topimage

2017-08

どっちをとる? - 2009.05.18 Mon

120509no25.jpg

皆様こんばんは。
今日はオイラとおかあちゃんが今思っている事を書いてみようと思う。


オイラは糖尿病になって2年と8ヶ月になりました。
糖尿病とわかった時から ご飯は決まったものだけになり
毎日毎日、365日同じ物を食べてきたんだよ。



体調がいい時はちゃんと食べられるんだけど
具合が悪い時は食べられないの。
でもオイラはインシュリンの注射を打たなくちゃならないから
絶対食べなきゃなんないわけよ。
ご飯を食べてないのにインシュリンを打ってしまうと低血糖になるし
インシュリンを打たなければ高血糖・・・・・
厄介な病気なんよ,糖尿病って。


120509noo24.jpg


最近また調子が悪くてご飯が進まないので
美味しいお魚の缶詰を混ぜてもらう日が続いています。
でもこっれて オイラ、腎臓の数値も悪いから
美味しい缶詰が続くのはよくないの。

缶詰を食べてインシュリンを打つ方をとるか
缶詰を止めて腎臓をとるか
むむむっ・・・・・・・・・問題であ~~る!




120509no23.jpg

オイラは人間で言えばもう100歳近いから
これからずっと長生きするのはちょっとむり
少しずつでも美味しいものを食べて過したいなぁ~
そう思うようになってきた。


皆さんは自分が100歳近くになったら

美味しいものを我慢してずっと長生きする
美味しいものを少しずつ食べてちょっとだけ短く生きる

どっちをとりますか?





この選択は難しいよね・・・・・
でもこれは簡単


● COMMENT ●

足袋ネコさん、こんばんは。
トラ君、こんなに小さな体でいつもおかあさんと二人三脚で一生懸命がんばっているんですね。
足袋ネコさんにたくさん愛されているのが伝わってきます。


自分が100歳に近づいたら・・・私もトラ君と同じくやはり美味しいものを少し食べたいです。
ちょっとだけ短く生きることになっても。

もうそんなに経つんだね。
とらちゃん、頑張ってるね。
私も・・・美味しいもの食べたいな。食べさせてもらいたいなって思うな。
一緒にいられる時間がちょっと短くなるかもしれないけれど、
食のすすまない食べ物より、うまうまって食べられるものを食べて欲しいと思っちゃう。
少しでも長くとも思うけど、果たしてそれはとらちゃんにとってどうなんだろ?
・・・難しいですね。

とっても難しいですね…
まだ元気があるうちは、その元気が少しでも長く続くように頑張ってあげたいと思うだろうし
ぼんやりとゴールが見えてきたら… 美味しいものを食べさせてあげたい…
その境界がどこになるのか?それがわからないですよね…
とらちゃんは、まだまだ長生きできるように見えます。
それでも、生きるための基本は食べることだと思うので
やっぱり食べられるものを食べさせてあげたいなぁ…
あぁ… どうして食べる=長生きにならないのかしら(涙)
なんだか何を言っているのかよくわからなくなってしまった…^^;

わたしなら....

私なら、どうするだろう。
きっと、美味しいモノを少しなんだろうな....
でもきっとそこに行き着く前に
いっぱい悩むし、無駄あがきもすると思う。
良さそうなことを探して回るだろうな....。
往生際悪いからな~。

もしも今私が同じ立場なら....
おいしいお魚と....
きっと明日葉茶飲ませてると思う。
(腎臓にいいから、元気も出るし)
どちらか...じゃなくて、欲張りなのかな??

そっか、トラちゃんには厳しい選択だね~
私だったら、おいしい物をたらふく食べて、死にたい派だわ。(笑)
私の場合、70歳って決めてるからねー

うーん…

大変なんだなぁ~…おかぁちゃんもとら助さまも。「オイラ」と話が出来ればいいのにね、自分のことどう思っているのかしらん?とら助さま。☆み

とら助ちゃんはもう2年以上もインシュリンのお注射を打つ生活をしているんだね。よく頑張ってるね。
私もきっと、美味しいものをちょっとでも混ぜてもらって、幸せな気持ちで過ごすほうを選ぶかな。とくに、とら助ちゃんには、
どうしてあんまり美味しくない糖尿病の子用のゴハンを食べてるのか、よくわかんないもんね。
それならば、ちょっと美味しいご飯で満足してもらって、
例えば皮下点滴の回数を増やしてみるとか、効くと噂のH4Oのお水を飲んでもらうとか、違う方法で腎臓のケアをしてみるとかでしょうか。
難しい選択ですよね。

私も同じ病ですから、

分かるな~、その気持ち。
私の場合はインシュリンは必要ありませんが、食べ過ぎなくてもちょっとストレスを感じたり体調を崩して動きが悪くなると血糖値がド~ンと跳ね上がります。
気分良く、鮫のように常に動いていないと死んでしまいそうでございます…。
まあ、人間の場合は低カロリーでも美味しい食事を作ることもできますし、努めて運動することもできますが、ネコさんは自分がどういう状態にあるかとか、どういうことをするとどうなるなんてことが分からないので厄介ですね。
私もしたいようにしてたら長生きできない(であろう)ことは分かっているし、母より先に逝く親不孝はしたくないので無茶は控えていますが、悪化や合併症に対する不安はありますね。
トラちゃんにはそういう感覚は無いかもしれませんが、動物なら死への抵抗はある筈。
できるだけ長生きする方向でやった方がいいと思いますよ。

こういうお顔のとらちゃんってだぁ~い好き!
まぁるいお顔に伏し目がちのお目目 しぶ~い ダンディ!
お顔のシマシマのところをナデナデできたら最高!

病気ってつらいですね。こんなにかわいいのにね
とらちゃんの気持は? 
ダンディーなおじさんになってお話してくれるといいのにね
でも、願うのはいつまでもとらちゃんのお姿を見ていたい
足袋ネコさんやご家族のみなさん元気出してくださいね。

とらちゃん、ファンのためにガマンして頂けませんか?
ストレスになら無い程度にどうかお願いしまぁ~す。

はぁー。

改めて見たら涙出てきちゃった、とらちゃん生きるってすごいことだよね。☆み

むむむぅ・・・難しい。
実はね、猫なんて食べる事だけが楽しみ何だから、欲しがるものをあげて短くても良い、本猫が楽しいように飼えば良いって思ってました。
でも、しろが糖尿病と宣告されたら・・・一変(>_<)少しでも長生きしてほしくて、めちゃめちゃ頑張ってる自分がいます。
本当に身勝手です。
今日のお題は私には難しすぎる・・・

こんばんは!

えっ!
とら助ちゃんは調子が悪いのですか…(≧∇≦)
大丈夫ですかね~(≧∇≦)

とても心配です!

先代の4代目おちょんは18才で虹の橋を渡りました…
これだけ長く一緒に過ごすともう家族同様
亡くなったときはショックで…辛かったです!
だから、少しでも長く一緒に過ごして欲しいですね(≧∇≦)

頑張れ!
とら助ちゃん!

御無沙汰しています。

とら助くん、調子が悪いのですか?
糖尿は厄介ですよね。
先日獣医に行った時、
自分の隣りに座った方もやはり糖尿病の猫さんを連れて来ていました。
その猫さんもやはり腎機能が弱っていて身体がとても浮腫んでいました。とら助くんより少しだけ若い猫さんでしたがかなり重篤な症状でした。
その猫さんはも太郎に似ているのですが
何故かとら助くんの事を思い出してしまいました。
病気の治療はどんな病気でも神経を使いますよね。
上手くバランスを取ってと口で言うのは容易いですが
看護する側にはとても大変な事ですよね…

あたしの場合
気持ちでは結論出てるんですけど
いざとなったらやっぱり揺れるんだろうな~と思ってます。
家の中だけで暮らすねこさん。
楽しみってなんだろうって思うと
食事はなによりの楽しみなのかなって思います。
もちろんそれだけじゃなく
遊んだりブラッシングしてもらったり撫でてもらったり
心地よいと思えることは他にもあると思いますが。
とら助さん。早くごはんがいつものように食べられるようになりますように。

とらちゃん、ごはん進まないんですね…
自分自身のことだったら選択は、食べたいものを食べて短く生きる!
色々な考え方があって、とっても難しいけれど
猫にも、私は同じようにすると思います。
喜んで食べてくれるものがあるのなら、寿命を縮める結果になるかもしれなくても、たぶんそちらを選びます。
90を越えた祖母は腎臓が悪かったため、あげてはいけない食べ物がたくさんあったけれど
私は食べたいものを聞いて、そのとおりに作って食べさせていました。
お医者さんもそれがいいって!
でも、それは人間で意思を伝えられるからできることであって、本当に難しいですよね…。
糖尿病で2年8ヵ月も!
とらちゃんとご家族の努力と頑張りの賜物だと、あらためて思います。
とらちゃん、少しでも食が進むようになりますように!

足袋ネコさん、こんにちは。
とら助くん、最近ごはんが進まないんですね。
でも、美味しいお魚の缶詰を混ぜてもらえたら
食べようって思える食欲があってよかった!^^
どんなに大好物を目の前にしても食べてくれない時は
本当に焦ります。

私はうりの時は心がブレブレでしたが
今は真っ直ぐ、一直線です。
私の場合ですが、テンのことがあってから、
ただ長生きすることより「楽しい嬉しい美味しい」をテーマに
3にゃんずが生きることを大事にしようと心に決めました。
他にもいろんな考え方や方法があると思いますが
チームとら助のご家族みなさんが納得出来る道が
見つかりますように、応援しています。

わたしは、”美味しいものを少しずつ食べてちょっとだけ短く生きる”方かもしれません。

うちの忠太郎さんも、悪性リンパ腫と言われてから1年半が経ちますが、手術もせず、副作用の強い高度な治療もせず、機嫌良くなるべく苦しまず楽しく余生を過ごしてもらう方向で、何ヶ月かに一回の抗癌剤と、毎日の免疫抑制剤投与のみの治療を行ない、美味しいものも毎日食べさせています。
人によって色々な考えがあるとは思いますが、辛い思いの長生きよりも、楽しく短い余生を過ごしてもらいたいと、わたしは思いました。
自分自身が重病になった時も、病院でいろんな管に繋がれて長生きするよりも、少し短くても、自宅で楽しく美味しいもの食べて過ごしたいと思います。(家族がそれを許すかどうかは分かりませんが...)

とらちゃんの最初の写真、切ないですね。
我が家のトラは糖尿でも軽いほうですから
なんとか食欲はありますが、糖尿食は食べませんので
マグロの缶詰とか鰹とかを食べさしています。

とらちゃんには、好きな物を食べさしてあげたら・・・
喜んだ元気な姿を見れば嬉しいですよ。

難しいことです・・・。
とらちゃんのことを一番に考えると、
少しでもいいから好きなものを食べてうれしそうな姿をみていたい。
でも自分は1日でも一緒にいたいから、我慢してでも治療させたい。
でもそれは自分のエゴなのかもしれない・・・。

私は前のりゅうちゃんが家を出てしまっているので、
最期を看てあげられなかったことを今でも悔やんでます。
私自身の事は、もうこの先のことは全然どうでもいいってあきらめてきてました。
でも今はつんきんたちがいてくれて、お世話をするのは私しかいない。
だから、どんなに辛くてもつんきんは私がしっかりと最期まで看る。
それが私が決めていることです。
だから、がんばって私も生きなきゃ!です。
私のことばかろ書いちゃってごめんなさい。
とらちゃん、おいしくご飯を食べてくれてるといいんですが。

とらちゃんは、とても綺麗な目をしています。
ほんとうに純粋な子供のような目に引き込まれます。
その目をいつか写真ではなくて、実際に見てみたいと
思っているのですが・・・。
体調が良くないのですね。
美味しいものを思う存分に食べさせてあげたい。
でも、少しでもとらちゃんと一緒にいたいと、
本当は思っているだろう足袋ネコさん。
大丈夫ですか?
とらちゃんの事、そして足袋ネコさんの気持ちを思うと、
胸が潰れそうになります。
頑張って!って言いたいけど、それも酷なような気もして
どう言ったらいいのかわからないです。

切ないですね

足袋ネコさん、とらちゃんは安定してきましたか?
読んでいて、震えてしまいました。わたしは弱虫ですね。

自分だったら、美味しい&楽しいで命を終えたいけど、周りはやっぱり悩むでしょうね。
もっと出来るだけの治療はしてあげたいとか、ね。
きっと、みんなそうなんだと思います。

いつでも頑張っているとらちゃん、エライなぁ。
ねじおばちゃんも、とらちゃんを見習います。
あと、足袋ネコさんも、ご自分の身体を大切にして下さいね。
お返事なんて、そんなことは気になさらずに。
なくても良いくらいです。今はとらちゃんが一番。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/387-39477640
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

がんばってる «  | BLOG TOP |  » 実はわたくし その2

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する