ~ん
そうだ! とち餅の使われる「とちの実」って見た事ありますか?
「栗」によく似ていますよ
食べ物の話は楽しいなぁ~♪

ちゃーちゃんさんへ

極悪顔のとら助ですか?
う~~ん・・・・・高級な絹の生地にとら助は似合わんと思うなぁ~
加賀友禅にはあんまり動物は出てきませんね、そういえば・・・・
鳥なら結構あるんですけどね~

チョビ君の顔、浴衣にしたら面白いかもね~♪

おらさんへ

このサングラスは、私が山に行く時に使用するものですが
こうやって見ると、とら助の顔は小さいですねー
ほとんど外に行かないとら助は、光が差し込むと本当に眩しそうです
なので、ぴったりのサングラスを作ったら喜んでくれるかなー?

この紅花トチノキは1昨年に初めて見たんですよ
田舎ではなじみのない花ですね
普段は「梅」、「桜」、「椿」などポピュラーな花が多いんですけど
たまには変わった物をやってみたくなるんですよね~
とら助をいつもステキって言っていただいて 嬉しいでーす!

nakatugawaさんへ

>山歩きもお散歩も、無駄にしないのねー。
ちゃんとお仕事と繋がってるんですね。
いやいや・・・・そんなことありません
これはたまたま自分の持っていたイメージとぴったりだったので
着物になったんですよ~
いつもこうだと・・・楽なんだけどな~
ねぇねぇ、そんなに褒めてくれてもなんにも出んからね~
私の方こそ、nakatugawaさんが
北陸の実家まで車で日帰りしたという事に尊敬しております
いや、ほんと!ほんとー!

supitenさんへ

お褒めいただいて・・・恥ずかしい限りであります
着物自体が「季節を先取り」する衣装なので
自ずとそうなってしまいますが、最近は季節感を強く出しすぎるのも問題ありー
という事もあって、なんかあやふやになってきています

私は本当にお花を着物にするのがスキなんですが・・・・
はっきり言って・・・・それしかできません(笑)
気持ちのいい季節になって嬉しいんですが・・・・
虫さんも大喜びで出てくるので・・・イヤなんですよー!

>とら助くんのサングラスショットかっくいい~!
すずらんマダムのめがね姿には負けます!

rinkoさんへ

いやー! おはずかしい~!
お褒めいただいて、恐縮至極であります
rinkoさんは日本画を描いていらしたんでしょうか?
だとしたら凄く細密なスケッチが必要ですが
私の場合、デザインが主体なのでスケッチなんて凄くいい加減です
「まる(花)」と「棒(枝)」だけの時もありますよ
お見せするなんて、幻滅するだけだからできませーん(笑)
帯はどんなのがいいですかね・・・・伊達えりも何がいいかな・・・・
そんな事を考えるの 楽しいですよね~♪

おひさしぶりブリです。
いい仕事してますねー。(え?古い?)
きれいな柄ですな!サスガは本職!いやー、伝統のお仕事って素敵だなぁ。仕事にしたらシンドイ仕事なんでしょうけど、出来上がったときの感動はやめられないと思いますな。うん。

さすが!

★こんばんは。
★今夜は足袋ネコさんのプロの仕事を拝見させていただいて得した
 気分です。さすがプロですね~。すごい!。こういう仕事を見せ
 ていただくと、足袋ネコさんの厳しいプロの顔もブログの向こう
 に、チラッと垣間見れて、また新たな気持ちで足袋ネコさんの
 ブログを拝読させていただけます。
★私、加賀友禅、過去、金沢のいろんなところで飾っているのを見
 て、きれいだなあ、と思うだけで、さっぱり無知なのですが、加
 賀友禅に、図柄以外に、その色調にも特徴ってのはあるのです
 か?。

mottiさんへ

お久しぶりです~ お忙しそうで何よりです
mottiさんのお仕事とは行って帰ってくる程違う仕事ですが
しんどさは一緒ではないでしょうか
いや,mottiさんの方が大変ですよね
何せ動くお金の単位がちがうもん
mottiさん、早く ん十億を動かすお仕事してくださいね~ むははぁ~♪

玉さんへ

お恥ずかしい物をご覧いただきました
プロといってもたいした事がないお仕事です
加賀友禅の世界に弟子入りした時は、こんなに長くやるとも思わず
「好きな絵を描いていられるってなんて楽しいんだろー」
とノン気にしていましたが、いざ、直接問屋さんとの取引となると
辛さがほとんどであります
・・・ここら辺はどの世界も一緒ですね
加賀友禅には「加賀五彩」と言いまして、えんじ、藍、金茶,草、古代紫
をよく使うとされていますが、今はそんな事もなく結構自由です
しかしながら、品があって厚みがあって格調があって・・・などといわれます
(問屋さんの注文は厳しいー!)
着物の地色も京都の友禅に比べて少し渋めでひねった色合いになっていると思いますよ
んがしかし・・・作家も染め屋さんも世代交代なのか
最近は斬新な色合いも目にするようになりました
私もガンバらにゃぁ~いかんです!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/161-e8d124e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

現実・・・逃避~♪ «  | BLOG TOP |  » バージンロード?

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する