topimage

2017-10

姫睡蓮の額・・・・ - 2007.08.20 Mon

811no6.jpg


みなさんこんばんは~
今日の朝と言うか、午前2時頃 金沢は凄い雷でした。
たて続けに稲妻がひかり,ものすごい音でした。
40分ほど続いたんだけど,オイラはもちろんおかあちゃんたちも
初めての体験でした!・・・コワカッタァ~




811no4.jpg


北陸は雷が鳴ると「ブリおこし」といって
冬の到来を告げるものなんだけど・・・・
今回の雷は・・・・「夏のおわり」を教えてくれたのかな?



でも,今日もめっちゃ暑かった!







今日は,おかあちゃんがちょこっと作ってみたものをご紹介致します。




私が1年以上前からしょっちゅう遊びに行かせてもらっているところに

「大和国から・・・」(お名前は「がんさん」です。)

がございます。
何とお仕事は「システムエンジニア」。
不良娘1と同じお仕事でないの~~
と興味をそそられのこのこと遊びに行っておりました。
「奈良」にお母様とお二人でお住まいです。

ある日,お母様が写されたという「姫睡蓮」の写真がUPされておりました。
私の母なんぞは,押せるのはテレビのリモコンボタンぐらいで
「カメラ」とか「パソコン」などは
触ったら壊れるかも~~!って思うタイプだったので
年がさほど違わないと思われるがんさんのお母さんが写された”姫睡蓮”に
目が吸い寄せられてしまいました。

これを”一目惚れ”と申します。

どうしても「絵」にしたいとがんさんに写真をメールで送っていただきながら
自分の力のなさを嘆くばかりで一向に作品が進まず・・・・

1年近くも経ってしまいました・・・・(涙)


suirenn.jpg


思いを表現するのは難しいなぁ~~!!

明け方の 可憐だけど芯が強い花 が開き始めたようすを描いてみたんだけど・・・



姫睡蓮は日中に花が咲くんですって。



が~~~ん!!なのだ。





● COMMENT ●

美しい絵にしてくださって、ありがとうございます

これは染め物なのでしょうか…?
神秘的で美しい花、母も喜んでおりました。v-218
実際の姫睡蓮はお昼を過ぎないと開きませんが、絵には作者のイメージも含まれます。
明け方に咲く睡蓮もイマジネーションの世界ではあって良いと思います。
この色合いも母の好みですね~。
改めて、お礼を申し上げます。
しかし、こちらも暑いです…。(上高地が恋しい…)
夏バテなどされぬよう、ご自愛ください。(母も私も既にバテておりますが…)
トラちゃんもね~。

私も、睡蓮に魅せられておるんですよ。
がんさんのところの睡蓮もとっても奇麗ですね。
足袋ネコさんの描いた睡蓮は妖艶な感じがします。
妖しげ艶やか色っぽい・・・・。
作者の心を映したのかな~~~^^♪
最後はが~~~ん!!とオチまでついて、やりますなー(笑)

足袋ネコさんなりの解釈でいいじゃあないですか!!
明け方、一日の始まりを”ようし、今日もがんばるぞ”って気合をこめて開く睡蓮。
そんな睡蓮もアリだと思いますよ~。
一目ぼれの想いの強さが咲かせますよ、きっと。

これは、水彩画なんでしょうか?
凄く素敵。やはりプロの方は違います。
私も水練大好きで、今年は家にも姫水練招き入れました♪
いつかは絵付けで書いてみたいと思っていますがとてもまだまだ無理ですね。
↓お茶は、今お休みしています。好きなんですが、他にやりたい事が色々あって、そちらを取ればこちらが取れず。良い歳していつまでもフラフラしています。

とても幻想的で、ステキな作品ですね~。
なんだか泉鏡花さんの作品を思い出しました。
(そういえば、泉鏡花さんも金沢でしたね。)

”姫睡蓮”は、始めて知りました。
いずれ、育ててみたいですわ~。



雷は、大変でしたね。近い時のドォンッて音には毎回ビックリさせられます。とら助くんは雷嫌いなんですね。我が家のゴンザは稲妻が面白いのか、光った時に外がよく見えるのがいいのか、雷の激しい日は窓に釘付けでした・・・。てんは一回見たら満足したのか後は普通にゴロゴロでした。

足袋ネコさんが描かれた姫睡蓮、とても素敵ですね。薄明かりの中の姫睡蓮がとても神秘的!と思いました。開花が日中だったんですね。ということは、明け方の開花は足袋ネコさんの描かれた世界でしか見られないんですね。花一輪から素敵なイメージを広げられる足袋ネコさん、羨ましいです。

とらちゃん、まん丸お目目にモジモジお手て。
かわいい~ かわいすぎるよ~ どうして?子猫みたいだね。
演技?(いつもの渋いのが演技で今回のかわいいのが地?)
それとも、幻想的でステキな絵を描く足袋ネコおかあちゃんが写真に魔法をかけた?

本当に睡蓮の絵 幻想的で引き込まれそうですね。
これが加賀友禅のお着物になったら...すごいのでしょうね。優雅で上品。

今日のとらちゃん

いつも 可愛いですけど
今日はお目目 まん丸で ちっちゃい子に見えます
あらためて 惚れたって感じ~えへへへ~

姫睡蓮素敵ですねぇ~ 色も好きです
やはり日本画を描かれるお仕事していらっしゃるので
とても素敵で吸い込まれるようです
ありがとうございました

こちらもここ数日、夕立で激しい雷があって
びくびくしています。ピカッの後、心の準備をしているんだけど
やっぱりゴロゴロドガーーンというにはどきっとしてしまいます。
とら助くんもお目目まん丸にしてびっくりしたかな?

足袋ネコさんの表現された姫睡蓮、とても美しいです。
朝靄の中で静かに強く花開く様子が目に浮かぶようです。
薄暗い時に見る真っ白な花ほど心動かされるものはない気がします。
みなさんがおっしゃっているように、足袋ネコさんのイメージの中だけで
咲く睡蓮もいいと思います。本当に素敵!

今日のトラちゃんは目がまんまるで、いつもよりさらに
若く見えますよ~
雷でびっくりしてお目目ぱっちりに?
昨日私の家の近くにも雷が落ちたようで、
落ちた付近の友人から「停電してる、どうしたらいいの~?」
というメールがきましたよ!怖いですね~
パソコンも壊れないように電源切っといた方がいいんですよね?

姫睡蓮素敵です~
白く妖しく光ってるところがなんともいえませんね^
うっとりですよ。すごい才能!!
絵心わけてください…だめっ?

★こんばんは。私の県は今夏、史上最高の気温を記録しました。
 夜もいまだに熱帯夜です。24時間、熱中症の危機にさらされ
 ています。
★姫睡蓮って言うのですか、華名もいいけど、足袋ネコさんの絵
 がもっといい。色にも形にも、繊細な神経が絵の隅々まで行き
 届いているって感じです。やっぱり加賀友禅を手がけられる方
 は違いますね。私の絵のように 『ここは、これでいいや』
 と、妥協するところがない、と思いながらじっくり拝見しまし  た。
★着物柄を描かれるときなども、前に精密な絵を紙に描かれてか
 ら、取りかかるのですか?

がんさんへ

お母様に喜んでいただけたようで。私の方がもっと喜んでおります。
写真の雰囲気を壊さない様にと思っていたんですが
いつの間にやら違った方向に・・・・
いつもの事ですが,人に伝わる「絵」というのは私にとって
難しいです。 自分で1人空想しているのなら得意なんですけどねー。
へたくそでごめんなさい!!
植物が花を咲かせる時というのは,人間でいえば恋をしている時なんでしょうか・・・・
それとも・・・・仕事に充実している時なんでしょうか・・・・
いずれにしても,そんな時期は忘れてしまいました。
でも,心の奥底にはまだまだ「かけら」が残っているのかもしれません。
まだまだやらなくっちゃ! なのです。
お母様,いつまでもお元気でチャレンジしてください!!

nakayugawaさんへ

艶っぽいですか~?   ほんとぉ~♪
色気のない人間が艶のある「絵」を描けている・・・うれしい~!
この絵はねー,いい色が出るまで何度も何度も色をかけたの。
なかなか思ったような色が出てくんないのよ。
私だけの感覚だと思うんだけど・・・・
染料を生地に塗る時,祈るんですよ。
「いい色になります様に・・・・・」って まるで他力本願。

姫睡蓮が日中にしか咲かないと知って
ものすごーくショックでした。
ぬけてるなぁ・・・・私  いつもの事だけどね。

ちゃーちゃんさんへ

姫睡蓮って実際見た事がないんですけど
とっても小さいお花なんですって。
それからだんだんと想像を働かせていってちょっと脱線してしまいました。
長く咲いているお花って少ないですよね・・・
短ければ1日の命です。
のんべんだらりと過ごしている自分が恥ずかしくなる時があります。
大昔・・・・一生懸命恋していた時の私
この姫睡蓮の様に光っていたかもしれないなぁ~。

いろどりさんへ

これは「染織画」になります。
生地は「まわた紬」で染料は「ガンキン染料」です。
紬の生地はお高いんですけど,我家には何故か余布があるんです。
そしてこの「まわた紬」は私にとって相性のいい・・・というか
慣れているので,色の感覚をつかみやすいんですよ~,発色もいいしね~♪
「姫睡蓮」 すてきですよね、 私にはお世話は無理なので
ブログで覗かせてもらうだけにします。(汗)

やりたい事たくさん・・・・とってもよくわかります!!
なのにすぐ1日が過ぎていってしまいます。
私もどれもこれも中途半端で困っとるんですよー
いろどりさん、どうしましょう~~(汗 汗)

sakumiさんへ

幻想的ですか? ありがとうございまする~。
泉鏡花か・・・・ごめん!読んでません!!
大昔はよく本を読んでいたんですけど,最近はさっぱりです。
sakumiさんは舞台人だから,そこんとこの勉強はしっかりとやるんでしょうねー。
それとも・・・純文学が大好きなんかな~♪
舞台の時なんかは相当に読み込むんでしょうね・・・
好きな主人公っているんかしら?

「姫睡蓮」,がんさんはとてもお上手の育てておいでです。
水鉢の中にメダカを入れてボウフラ除けにするんですって~♪

よもぎ猫さんへ

雷は凄かったですね~ 長い人生、あんな凄いのは初めてでしたよ~。
立て続けに光るものだから
「このエネルギーを何かに利用すればいいのに・・・・」などと
思いながら,「写真も撮りたいなー」と思い・・・・
しかしながら,とても怖かったので結局必死に目をつむって
雷が納まるのを待つという何とも情けない私でありました。

「姫睡蓮の額」神秘的とおもってくださってうれしいです。
ずいぶん前になるんですけど,明け方に蓮の花を見に行った時があるんです。
あの時の雰囲気が良かったので,いつの間にかイメージが重なってしまったのでしょう。
現場にいる時はそうでもないんですけど,
家に帰るとどんどこイメージが変わってきちゃいます。
いいんだか悪いんだか・・・・

おらさんへ

今回のとら助,ちょこっと可愛く写せました。
何故か嬉しいカメラ目線・・・・・奇跡の1枚ですな。
不意打ちを食らわす という魔法をかけました。
が,すぐに安っぽい魔法が溶けていつものお顔になりましたとさ・・・。

おらさんも「幻想的」と言ってくださり有り難うございます。
いつか・・・着物だと大変なので「帯」にできたらなぁ~なんて思いましたよ。
さてさて・・・そんなうまいこといくのかな??

freedom-mama さんへ

freedom-mamaさん気をつけて!
とら助はじい様ですよ~~!!
童顔のじい様でーす!

これは「日本画」というよりも,「染織画」になるんですよねー。
同じ「絹」が土台なんですけど、これは「岩絵の具」を使っていなくて
「染料」を使っているので・・・・写真だと分かりにくいですねぇ・・・
小さな刷毛や大きな刷毛を使って何度も色を塗り重ねていきます。
私は刷毛の染料が生地に吸い込まれ,
しっとりとした色合いになっていくのが大好きですよ~。
だから大きな場面を塗るのが大好きです!

supitenさんへ

今日は気圧配置の影響かとても涼しかったです。
いよいよ夏も終りかー・・・と思ったら明日は暑くなるんですって・・・ちっ!
もう夜の庭は虫の天国だというのにねー

白い花は私にとって,強く生きる女性の象徴です。
何にも染まらず,惑わされずまっすぐに伸びて花を咲かせる様は
強い「意志」を感じます。
不安な夜を過ごしながらも,うっすらと空が明るくなっていくに従って
少しずつ心に勇気を貯めて花を咲かせる・・・・
おばはんでもこんな亊思うねんよ~。 びっくりやろ~?

パステル子さんへ

残念ながら雷でびっくり~・・・ではなくて
私の不意打ちを食らってびっくり~ なのでしたー。
雷に時は電源を落とした方がいいと思いますよ。
以前我家では雷で電話機がやられ使用不能になりました。
これがPCだったら・・・・ぎゃぁ~!!大損害!でございます。
コメント、ブログ巡りは次の日にまわしましょう~。

>絵心わけてください・・・・
絶対ダメ!! これ以上絵のセンスがなくなったら
私、友禅止めねばなりません!
他の人から分けてほしいのはこっちなのー!
パステル子さん、あなたからは「セレブなセンス」を譲っていただくわ!

玉さんへ

金沢、今晩は涼しいです。 今日はよく眠れそうです~♪
でも明日また猛暑になるそうです・・・そういえばまだ8月ですもんね・・・。

「姫睡蓮」 実物はなかなか美しい花です。
風に揺れるお花もいいんですけど,水に浮かぶ様に咲く可憐な花
あるいは水面を突き抜けて力強く咲く花もいいですね。
私も「ここはこれでいいや」という仕事をしてしまう時があります。
慣れとは恐ろしいもので,ついつい自分に甘えてしまいます。
それが分かってしまう作品は見るのがとても嫌です。

着物の時は綿密にデザインをする時とそうでない時があります。
綿密にする時は自分で自信のない時です。
エラそうな事を書きますが・・・・
調子のいい時はきめ細かく書かなくても
完成状態が頭の中にしっかりとイメージできるので
それに従って進めていきます。・・・・めったにありませんけど(涙)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/187-51f628bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

拝啓 朝青龍さん «  | BLOG TOP |  » 熱いぜ! 同窓会

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する