topimage

2017-07

着付け を考える - 2009.01.23 Fri

110119no3.jpg
皆様こんばんは~~
昨日の金沢は3月上旬の暖かさだったそうですが
今日の午後から一気に気温が下がってきました。
またまた 雪になりそうです。


今日はおかあちゃんの 「着付け」 のお話です。




先日,お天気に恵まれたぽかぽか陽気の日に
着付けに行ってきました。
その着物は 以前我家で制作した物です。 
その時の記事→ 「お嫁に出す日」

制作させていただいた着物を自分が着付ける という
めったにない機会だったので ちょっと 緊張! 


息子さんのご結婚が決まり,お食事会というおめでたい席での着物で
お嫁さんとおかあさんの2人に着付けをします。
ブログに出すから写真撮らせて♪・・・・・・・・とは言えず
残念ながら写真は なし


まずはお嫁さんから。
落ち着いた地色で良く似合っています。
やはり気をつける事は
「着物なんてもう着るのイヤ!」と言われないようにする事。
これは、帯や紐がキツくて苦しいからなんですけど



110123no2.jpg
オイラだって ちんちくりんで苦しいのはイヤ!
(とら助に大変不評だったちゃんちゃんこ 記事→めでたやちゃんちゃんこ
 




110123no5.jpg
こんな本を読んでいました。
歌舞伎や演劇の役者さんの着付けを長くしていらした方の本です。
この本に 着付けのポイントがいくつか書かれていましたが
なるほど~~~! と思ったのが

着付ける側ではなく 着付けられる側にたて という事。
他人にやってもらうと この紐が苦しさの原因とか この帯の締め方で辛いのだと気が付き
おのずと苦しくない着付け方がわかるそうです。
反対の立場に立つと 見えないものが見えてくる事ありますよね。

誰か私に着物を着せて~♪




さて、着崩れないように 要所要所で紐を締めていきます・・・・・
私はいつも思うんですけど
着付けが仕上がっていくに連れて どの方も表情が華やいできて
きれいになっていきます。







さぁ 貴女も着物で美人になりませんか ぬぁ~~んちゃって♪
でもね,これホント。   足袋ネコ ウソつかな~~い。








☆supitenさんのお家で 新しい飼い主さんをお探しです
是非このページに飛んでみてくださいね! →「新しい家族を捜しています」
よろしくおねがいします!




● COMMENT ●

こんばんは!

福岡はちらちら雪が降ってきました....
明日は-4度とのこと...ブルッ!

自分が作った着物を着付けすると
作家冥利に尽きますねー!
着付けは「着付けられる側にたて」
納得です^^
何にしてもそうですよねー^^

本当に
日本の伝統的な着物を見直して欲しいですよねー
街中で着物を着ている人を見るとついつい
見とれてしまいます....
別に変なおじさんではありましぇん!

とら助ちゃんの
ちゃんちゃんこは最高です!
ガハハハハハツ.....



着物を着せてもらうと、苦しいのですが、段々仕上がってくると、
シャキッとなるから不思議なものですね。
あの苦しさも着物を着てるからこそ!って我慢できちゃうし。
でもね、上手な人に着せてもらうと、ほんと、苦しくないのよ。
着崩れもしないし、やっぱり上手な人の着付けは違うよね。
私も着付けを二回も習ったんだけど、今はもう着せられないだろうな・・・。

はじめまして!

素晴らしい お仕事されておられるのですね。
私 着物大好きなんです!
昔踊りを習っていたので週に一度は着物を着てました。



(馬とニャンコと男と女)御存知でしょうか? 
チコ太郎の 母なんです 
あの子達のブログに一番最初にコメント頂いたのが 
足袋ネコさんだったと 聞いております。有難う御座います。

かじやんに進められてブログを始めたばかりです
私のブログにリンクさせて貰いました。
御挨拶遅くなり済みません  

相手の立場に立つ

というのは、なかなか難しいものですよね。
着付けはどうか知りませんが、相手の年齢にならないと理解できないことも沢山あります。
昔の上司だった人の年齢になってやっと『ああ、あのときの自分はなんて思い上がった傲慢なやつだったんだろ…』と悔やんでも後の祭り…。
同時に今の若いのが昔の私と同じような言動をするのを見ると、昔の姿を見せつけられているようで恥ずかしいことこの上なし…。

東京は昨日は暖かかったのに今日は寒いという、なんとも体の調子の狂う日が続いています。でも、雪は全然降らないようです。
「着物なんてもう着るのイヤ!」と言われないようにする事というお言葉を聞いて、自分の成人式の時のことを思い出しました。
着物を着るバイトなどもしたことがあったので、
自分としては大丈夫!と思って、成人式の着物を着付けてもらったのに、美容院で髪を結ってもらったり、お化粧をしてもらったりしていたら、緊張が募って苦しくなってしまって、
結局キレイにやってもらった帯を緩めてもらうことになって・・・。恥ずかしかった(^-^;

でも、日本人って、基本的に着物の似合う人が多いですよね。
着物を着ると、自然とおしとやかになるし(≧m≦)
とら助ちゃんの赤いお召し物も、すっごい似合ってるしカワイイんですけど、嫌がってるのかな?

薄雪草さんへ

金沢は夕方から一気に冷えてきました。
粉雪なので相当冷え込んでいます。
相手の対場を経験して初めてわかる事がたくさんあります。
今まで好き勝手に文句を言っていたのが恥ずかしくなってしまいます。
着付けに関しては さすがプロ! と思わせる方の言葉で
私自身、納得できる点が多かったです。

私も着物を着こなした男性がいらっしゃると
ついつい目で追ってしまいます。
別に変なおばちゃんではないつもり。
でも見られている男性は気味悪いかも(笑)

nakatugawaさんへ

着物を着付けるのがうまい人は 紐を縛るポイントがちがうそうです。
私は紐をあまり使わずに、コーリンベルトと言うものを使うので
ちょっとやり方が違うけど 苦しくならないように勤めていますよ。
何人もの人に着付けをさせていただいたけど
一人一人違うので 後で着崩れなかったっかものすごく気になります。
本当はずっと後ろを付いていきたいくらい!(笑)

もう何年も着物着てないです・・。
てか成人式以来着てないんじゃ??
い、いや、結婚式の時着た!
し、しかしそれももう一体何十年も前の話・・。
あー・・日本人なのに・・。
わたしの場合は「着付け」をどうこう言う前に、着付けてもらってでも着る機会を持つところから!・・ですね。

よしみ70さんへ

いらっしゃいませ~~ はじめまして!
私、何度か読み逃げしておりまして ご挨拶もせず、すいませんでした!

はいはい! 私、初めてコメントを入れさせていただきまし。
愛らしい 鼻デカお馬さんの写真を見て引き寄せられました♪
今でもほぼ毎日お邪魔しております (すいません、読み逃げです・汗)

ブログを始めたばかりということですが
もうすっかり慣れていらっしゃる雰囲気がありますよ。
部屋の窓から写した空の写真がとてもいいなぁ~と思っていました。

私は友禅職人で長く着物に携わっています。
着物も着るのが大好きです。が、
実は着物を着るより 着物を人に着せるほうが好きみたいです。

リンクの件、ありがとうございます!
こんなへんてこりんのブログをリンクしてくださるなんて♪
後ほどこちらからもリンクさせていただきますね~。




着付けが進むにつれて、きれいになっていく方の表情を見ているのって、きっとすごーく気持ちがいいでしょうねぇ。
一度、すごいカットの上手な美容師さんの仕事を見ていて、カットが進んでいくにつれて、女性の表情がどんどん変わって嬉しそう、綺麗になるのを見て、感心したことがあります。
これって、ほんとに変身なんですねー

こんにちは。
自分で作って、自分で着付けて・・・なんと素敵なんでしょう。
それも結婚のお食事会なんておめでたい席だなんて。
自分が作ったものが人の人生の節目に立ち会うなんてすごいなぁ。
このご家族にお孫さんができて、七五三の着物を作って着付けるなんてお話になったら感動して泣いちゃいそうです。

昨日は千葉も昼頃から雪がちらちらと舞い降りてきました!
天気予報は昼から晴れ!!だったのに
朝から雨で・・・とても寒かったですよ{{(>∇<)}}サッム!!
和服ってやっぱり日本人に似合うのでしょうね。
自分は半纏くらいしかもっていませんが・・・
(和服と言うのか?・・・)
それでも近所へちょいと出掛ける時などはよく羽織っていきます。
確かにジャンパーの方が風も通さず暖かいのですが
羽織った時の気持ちが日本人を感じさせてくれますね。
自然と背筋もピ━━━━━━ン!!です。

パッツンパッツンのちゃんちゃんこ・・・
とら助君には不評でも見ている側には大好評ですw


あっ!リンクの件、有り難う御座いました(o_ _)o))ペコリ

足袋ネコさん、こんにちは♪
ご自分が制作された着物を着付けられるのは「すごく幸せ~」って
おっしゃっていましたね♪
足袋ネコさんにとっても、すごく幸せな時間だったんですね(*^_^*)
残念ながら、私は成人式以来、着物を着たことがありません…。
今、姉が三味線を習っているので、機会が増えてきたそうで
うらやましく思っています。
一本筋が通ったように、気持ちが引き締まって、
きっとみなさん良い表情になられるんでしょうね。

ところで、昨日(土曜日)TVで金沢の旅番組があって
偶然見ていたのですが、友禅の着物を着せてもらえるという場面で
最初に飾ってあった着物が、「これ、足袋ネコさんのじゃない!?」
というものだったのです。違うかな~。
でも多分、いや絶対そうだった気がします。
お花に特徴があったので…。一瞬だったのですが。

つよしの件、リンクありがとうございます!
さっそく、かぜのお~さんが来て下さいました。
今日もつよしは元気いっぱい♪
良いご縁があるように、がんばりますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

がんさんへ

若い時に親から散々言われたこと
けっこう当たっているなぁ と思うことがたくさんあります。
親に反発した自分は 今度反発される側です。
相手の対場に立つ と言うのは考えてもわかるものではなく
相手の対場を経験しないとわからないですものねー
まぁ いろいろ悔しいことや恥ずかしい思いを経験して
「おとな」 になっていくものなんだと
納得いたします。

sallyさんへ

金沢は雪が断続的に降る1日になりました。
家の中にいても寒く 部屋の温度は3度でした、さっぶぅぅ~!
成人式の中振袖は結構重く、帯結びも複雑になるので紐の本数が増えるからなおさらですね。
そして、苦しさの原因は伊達締めが関係することが多いです。
実は私、結婚式の時 かつらが痛くて気分が悪くなり
途中でかつらと着物を全部脱がせてもらった事があります あひゃひゃ

とら助が着せられている物は 私が作ったちゃんちゃんこ。
思った以上にとら助がでかく 思いっきりちんちくりん!
気に入ったかどうかは
振り向いた顔がすべて語っております。

akimさんへ

私、akimさんは着物が似合う とふんでおるのですよ~
お顔がわからないので自信はないですが
すっきり着こなせるタイプではないかと思っちょります、はい。
「東京砂漠」みたいな組み合わせでバッチリですんで
一度チャレンジしてみてくだせえ♪

良い記事ですねぇ

おはようございます。こちらは霜で真っ白。でも雪は降りません。
着物を着ていく過程を想像しながら、しみじみと読みました。
2007年の過去記事も辿ってみましたよ(カワセミさん、綺麗!!)
足袋ネコさんご自身の製作された着物ですか?!それは緊張したでしょうね。
>着付けが仕上がっていくに連れて どの方も表情が華やいできてきれいになっていきます。
うんうん!そうそう!よーく分かります。
気持ちもどんどん高揚しますからね。着物の持つ魅力でしょうね。
若い頃は毎日着物で通していたのですが、一度ジャージなんていう着心地重視の方に流れたら、もう戻れません(笑)
おかげで、母の葬儀の時は美容院で着付けてもらい、あまりの苦しさに気分が悪くなったことが。。。
そういうひと、多そうですよね。二度と着物が着たくないというひと。
足袋ネコさんの記事を読んで、また着たくなってきましたよ。

トップのとらちゃん、すごく可愛い!赤ちゃんみたい(笑)

着付けってその人その人のくせがでるように思います。
私は母が着付けをするんですが、紐を縛るのがきつめでしたね。
だから若い頃は苦しい印象しかなかった・・・
ウエスト周りの紐はゆるめにしっかりしてって感じなんです。
あと、帯の位置も。私背が小さいから袋帯は幅が広く、胸に当たって痛かったです。
着付けの先生や他で着付けてもらって楽な方法を肌で感じました。
今はこちらもコツを得て、おなかをだし気味に着付けてもらったりしてます。
結婚式の白無垢を着付けてもらったときが一番楽だったような。
あれは普通の着物とはまったく違った感じがしたような・・・
ばたばただったのであんまり覚えてないですが。
もっとしっかり味わって着たかったです・・・

tieta4uさんへ

肌着、襦袢まではそうでもないのですけど
着物を羽織って袖を通すと表情が変わってきます。
着物の重さ、絹の肌触りが気持ちを変えていくのでないでしょうかねー
次はえもんを抜いて襟元を合わせる時。
この時、私もうまくいったときはいい表情をしているかもしれません。
そうそう、変身です♪
そばで見ていると私も幸せ気分になるんでーす。 

あやぞっさんへ

あやぞっさん、こんばんは~
はじめはこんなおめでたい席とは知らず 気軽に着付けに来たんですけど
どうやらお話を聞いていると親戚の方々も出席されるとの事
慌ててしまいました。
お嫁さんの方はちょっとかわいらしい帯結びにしました。
長く着られる着物なので 七五三や入学式の時も着てほしいですねー
そしてまた私に着付けを頼んでくださるとうれしいんだけな~!

かぜのお~さんへ

金沢は雪と雨が交互に降る最低のお天気でした。
この時期、北陸に住んでいるのがイヤになります。

私も独身の時、母が作ってくれたハデハデの半纏を愛用していました。
綿が入っていてとても暖かでしたが
毎日着ていたので汚くなり捨ててしまいました。
いまから思うと捨てるべきではありませんでした。

とら助のちゃんちゃんこ、時間があったらもっといいのを作ってやりたいです!
本当に私はへたっぴいですわ とほほ。
リンクの件、こちらこそありがとうございました!

supitenさんへ

supitenさん、こんばんは♪
着物を作らせていただいた時から 着る時はお願いね♪
と仰っていたので楽しみにしていました。
自分が好きな色だと選んでいらした着物の地色
ものすごく似合っていて 嬉しかったです。

着物を着ると身が引き締まった感じでいいのですけど
脱いだ時の開放感もサイコーですね!
このギャップがいいのです!
supitenさん、着物が好きなカレシさんを見つけてくださいね!
そしたらデートのたびに着物が着られます♪ なんちゃって

そのテレビ番組は「伝統産業会館」が撮影場所ですね?
我が家の着物もそこに展示してあります。
映ったものが我が家のものかどうかは
ちょくちょく展示換えがあるのでわかりませんが
supitenさん するどいですわ~~

つよし君 元気で何より。
とら助は下痢下痢ピーで困っちゃう。
人が大好きなつよし君、きっといい人が見つかりますよね!
リンクの件、勝手にしてしまってごめんなさい
後で言おうと思って・・・忘れてしまいました~(汗)

鍵コメさんへ

うわぁ~ありがとうございます!
よろしくお願いします!!

ど~も~、シャツと半纏の見分けがつかない人で~すi-201

足袋ネコさんが制作した着物を着付けるって
めったにない機会だったんですね。
足袋ネコさんの喜びと緊張感が伝わってきました。

確かに制作する場合も着付けをする場合も
相手の立場にたって行うことは「当然」と言えば当然。

私なんかは「現代アート」の分野にいるので、
「自分のアートが理解できなきゃ買うな!」みたいな
自己主張(個性?)が強すぎる方々がまわりにいるんですよ。

詳細は省きますが(笑)、どの分野にいても反対の立場に
立つってことは本人にとっても、大切な事ですね。

お嫁入りのお手伝い。
素晴らしいですね~。
お嫁さんも、お母さんも、着付けが進むごとに、いろんな思いがこみ上がって来たでしょうねぇぇ。

わたしも舞台のお稽古の浴衣は自分で着てますが、舞台衣裳が着物の時は、着せてもらっています。
着付けが進むごとに、だんだんとその役になっていくような気がします。

ねじっこさんへ

こんばんは、ねじっこさん♪
金沢は雪がひと段落で 明日はいいお天気みたいです!
遊びに行けないけどウレシイ!!

私は自分で着物を着るより 人様に着物を着せるのが好きなのです。
やはりそれは 綺麗に仕上がっていくのを眺めることができるからでしょうか。
なので着付けの秘訣とか裏技を知りたくてこの本を借りてきました。
テレビに映る着物姿の方も穴の開くほど見ています(笑)
少々きつくてもきっちりと着物を着たい方とか
苦しいのは絶対イヤ と言う方もいらっしゃり
体型もそれぞれで 勉強することはたくさんあります。
着物作家で着付師の足袋ネコを目指してみましょうかね~

今回着付させていただいた着物は(カワセミの着物です)
旦那がおおまかなデザインをし 後は私が細かい詰めをして
作り上げたものでーす。


とら助、寒いのでみんなから毛布をかけられ
毛布団子 になっています。

つんきんかあちゃんさんへ

昔の着付は 着崩れしないようにきつめに紐を使うのがふつうでしたが
今は便利なものができて そんなに縛り上げなくても
着崩れすることはなくなりました。
補整をしっかりとすれば縛り上げなくても大丈夫です。
私も結婚式の時の着付は楽だったはずなんですけど
かつらが痛かったのと 文金高島田で山の県境越えをして
すっかり車に酔ってしまいました。
さんざんでしたよ、お色直しの衣装も忘れちゃうし。
打ちかけもおもかったなぁ~~

ラクーンさんへ

>シャツと半纏の区別・・・・
うぅむぅぅぅ~~
半纏は「綿入れ半纏」とも言いまして
落語家さんが着ている羽織の中に綿が入っているようなものだと思ってください。
苦しい説明だわ・・・・

自己主張が強いと自己満足だけになってしまう場合が多くて
わかる人にだけわかってもらえばいい と私も思っていた時期がありました。
表現力が足りない自分をごまかしていただけの事なんですけど。
製作場にいてもわからなかったことが
展示場では一発でわかります。
他人の目で比較できますものね。

sakumiさんへ

>着付けが進むごとに、だんだんとその役になっていくような気がします
おぉ~~ 待っていました、その台詞!
お嫁さんの方は訪問着だったので帯は普通の飾り結びをしたんですけど
それだけでも華やかになったので喜んでもらえました。
今時の「ジミ婚」というのでしょうか
お食事会だけで済ますとはいえ
やはり綺麗な着物姿になるとかわいい花嫁さんです♪


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/350-62c4b0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

VIC待遇 «  | BLOG TOP |  » なんか・・・ちがってませんか?

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する