topimage

2017-08

ありがとうございました - 2009.07.03 Fri

120609no2.jpg
トラ助 本日7月3日 午前3時1分
虹の橋を渡りました。

これまでたくさんの方から励ましのお言葉やお見舞いを頂き
本当にありがとうございました。
なにより トラ助は皆様に可愛がって頂いたこと
可愛いと言って頂いたこと
本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。






● COMMENT ●

........

心臓がドキントしました.....
ショックです....

とらちゃん
よく頑張ったね!
みんなの愛に包まれて
幸せだったね!

いま
年のせいで
涙が溢れてしょうがないです.....
とてもとても
ショックです!

とらちゃん
花がいっぱいのところで
思いっきり走り回ってください......
とらちゃん! 
大好き!

足袋ネコさん
ご苦労様そして
ありがとうございました!

ああ…

足袋ネコさん、PCの前で絶句しています。
なんとお声をかけたら良いのか。
朝一番、夜は寝る寸前に伺って、無事を確認してきました。
さぞかしお力を落とされていることでしょう。
本当に、本当に、お疲れさまでした。

とらちゃん、可愛い可愛いとらちゃん。
よく頑張ったね。偉かったね。
もう何にも辛いことはないから、お空の上から
お母さんを見てあげてね。
いつかおばちゃんちの子も、そこに行きます。
そのときは一緒に遊んでやってね。

足袋ネコさん、今すぐ傍に飛んでいきたいです。
その手を取って、一緒に泣きたい。
遠くから言葉をかけるしか出来なくて、すみませんでした。

とらちゃんっ!・・・
言葉が浮かんで来ません。
猫生のほとんどを病気で過ごしてしまったけれど、これからは思いっきり食べて走り回ってね。
とらちゃん、大好きだったよ。
さよならは言わないわね。
私の心の中では今でも元気なとらちゃんだから・・・。
足袋ネコさん、お疲れ様でした。

とらちゃん、足袋ネコさん、お疲れさまでした。
今、これ以上の言葉が見つかりません。
同じ糖尿病猫のぺこりんにとって、
とらちゃんは目標でした。
そして、これからもずっとずっと。
特にここ数週間の
足袋ネコさんの献身的な闘病記は、
私にとっても、とても励みになるもので勇気づけられました。
お辛かったでしょうに、とらちゃんの最期までの頑張りを
記事にして下さって本当にありがとうございました。

とらちゃん、虹の橋の向こうでゆっくりしてね。
そして千の風になって、足袋ネコお母ちゃんを見守ってあげてね。

とらちゃん、いっぱいいっぱい頑張ったね。
もう苦しいこと、いっこもないよ。
おかあちゃんやお姉ちゃんやおとうちゃんと、長い時間を過ごしてくれてありがとうね。
わたしたちに勇気を与えてくれてありがとうね。
虹の橋を渡っても、オレ様でいるんだよ。
とらちゃん、とらちゃん、大好きだよとらちゃん。
お疲れ様。
また、会おうね!!約束だよ!!

足袋ネコさん、とらちゃんは家族のもとで旅立つことができて、幸せだったと思います。
お体お大事に。
お疲れがでませんよう。

足袋ネコさん、大丈夫ですか?

とら君のご冥福を心からお祈りします。
この顔もとてもよいお顔をしていますね。
でも涙でよく見えなくなりました。

ブログでのお付き合いは短いですが、とら君というかわいいにゃんこの存在を知ることが出来て本当に嬉しかったです。
とら君、虹の橋でゆっくり休んでね。

たまにふらっとお邪魔して拝見しているだけの私ですが、ここのところの介護の状態を拝見しておりました。
こんなにもご家族に愛されているとらちゃん、献身的な介護をされたご家族の皆さん、尊敬します。
どうかとらちゃん、安らかに・・・。

何て書いていいのかわかりません。
信じられない気持ちでいっぱいです。
ドキドキしながら、いつも足袋ネコさんのところに来ていたけど、
まさかこんな日が来るとは。
来ないでほしいと、どれだけ願っていたか。
それは足袋ネコさんもご家族も同じだっただろうけど
途中から足袋ネコさんのとらちゃんを優しく見守るというか
踏ん切りをつけたというか、そういう思いが伝わってきました。
とらちゃんも最期まで幸せだったと思います。
とらちゃんの可愛いお顔を見つめていると涙が溢れます。
足袋ネコさんもご家族のみなさまもお疲れがでませんように。
そして、とらちゃん、虹の橋を渡って今は思う存分食べていっぱいいっぱい走り回ってね!
足袋ネコさん、大丈夫ですか?

私の大好きだったとら助ちゃん!
虹の橋を渡ったなんて 信じたくありません。
毎晩、足袋ネコさんの優しくて献身的な介護に心打たれていました。

優しいご家族の皆さんに見守られてトラ助君も安心して旅立ったのではないでしょうか!
安らかに ゆっくりお休みなさいトラ助君

足袋ネコさん どうかお体を大切になさって下さいね。



とらちゃん、本当にお疲れ様でした。
足袋ネコさんも・・・。
別れを惜しむ人が多いのは、とらちゃんが幸せだった証拠だと思います。
皆に愛される「オレ様」も、足袋ネコさんにいっぱい甘えられて幸せだったと思います。
今頃、虹の橋の向こうで元気に走り回ってるかな?
足袋ネコさん、お体に気をつけて、今はゆっくり休んで下さいね。

頑張ったね~
とらちゃんも足袋ネコさんもご家族の方たちも!

1回目、何となく嫌な予感で携帯でみて・・・・心臓がばくばく・・・
いっぱいいっぱい幸せをくれたとらちゃんに拍手!!

そして何年も看病頑張った足袋ネコさんたちにも拍手!!

ありがとう。。。。

・・・17歳・・・あっちで好きなものを好きなだけ食べてると思いますよ
足袋ネコさんも、ゆっくり休んでね

とらちゃん本当に本当にガンバったね!!
高齢になってからの糖尿病…
しんどかった時もあったと思うけれど、足袋ネコさんご家族と一緒にいたかったから
いっぱいいっぱいガンバれたんだね。
コタを探していた時「うちのとら助にそっくりじゃないですか!」と言っていただき…
「こんなに可愛らしいとらちゃんと~?!」の思いで、何だか恐縮してしまったこと、今でも思い出します。
コタは、とらちゃんのような可愛らしいおじいちゃん猫になることが目標です!
大好きなとらちゃんともう会えないこと、すっごくさびしいけれど
ガンバっていたとらちゃんのこと、愛嬌たっぷりの可愛いお顔
一生忘れません。
足袋ネコさん、ご家族の皆さん、本当にお疲れさまでした。
ゆっくり休んでくださいね。
とらちゃん、また赤ちゃんに戻って足袋ネコさんの元へ帰ってきてね!!
とらちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

残念です… 本当に本当に残念です…
ここ数日のとらちゃんの頑張り
そしてチームとらの頑張りを見ていて
なんとなくとらちゃんは復活するんだ!って思っていました…
今までも色んなことを乗り越えてきたとらちゃんだから…
とらちゃんは不死身なんだって決め付けてたよ…
足袋ネコさん、私もとってもとっても悲しいです
とらちゃん、一生懸命頑張ってくれて本当にありがとね!
とらちゃんのこと、ずっとずっと忘れないよ…
足袋ネコさん、お疲れ様でした。。。
そしてやっぱり、ありがとうございました!
何もできないけど… 一緒に泣かせてくださいね

とら助くん・・・
ショックです。。。

☆ いつも一生懸命頑張ってたとら助くん、可愛くて大好きだったよ。
これからはもう辛い思いもしんどい事もな~んにもないよ。
病気だってないんだよ。 
だからもう頑張らなくていいんだよ。
これからは好きな物いっぱい食べて、お水もいっぱい飲んで、お友達といっぱい遊んでね。
そして虹の橋からおかあちゃんやお姉ちゃん達を見守ってあげてね。
とら助くん、君は本当に偉いよ!
またきっと会おうね!

     とら助くん、ありがとう。☆


足袋ネコさん、大丈夫ですか? 
足袋ネコさんのとら助くんへの愛情あふれる想いが、とら助くんの看護を通してひしひしと伝わってきました。
不安な事や辛い事、いっぱいあったと思います。
でも、とら助くんは可愛いおじいちゃんのまま足袋ネコさん御家族に看取られ、とても幸せだったと思います。

病気と闘い続けたけれど、17歳 足袋ネコさんと巡り逢えて
とても素敵な猫生でしたね。

そして、とら助くんの新しい猫生の始まりです。

足袋ネコさん、ご家族のみなさんお疲れ様でした。
お身体気を付けてくださいね。

とら助くんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。



とら助くんのいつもと変わらぬまん丸の瞳の中に
足袋ネコさんの姿を探して、ずっと見つめていました。
とら助くんの瞳に映っていたのは、いつも
最高に楽しくて最高に優しい家族の姿だったと思います。
いろんなことがあったよね。
楽しかったよね。

3年間ずっとがんばり続けたとら助くんと
チームとら助のご家族みなさんに、金メダルを渡したいです。

とら助さんのお顔が大好きです。
まんまるおメメがとても可愛くて
いつまでも子供のように愛くるしい。
その瞳には
足袋ネコさん、ご家族の皆さんの愛情がいつも映っていて
心穏やかな気持ちになります。
そんなとら助さんが旅立っていかれたこと
正直悲しくて寂しくてたまりませんが
とら助さんの幸せな猫生に乾杯したいと思います。
足袋ネコさん。
なんてお声を掛けたらいいのかわかりません。
可愛いとら助さんと出逢わせてくれてありがとうございます。

とらちゃん、とらちゃん
合掌・・・

足袋ネコさん、ご苦労さまでした

とら助君さようなら

 足袋ネコさん、こんにちは。

 とら助君…目がまん丸で可愛いです。
 人もネコも意地が悪いと表情に出ます。
 とら助君のニャン柄のよさはすぐにわかります。

 本当に残念です。
 足袋ネコさんのお気持ち…お察しします。

 とら助君は、きっと幸せな思い出と一緒に旅に出かけられたのだと思います。

ご家族に見守られながら、ゆっくりと虹の橋を渡って
行ったのですね。
とても残念ですが、虹の橋の向こうで
お☆様になり、「みんなありがとう~」と言って
くれてると思います。
足袋ネコさん、看病 お疲れ様でした。

トラちゃん、生まれて来て良かったなあ

彼は今、お母さんや兄弟達と再会してはしゃいでいるのではないでしょうか。
ひょっとしたら、足袋ネコさん達のことを忘れて…。
でも、ときには「あれ?もうひとりのお母ちゃんは…?」と思っているかも。
こういうときは残った者の方が辛いものです。(私も辛い…)
お疲れ、お力落としのありませんように。

可愛いトラちゃんよくがんばったね。
毎日の注射は本当に辛かったと思うよ
チームトラ助のご家族の方が頑張ってるから、
それにこたえてトラちゃんもがんばったんだよね。
purinmamaもプリンちゃんも元気貰ってたんだよ!!
とらちゃんありがとうね
虹の橋の向こうは痛みの無い世界みたい、思う存分遊んでね
で・・・チームトラ助のことを見守ってね
トラちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。


とらちゃん、よくがんばったね!

そして、糖尿病発病からずっとケアをしてこられた
足袋ネコさんご家族のがんばりに
いつも胸を打たれていました。
ほんとにお疲れ様でした。

とらちゃんは17年間足袋ネコさんファミリーと過ごした
幸せな思いを抱いて虹の橋を渡っているに違いありません!

またとらちゃんとはどこかで会えるような気が
します。

とら助君のことが気になって、毎日こちらにお邪魔していました。
今まで本当に頑張りましたね。
病気でしんどかったけど足袋ねこさんの息子で幸せでしたね。
感謝の気持ちをいっぱい胸に抱いて旅立ったことでしょう。

とら助君、まーるいお目々がほんとうに可愛いですね。
見ていて涙が止まりません。
どうか、安らかに・・・。


足袋ねこさん、そして家族の皆さま本当にお疲れ様でした。
病状を記事にするのはとても辛いことだったとお察しします。
それでも続けて下さったことを感謝しています。
ウチの子もいつかは年老いてしまいます。
その時に、足袋ねこさんのように私も頑張りたいって思いました。
有難うございました。
お疲れが出ませんように。

とらちゃん、よくがんばったね。
きっと今は、虹の橋で元気にとびはねているんだろうね。
素敵なご家族に恵まれて、本当に幸せな猫人生だったね。
虹の橋から、大好きなご家族のこと見守ってあげてね。 

とらちゃん、よく頑張りました・・・。
あっちには、きっとおともだちもたくさんいると思うし
元気で過ごすんだよー・・・。

淋しいですね。
ブログ仲間さんのところのネコさんたちは
当然あったことのない子ばかりですが
画像をいつも見ていると、知り合いのようで
本当に悲しいです。
足袋ネコさんも、おつかれの出ませんようお祈り申し上げます。

拍手・・・から再度すみません。
昨夜寝ながら考えていたのですが
とら助さんはとら助さんの家族の笑顔を見て過ごすのが
きっと好きだったはずです、自分の家族・・・。
自分のことを忘れては淋しいけれど
でも、家族が笑顔で過ごしてくれなければ・・・。
お気持ちが落ち着きましたら「とら助2号」
お考えになったらいかがですか。
とら助さんも望んでいると思いますよ。
空から家族皆なの笑顔が見たいから・・・。
(ウチのセキセイインコ・・・テツは4羽目ですよ
3羽はあまり長く生きませんでしたがテツは8年目・・・
3羽のインコ達はテツのこと見守ってくれているのだろうと
思っていますよ。猫のちび太ともいいコンビになりましたし)☆み

とら助さん、17年という月日はとら助さんにとってどうでしたか?
今更、問うまでもありませんよね。
足袋ネコさん一家と出会えて
それはそれはとてもとても幸せな17年間でしたよね。
きっと足袋ネコさん一家も
幸せな17年間だったと思いますよ。
人が人1人を幸せにする事は結構、大変なんだ!
でもとら助さんはそれをいとも簡単に
家族みんなを幸せにするなんてっ!
やっぱりスーパーなネコさんなんだね。

こんにちは
とらちゃん、とっても大きな瞳で
とっても可愛くて
年齢を知った時、とっても驚いたのを思い出します

とらちゃんが目を開けて初めてみたのは
足袋ネコさんのお顔だったのでしょうね
とってもとっても素敵な家族に出会えて
とらちゃんは幸せでしたね

とらちゃん、虹の橋ではきっとたくさんの
仲間といっしょに走りまわってるよね
そして、大好きな家族を見守って
また会いにきてくれるよね

タイトルととらちゃんを見た瞬間、思わず嗚咽を堪える事は出来ませんでした。
今でも、その大きなまなざしが閉じられてしまったなんて信じられません。
足袋ネコさん、ご家族の皆様本当にお疲れ様でした。
とらちゃんは17年間の宝物ですね。
どうか安らかに・・・・

とら助くん、がんばりましたね。
とら助くんの子猫の様なお顔と表情を見ていると
信じられないような気持ちです。
足袋ネコさんの、暖かく、力強く、とら助くんを見守っている
様子に何時も感銘をうけていました。
レンズ越しに足袋ネコさんを見ているとら助くんをみてると
きっと、なにより足袋ネコさんが傍にいる事が
一番!だったと思います。
とら助くんは、足袋ネコさん、そしてご家族の中でとっても幸せだった事と思います。
とら助くんのご冥福をお祈りします。

ショックです。

ママに感謝しながら虹の橋を渡ったのでしょうね。

あちらのお家でも元気に楽しく暮らせますように・・・

心から祈ります。

とら助さん、おつかれさまでした。
足袋ネコさんはじめ、ご家族の皆さんも
ホントにおつかれさまでした。
虹の橋の向こうの世界で、次の猫生を
楽しんでほしいと心から思います。

足袋ネコさんが安寧な気持ちで過ごされますように。

とら助さんのご冥福をお祈りします。

ちゃーちゃんさん経由でトラ助ちゃんに会わせていただいていました。
トラちゃんと足袋ネコさんの頑張りと深い心の繋がり…それがいつもいつも私の心の深いところにまで届いていました。
お互いを信頼しあっているのが羨ましいくらいでした。
トラちゃん、いいお母さんと巡り会えて本当に幸せだったね。
虹の橋には我が家の子供達もたくさんいるから、一緒に遊んであげてね。

トラ助ちゃんのご冥福を心からお祈り申し上げます。

おはようございます。
とらちゃん頑張りましたね。
そして足袋ネコさんご家族も。
いろいろと思いが重なってうまく言葉が出なくて・・・
ごめんなさい。
今はただとらちゃんの事をたくさん思ってあげて下さい。
心よりご冥福をお祈り致します。

おはようございます!

少しは落ち着かれましたか?

足袋ネコさん大丈夫ですか?

まだ心臓がどきどきしています・・・。

とらちゃん、いっぱいいっぱいがんばりましたね。
とらちゃんは本当に強い子だったと思います。
とらちゃんの生きようとするその力、
私には強く強く感じられました。
足袋ネコさんのやさしいやさしい想いも、
しっかりとらちゃんに伝わっていたことと思います。
やさしいご家族に大切にされて、
とらちゃんはとっても幸せだったね。
とらちゃんのいつも変わらないかわいいお顔が大好きです。
もう、辛い思いをしないでいいんだよ。
虹の橋のたもとは、苦しい思いもなにもかもなくなって、
大切なお仲間さんがたくさんいるとことなんだから。
私の大切なりゅうちゃんにであったら、仲良く遊んで欲しいな。
とらちゃんとよく似た模様だから、きっとすぐにわかるよ。

なんにもお役に立てず、もうしわけありません。
涙がとまりません。ごめんなさい。
足袋ネコさん、お身体は大丈夫ですか?

足袋ネコさん、とらちゃんのお世話ご苦労さまでした。
17年間一緒にいると家族同然です。謹んでご冥福を申し上げます。

”虹のかなたに”と言う歌があります。いつまでもとらちゃんは足袋ネコさんの心に生き続けます。
新たなDEPARTUREとして、悲しいですが、弔ってあげて下さい。

トラ助さん。
心から、ありがとうございました。

ブログの月別アーカイブを遡り。
いちばん初めの記事から、ふたつ目の記事の中。
生後一ヶ月のトラちゃんを拝見して…。
胸が、ぐっと、なりました。
トラちゃん。金沢大学出身だったのですね。

17年間、足袋ネコさんと一緒に
同じ時間を共有することができたトラちゃん。。
トラちゃんが足袋ネコさんに、ありがとう
と言う言葉が、今回のお写真から、聴こえて来るようです。

足袋ネコさん、トラ助ちゃん。
ありがとうございました。
トラちゃんは、私の心の中にも生き続けています。


私の生まれて初めて傍にいたネコは。
トラちゃんと同じしましま模様の、おばあちゃんでした。
虹の橋の向こうでトラちゃんと会えていたら、嬉しいです。

とらちゃん、今は天国で仲間達と軽快に走り回っていることでしょうね。

ブログを通してではあったけれど、トラちゃんの色んな姿に笑わせてもらい、癒されました。

足袋ネコさんや、足袋ネコさんの家族の頑張りを拝見していて、子供の頃に飼っていた猫が歳を取った時、私も家族ももっと何かして上げられたのでは、と思うようになりました。トラちゃんは本当に、本当に幸せな家族の下に来たんですね。本当に幸せなネコちゃんだったと思います。

トラちゃん、もう老体にムチ打って階段上る心配ないものね。今までありがとう。

チーム・トラの皆様、本当にお疲れ様でした。
今は大変お辛い時期でしょうけど、また元気になった皆さんの近況をブログで拝見できるのを楽しみにしています。

なんと言葉をおかけして良いやらわかりません。
どこかで覚悟はしてらしたでしょうが、確実にその時が近づく毎日を過ごす、足袋ネコさんをはじめとするご家族のお気持ちを思うと、やむなしと思っても奇跡を願わずにいられませんでした。

でもとらちゃんは楽になりましたね。
自由に行きたい場所へいけるようになりましたね。
食べたいものをおなかいっぱい。
おしっこだって出し放題。
この世での思い通りにならない着ぐるみを脱いだとらちゃん。
軽々とした身体で虹の橋をおおいばりで歩いているのかも。
可愛い声もがんがん出して。
「おかあちゃーん、おいらいろいろな事できなくなったと思ってたけど又できるようになったよー」なんて。

お疲れ様でした。足袋ネコさん。
お疲れがお体にさわらない事をお祈りしています。

淋しくなります・・・。

とらちゃんのことずっと忘れませんからね。
皆さんお疲れ様でした。

みんなを愛して。
みんなに愛されて素敵なニャン生でしたね。
トラ助さんのご冥福をお祈り致します。

足袋ネコさん、ご家族様お悔やみ申し上げます。。。

向こうでは足のむくみもとれて元気に走り回ってるね。

トラちゃん最後までよく頑張りました。最後は自分で決めたんだね、この日、この時間に橋を渡ろうって。

足袋ネコさん、ご家族の方、心にポカンと大きな穴があいてるかもしれませんが、疲れもあると思います。ゆっくり休んでくださいね。トラ助ちゃんもそれを願ってると思います。

これからはお空から、みんなの様子をうかがってるんだね。

トラちゃん、大好きでした

トラちゃん、本当にありがとう。
今まで本当に助けられました。
トラちゃんはいろいろ悲しいことも辛いこともあったとおもいますが、それでも足袋ネコさんの愛とお世話に包まれて大変だったと思います。

本当に悲しいと思いますが、トラちゃん、きっと、今は軽くなった身体で思う
存分駆け回って遊んでいますよ。

足袋ネコさん、長い間お疲れさまでした。

こんにちは。
実は、かなり前に1度?コメント入れさせてもらったんですが、それ以降時々おじゃまするばかりで、それからしばらくはご無沙汰してしまっていたのですが、少し前にかぜのお~さんの所の記事を読み、それからとら助ちゃんの事が気になって、時々またおじゃまさせていただいてました。
コメント入れようと思っていたのですが、タイミングを失ってしまいm(_ _)m
陰ながらとら助ちゃんの事、応援していました。
とら助ちゃん、いっぱいがんばりましたね。
足袋ネコさん、ご家族の皆さん、ほんとにお疲れ様でした。
体力的にも精神的にも、大変だったと思います、ほんとに、、
どうぞお体大切になさってくださいね。
とら助ちゃんは足袋ネコさんに皆に愛されて、とても幸せなねこさんだと思います。
ブログを見ていて、すごく伝わってきました。
密かに応援していた私ですが、とら助ちゃんの事はとても印象的で、、、
びっくりして、すごくショックで悲しい、、けれど、
とら助ちゃん、今頃向こうできっと元気にしてるよね。
大好きなものお腹いっぱい食べて、自分の足でいっぱい走ってるよね。
とら助ちゃん、いっぱいありがとう。。

こんにちは!はじめまして!
ここ数ヶ月前から拝見させていただいてました。
家のバリ君と同じ糖尿病と言うこともあり応援させていただいてました
虹の橋に旅立って行かれたんですね・・・
でもトラちゃんがいかに幸せだったか拝見させていただいて良く伝わってきました
お空から足袋ネコさんのことをいつまでも見守っていてくれるでしょう
お疲れ様でした!安らかに・・・

コメント遅くなってごめんなさい。

とらちゃんには、たくさんの楽しい思い出をいただきました。
ほんとにありがとう。

また必ず、生まれ変わって足袋ネコさんのところにやって来ると信じていますよ~。

とらちゃん、よくがんばった。
大往生だよ、この澄んだ瞳のとら助くんを見てると、
悔いはないよ、と言ってるようにみえる。
前日の2日もとってもよく眠ってたみたいだから、
きっときっと、眠るように、これまでの楽しかったこと
いろいろ思い出しながら、虹の橋を渡ったんだろね。
虹の橋でもずっとオレ様でいるんだよ。
そして、足袋ネコさんとチームとら助のみなさんも
一丸となって、本当にがんばられました。
その毎日をこうやって拝見して、いろいろと考えさせられ、
学び、そして勇気をもらいました。ありがとう。
お疲れ様でした。
とら助くん、安らかに。

コメントが遅くなりました。
足袋ネコさん、少しは落ち着かれましたか?

とらちゃん、虹の橋を渡って、今頃は自分のあんよでいっぱい走り回ってるんだね。
こちらに来させていただくたびに、
いつもドキドキしながらページを開いていましたが、
とうとうこの日が来てしまいました。
本当にとらちゃんは頑張ったね。
私には忘れられない糖尿病だった猫ちゃんのお世話の思い出があります。
その子も最期のときまでとっても頑張ってくれた子で、
とらちゃんを見るたびにその子のことを思い出していました。
その子は飼い主さんが急な脳梗塞で亡くなってしまい、
私たちが面倒見ることになったのですが、
とらちゃんは優しいご家族に見守られ、
ここまで頑張ってくれたんですものね。
本当に糖尿病の猫ちゃんを持つ飼い主さんたちの励みになっていたと思います。
今はどんな言葉をおかけしたら良いのかわかりませんが、
足袋ネコさん、お疲れ様でした。
とらちゃん、ありがとうね。
安らかにね。

本当に、なんとお声をおかけしたら良いのやら……。
とってもとっても愛嬌溢れる、貫禄童顔爺様猫、大ファンでした。いえ、大ファンです。
足袋ネコさんたちからのたっぷり有り余る愛情に包まれていたお陰で、トラにゃんはココロからの幸せな猫生を満喫したと思います。闘病生活中も幸せだったと思いますよ!
前向きに一歩一歩進んでいくトラにゃんと足袋ネコさんを励ましたいというのに、
逆に励まして貰ってばかりでした。

虹の橋、渡ってないですよ!
トラにゃんは絶対、足袋ネコさんのコト、橋のふもとで待っていますから!
元気な姿で走り回りながら、「まだまだ来なくてイイから、のんびり待ってるよー。いつか一緒に虹の橋を渡ろうね」って、待ってくれていますって!
虹の橋で、うちのちゃことも仲良くしてやってね、トラにゃん♪

トラにゃんは幸せだったと断言できますよ☆
あまりに気落ちし過ぎたりなぞ、なさらないで下さいね……ってのは無理かも知れませんが、
すぐにとは言いません、足袋ネコさんのペースで、無理せず徐々に元気を取り戻して行って下さいね。

ごちゃぐちゃと乱文すみません、
どうしても気持ちをお伝えしたくて……。

足袋ネコさん、足袋ネコさんご家族の皆様、お疲れ様でした。
大切なご家族の一員:トラにゃんも、お疲れ様でした。
ご冥福を、お祈り致します……どうぞ、安らかに、足袋ネコさんたちを見守ってあげてね。本当にありがとう、大好きだよんっ。

薄雪草さんへ

薄雪草さん、ありがとうございます。
とら助は本当によく頑張ったと思います。
体調がおかしくなってから50日
でもどれだけ自覚があったのかわかりません。
だってどうしてもトイレに自分で行きたがったのです。
ネコのプライドなのでしょうか?

トラ助は想いっきりかけずり回っていることでしょうね・・・
ずいぶん長く出来なかったことですもの。
頭や体をたくさん撫でてつやつやにしたので
向こうの世界でもお爺さんには見えないかも(笑)

ねじっこさんへ

ねじっこさん、ありがとうございます。
可愛いトラ助,ついに向こうの世界に入ってしまいました。
トラ助が向こうの世界に行こうとしている時
私はなぜが がんばれ!がんばれ! とトラ助に言っていました。
自分でもこんなことを言うとは思わなかったです。
今その訳をずっと考えています。
自分で自分の事が不思議です。
ねじっこさん,遠くからご心配をしてくださってありがとうございます。
足袋ネコ,十分に眠って また眠って またまた眠って・・・
元気になりましたです。

こんにちは。
トラ助くん、とってもとっても頑張ってくれましたね。
数ヶ月前に始めてコチラにお邪魔させていただいて以来、
ずっと頑張るトラ助くんの姿を見せていただきました。
トラ助くんの可愛い大きなお目目のお顔が見れなくなるのが
残念で残念でなりません。寂しいです。
トラ助くんのことを考えて、あえて通院はしなかった足袋ネコさまは
とっても立派なママさんだと思いました。
トラ助くんはたくさんたくさん愛してもらえた幸せな猫生だったんですね。
トラ助くんの冥福をお祈りいたします。

きょっぴいさんへ

きょっぴいさん びっくりさせてしまってごめんなさいね。
長い間血糖値をコントロール出来ていたのですが
引き金は「かぜ」だったのかもしれません。
18歳の誕生日を迎えさせることができなくて残念でした。
私がもっと頑張って世話をしていたならば
もしかして今頃は元気になっていたのではないか
そんなふうにも思うのです。
でもトラ助は 虹の向こうできっと楽しく過していますよね。
糖尿病ときれいさっぱりおさらばして
美味しい焼き魚をたくさん食べているかもしれません。
きょっぴいさん ありがとうございました。

猫ねこりんさんへ

猫ねこりんさんごめんなさい。
トラ助を先に虹の向こうに行かせてしまいました。
今までずいぶん頑張ってきたので トラ助を褒めてやってくださいね。
ぺこりんちゃんの若さがトラ助にもあったら もしかして元気になっていたかも。

ぐだぐだな闘病記もどき、 文章になっていなくてはずかしいですが
書かずにはおれませんでした。
50日も頑張った記録を残したかったのです。
トラ助は 今はどんな姿でどこにいるのやら。
夢の中に出てきて教えて欲しいですね。

猫ねこりんさん、コメントをありがとうございました。

ちゃーちゃんさんへ

ちゃーちゃんさん ありがとうございます。
私はたくさん眠ったので 体はすっかり元に戻りました。
でも,今まで起きていた1時や3時、あるいは4時には習慣的に目が覚めます。
注射の時間のアラームも解除していません。
何だか寂しいです。

トラ助,今頃はチョビ君と逢えたでしょうか?
トラ助はチョビ君に
「マンタに乗れたのって羨ましいなぁ~」何て言っているでしょうね。
チョビ君、 新参者のトラ助をよろしくお願いしますね~
またたびをお土産に持たせたんですけど
ちゃんと持っていますでしょうか?

myuthaさんへ

myuthaさん ありがとうございます。
myuthaさんのお気持ちをしっかりと受け取らせていただきました。
悲しい想いをさせてしまって申し訳ないです。
トラ助は小豆ちゃんと仲良く出来るでしょうか・・・・
育ちが悪いのでとても心配です。
小豆ちゃん、 トラ助は我家の庭以外の外の世界を知らないのです。
いろいろと面倒をかけるかもしれませんが よろしくお願いしますね~~

ちび太ママさんへ

ちび太ママさん ありがとうございます。
トラ助は我家で飼った初めてのネコでした。
主人は実家でネコを飼っていた経験があるのですが
私や娘らは何もかもが初めてで
ついには「ネコ」という感覚は無くなり
「息子」あるいは「弟」の存在になっていきました。
献身的・・・とはいえなかったと思いますが
トラ助は何がイヤか,何が嬉しいか
そればかりを考えていました。
トラ助は幸せだったかなぁ・・・

nakatugawaさんへ

nakatugawaさん ごめんなさい そして ありがとうございます。
17年間いっしょに暮らした「家族」のトラ助は
天国,あるいは虹の橋の向こうへ行ってしまいました。
なんども もしかしたらまたげん気になってくれるかも! そう喜んだ事があったのですが。
ご飯を食べられなくなって 向こうの世界に行ってしまいました。
トラ助はどう思っているでしょう・・・・トラ助にしかわかりませんね。
心配と不安で一杯だった日々がおわり 今は悲しいけれどホッとしています。
もうしんどそうにしているトラ助ではなく きりりっ っとした顔のトラ助がいるからです。

私たちは元気にしています、ありがとうございます。
これからは義母の介護が待っています。
その日まで(いつになるかわからないけれど)体力をめい一杯つけることにします!

よしみ70さんへ

よしみ70さん ありがとうございます。
トラ助は人間で言えば よしみ70さんよりも年上ですよね。
糖尿病だったけど長生きしたネコ そう言えるかもしれません。
献身的な介護とは言えないと思いますが
ご飯をたべさせたり、おしっこをさせたり お尻を綺麗にふいたり・・・
私はトラ助のお世話が楽しかったです。
しんどそうにしていなければ 本当に楽しい時間でした。
最後はとても可愛い顔になって虹の橋をわたりました。

にゃんPさんへ

にゃんPさん ありがとうございます。
にゃんPさんをはじめ たくさんの方からコメントを頂きました。
皆さんのお気持ちがとても嬉しく
時間はかかってもお返事は書かせて頂こうと思いました。
トラ助は甘えヘタなネコでした。
撫でて欲しいときは少しスリスリしてから黙って向こうを向いて座るのです。
そこがまた可愛かったのです。
飼い主バカです。
にゃんPさん 本当にありがとうございました。

何を言ったら良いんだろう....

ホントにイイ顔したとら助くん、
一回会いたかったな。
この遺影は俳優の様ですね。
とらちゃんの居る空間ごと切り取ったような良い写真ですね.

ブログで出会うのも縁。
きっと、最高に良い縁で足袋猫さんちの子になったのでしょう。
色々知っているものには、逆に思いが有り過ぎて
考え込むことがいっぱい.....だから言葉にならないこともいっぱい。

何も知らない主人に話しました。
そうしたら、『ホントに大往生だな』と一言言いました。
原点に返った一言でした。
幸せでなかったはずが無いですよ。
愛されていることが分かっているから
いつも安心しきってオレ様だったんだと思います.
いつだって、ネコあるがままだったと思います。
それ以上の幸せなんてあり得ないでしょう.
ネコですもん。

ご家族と、とらちゃんに表彰状を.....。

おそくなって

そうでしたか。おそくなりました。
このところ、自分のことにかまけた上、トラちゃんの
写真はみたいけど、こわいような気もして。
でも、本当に幸せな最後でしたね。天寿をまっとうして、
みんなに愛され大切にされ惜しまれて、本当に幸せものだね
トラちゃん。長い間、癒してくれてありがとう。
天国に行ったんだね。
私のところの、ちょうすけは、3年ぐらいで
不幸な死をとげた子です。
本当に気品のある、愛情深いいい子でしたが、
もう13年もたつのに、忘れたことがありません。
ちょうすけや、くろちゃんやみんなと仲良くしてやってね。

とらちゃん!ほんとにありがとう。
ご家族様ありがとう、ご苦労様でした。

はじめまして。
3日から出張にでかけ、帰宅してひさしぶりにお邪魔したら、、、
とら助くん、虹の橋を渡られたのですね。
とら助くんの瞳が大好きでした。
とら助くんを見守るお二人の姿に感動し、
そして、
とら助くんとお二人にいつも大きな力をいただきました。

とら助くん、がんばりましたね。
素晴らしい『俺様にゃんこ』でしたね。

存分に走ってください。

どうもありがとうございました。

ご冥福を心からお祈りいたします。

ひめちょろさんへ

トラ助は本当に頑張りましたね・・・・
赤ちゃんの時に最後まで生き残った理由がわかったような気がします。
闘病の50日間は 楽しかった17年を消し去ってしまう程でしたが
今は だんだんと楽しかった思い出だけが記憶に残る感じです。

Pちゃん! なるべく長く元気でいてね!!

トラ助はもう 大好きなお魚をたらふく食べているはずです。
焼いた大きなほっけをお棺に入れました。

yuraさんへ

今になって思うと・・・・糖尿病でのインシュリンの注射はぜんぜん楽でした。
怖いのは糖尿病の合併症です。
トラ助は幸いなことに 長く合併症が出なかったので
元気に過せたんですね。

コタ君はトラ助と違って ちゃんと甘えることを知っているネコさんですね。
yuraさんが一生懸命になる気持ちがよくわかります。
鼻ぽちもかわいいですしねー♪
私はトラ助しかネコを飼った経験がないのですけど
多頭飼いだと どんなんだろうなぁ~って思います。
愛情を均等にふりそそぐって難しいでしょ?
ネコさんと接するのって 子どもと接するのと似ているような気がします。
コタ君やゆうちゃん その他(ごめんねー! 名前が出てこない~!)みんなが
ずぅぅぅ~~と元気で過ごせますように!

rinkoさんへ

私もトラ助は不死身だと思っていました。
体調不良もすぐ治ると思っていたのです。
でも,あの時は違っていました・・・・・
前から腎臓の数値が悪いことはわかっていました。
だけど,50日も頑張ったトラ助を褒めてやりたいです。
くよくよ,メソメソしているのは人間の方で
トラ助は最後までネコらしく そして生きようとしていました。
「諦める」 という事を知らなかったのかも。

たくさん泣きました。
rinkoさんも泣かせてしまってごめんなさい。
いろいろあったのに 本当にごめんなさい!
でもトラ助は今幸せだと思って笑ってくださいね。

茶々にゃんさんへ

トラ助の最期の顔は可愛かったです。
いっぱい撫でたので 頭もからだもつやつやになりました。
マタタビと焼いた大きなほっけを持たせました。
きっと大喜びで食べたはずです。

病院に連れて行けなかった事は不安でした。
でも,連れて行って発作を起こすのも不安でした。
トラ助とゆったりとのんびりと・・・不安も混ぜて過しました。
私はトラ助がひとりぼっちで 小さな部屋に入れられて入院させるのは絶対にイヤでした。
トラ助もイヤだったはずです。
本当ならば・・・・入院ですよね。
でも,私はトラ助をずっと側に、 この家にいさせてやりたかったのです。
穏やかな顔を見ると 正解だったかな って思います。

supitenさんへ

金メダルをありがとうございます。
でも,金メダルはトラ助のものですよね。
本当によく頑張りました。
頑張れなかったのは人間チームです。
人間チームはひたすら撫でて,話しかけ,見つめるているだけです。
本当に頼りないったら!
3年間もあっという間だったですね。
インシュリンの注射できゃぁきゃぁ言っていたのがはずかしいです。

私は点滴も自分でやれるのなら やってみようと思っていました。
でも,その点滴がトラ助をよけい長く苦しめる事になるのでは?
とためらっているうちに トラ助は虹の橋を渡っていってしまったのです。
何をするのが一番いいのか・・・・一番良かったのか・・・・
この答えはわからないままです。

きょーこさんへ

トラ助は子供の頃からくりくりお目めで
顔は可愛いけど性格がね・・・・ と言われていました(笑)
本当にオレ様で なかなか他の方は触れなかったのです。
でも私にとって トラ助は最高に可愛いネコでした。
仕事の邪魔をしないし 着物も絶対に汚さなかったのです。
してはいけない事をとても良く理解してくれた いいネコでした。
娘達も 弟のトラ助を可愛がりました。
夜は二人の娘の内のどちらかのベッドでいっしょに寝ていました。
私も寂しいけれど 娘達も言わないけれど
寂しい思いをしているはずです。
きょーこさんも寂しいはずなのに・・・・自分の事ばかりでごめんなさいね。

tieta4uさんへ

tieta4uさん ありがとうございます。
トラ助は今頃 大好きなお魚をたくさん食べてお腹がぽんぽんのはずです。
私もたくさん眠って元気になりました。
図太いので大丈夫です!

NOBUさんへ

NOBUさん ありがとうございます。
トラ助は晩年 とても性格が可愛くなり
(若い頃はそうでもなかったのですよー)
顔も優しくなったように思います。
私の寂しさとNOBUさんの寂しさは比べようもありませんが
お察しいただけてありがたいです。
私は弱い人間ですので
これで良かったのだと思うようにしています。
そしてトラ助は今幸せなのだと自分に言い聞かせています。
今頃はどこにいるのでしょうね・・・・

モモmamamさんへ

モモmamaさん ありがとうございます。
ここ数日 お天気が悪くてお星様はぜんぜん見えません。
お天気がいい所に出かけているのでしょうね。
トラ助はお家にばかりいたので外を知りません。
今頃は何もかもが初体験で びびっているかも!

がんさんへ

トラ助には白黒ハチワレのお姉さん(妹?)がいます。
生まれて数日で虹の橋を渡ったので
今頃出会って すっかりお爺さんになったトラ助にびっくりしている事でしょう。
私の事は・・・忘れないでほしいなぁ~~
ときどき夢に出演して欲しいものです。
旅立ったものは急がしいけれど 残された者は淋しさが残るばかりです。
寂しさを忘れられる何かを探す事にします。
実母の時はゲームにのめり込んだけど
今回は何になるやら・・・・

17年間一緒に過ごしたトラ助くんを亡くした悲しみはどんなだろう。
どんな言葉を掛けたらいいのだろう。
自分に置きかえ色々考えているとますますコメント出来なくなってしまって・・・遅くなってすいません。
呼吸困難を「通らなければならない門」として受け入れられる足袋ネコさんの深い深い愛情に心うたれました。
呼吸困難で亡くなった我家の家族たちも今はきっと苦しかったことを忘れているんだろうと思えるととても嬉しくなりました。
足袋ネコさんそしてトラ助くんありがとうございました。

purinmamaさんへ

purinmamaさん ありがとうございます。
トラ助は注射はだいぶん慣れていてどうってことなかったですが
お薬はなかなか慣れてくれませんでした。
お薬を混ぜたご飯ってどうしてすぐにわかるんでしょうねー?
へなちょこトラ助に勇気をもらって頂けてなんて嬉しいです。
でも本当に頑張りました。
私も褒めてやりたいです。
毎朝,写真を撫でています。
トラ助は喜んでくれるでしょうか・・・・

パステル子さんへ

トラ助と過した17年間は やっぱり長いです。
二人の娘が小学生だったのが
今では2人とも社会人ですもの・・・・・
「オレ様」でありながら2人の娘にいろいろいじられて
耐えた17年でもありました。
ある意味・・・・ホッとしているかも~~
頑張ったトラ助 今頃はのんびりしているかな
何しているんだろ?
夢にでも出てくれるといいんだけど。
夢の中で虹の橋の話をして欲しいなぁ~

みらさんへ

ありがとうございます、みらさん。
トラ助は小さい頃からくりくりお目めで ちょっとびっくり顔なところがありました。
そんな顔で お気に入りの場所に行きたいの
なんて要求されちゃうと 聞かないわけにはいきません。
闘病の50日間は緊張の連続でしたが
トラ助の可愛さを再認識した時間でもありました。
生きている者は必ずいつかはこの世に別れをしなければなりませんが
そばにいる者として 悔いのない様にするというのはとても難しいです。
何が正しくて,何が正しくないかがわからないのです。
一つ言える事は 辛くても笑う事。
私は上手くできませんでしたが 大切な事だったのでは
と思っています。

ちぼさんへ

ちぼさん ありがとうございます。
トラ助はだいたい皆がいる所には
何となくそばにいるネコでした。
しゃべらないけれど 家族の1員として
自覚していた節があります。
だから きっと私たちの事をずっと見ていてくれるような気がします。

ツバッキーさんへ

ツバッキーさん ありがとうございます。
虹の向こうには 同じ糖尿病だった先輩がいます。
だから賑やかに過しているのではないでしょうか。

トラ助は年をとってから静かなネコでした。
(若い時はそうでもなかったですよ~~)
よく言えば・・・・・哲学するネコ(笑)
面白い事なんて何にもしないネコでした。
そんなトラ助は ツバッキーさんにどんなメッセージを残したのでしょう?
 

美紀さんへ

美紀さん ありがとうございます。
トラ助2号・・・・考えなくもありません。
トラ助だけでなく 他のにゃんこがいればどんなに癒されただろうと思いました。
でも,トラ助が年老いてから 若いにゃんこを我家に受け入れる事は
トラ助には負担が大きいだろうと判断して止めていました。
トラ助がいなくなった今・・・・本当に寂しいです。
いずれご縁があったら・・・・・家族がにゃんこを拾ってきてしまったら
受け入れる事になると思います。
それまでは どっぷりとトラ助に浸っていようと思っています。

インコとネコのゴンビ・・・・羨ましい~~♪

かぜのお~さんへ

トラ助との17年 楽しかったですよ~~
家に帰るとまずはトラ助を探し 出かける時は
トラ助にお留守番を頼み・・・・・
いい子でお留守番をしてくれていました。
トラ助は家にいて当たり前 の存在でした。
今,わかっているのですけど
姿がないので 私の中ではおかしな感覚が続いています。
ネコの存在って大きいですね!
「オレ様」のネコでも 癒しは最高級でした。

まぁるぼうろさんへ

まぁるぼうろさん ありがとうございます。
体はよれよれでも お顔はいつまでも幼さが残るじい様でした。
トラ助が赤ちゃんのとき 目から大量の目やにが出て
失明しちゃうのかととても心配したものでした・・・・・
ところがどっこい 目が開いちゃうと おめめぱっちり♪
最初に見たのは お姉ちゃんか私でしたねー(笑)
あぁ~~ なつかしい。

トラ助は元気になって走り回っていますよね!
嬉しくって遠くまでいってしまわないかなー
楽しくて私たちの事忘れちゃうかなー
怒るぞ~~ トラ助!(笑)

マメママさんへ

マメママさん 悲しませてしまってごめんなさい。
でもトラ助は長く具合が悪かったので
今頃は体が楽になって飛び回っているはずです。
私たちの事を忘れちゃうくらい元気になっているかもしれません。
最期のお顔はとても可愛い顔でした。
マメママさん ありがとうございました。

よもぎ猫さんへ

よもぎ猫さん ありがとうございます。
カメラが嫌いだったトラ助 ときどきはカメラ目線にしてくれたのは
私を見ていたからなんでしょうか?
写す方は 慌てている為に
トラ助が何を思っているかなんて考えていませんでした・・・・
ブログにアップして 大きな瞳の中に私を見つけるというのが多かったようです。
フラッシュをたかなかったので くりくりのお目めが大半でした。

いつも側にトラ助がいるわけではなかったですが
どこを探しても姿が見えないというのは
本当に淋しいものですね・・・・

山彦さんへ

山彦さん ありがとうございます。
あの夜もずっと側にいました。
トラ助は男らしく カッコ良く虹の橋を渡ったと思います。
わたしは「よく頑張ったね」とたくさん頭を撫でてあげました。
神様はイジワルですね。
もう少し楽に虹の橋を渡らせてやりたかったです。

hagikatuさんへ

hagikatuさん ありがとうございました。
トラ助はもう次のネコ生を歩んでいるのでしょうか?
あれから夢にも出てきてくれません。
あれこれと急がしいのでしょうかね。
元気で過ごしているようならば
それで良しとしなければイケマセンね。
でも・・・・さみしー!(笑)

なおきちどんさんへ

なおきちどんさん ありがとうございます。
トラ助はお爺さんになってから性格がだいぶん柔らかくなったので
介護はラクチンでした。
むしろ(病気でなかったら)私は楽しかったです。
私に汚れたお尻を拭かれてふてくされている顔は
とっても可愛かったですよ~
私はトラ助のイヤな事は何もしないでおこうと決心していましたが
それが良かったかどうかはわかりません。
でも,トラ助はそれを喜んでいたと信じたいです。
虹の橋の向こうには なおきちどん家のネコさんもたくさんいらっしゃるとか
みなさ~~ん! 新参者のトラ助をよろしくお願いしますねー
もしかして自分はネコだと思っていないかもしれないので
本当によろしくおねがいしま~~す!

まりまおさんへ

まりまおさん ありがとうございます。
私はまりちゃんの闘病記録をずっと読ませて頂いていました。
そして,私も頑張れるだろうかと不安でしたが
まりまおさんから勇気をもらった一人です。
トラ助の最期を看取って とても辛かったのですが
トラ助を最期まで看取れてよかったと思っています。
私こそごめんなさい・・・重なっちゃいますよね。
少し先輩のまりちゃん トラ助をよろしくお願いしますね。
トラ助も 動物病院の先生から
よく頑張ったね って言ってもらえました。



薄雪草さんへ

薄雪草さ~ん
今だにめそめそしてま~~す
やっぱり時間がかかりますね。
もう一度 トラ助を抱っこしたかったです。

つんきんかあちゃんさんへ

つんきんかあちゃんさん ありがとうございます。
トラ助が本当に強い子でした。
高齢になってから何度も体調を崩しましたが
そのたんびにしっかりと復活してくれ
私たちを安心させて そして幸せにしてくれました。
いなくなって存在の大きさがわかります。

りゅうちゃん・・・・つんきんかあちゃんさんも
虹の橋を渡ってしまったネコさんの存在があったのですね。
トラ助は虹の橋を渡ったとたん たくさんのお友達がいてびっくりしているのではないでしょうか?
ネコの自覚が少ないトラ助 どんな顔をしているのか見てみたいです(笑)

お役に立てないなんて とんでもない!
私のぐだぐだのブログを読みにきてくださるだけで嬉しいです。
ブログはある意味 心の支えでした。
読んでくださる方がいらっしゃるから
心が折れそうになっても何とか自分を保てました。
ありがとうございました。

メルべーユ森さんへ

メルビーユ森さん ありがとうございます。
文鳥やリスや金魚などいろいろなペットがいましたが
トラ助は一番長生きで 17年もいっしょにいてくれました。
もう 家にいて当たり前の存在でした。
最期まで看取れてよかったです。

DEPARTURE・・・・そうですね
もしかしたら・・・・
トラ助はもうどこかで新しいネコ生を生きているかもしれません。
出来るなら 同じ姿でまた私たちの目の前に現れて欲しいです。

さくらねこさんへ

さくらねこさん ありがとうございます。
はじめの記事も読んでくださってありがとうございます。
そうです♪ トラ助は金沢大学で拾ってきました。
カラスにつつかれそうだったそうです(拾ったのは娘と旦那です)
ほんの小さい時の写真がほとんどありません・・・・
まともに毛が生えていなくてポソポソの赤ちゃんでした。
ミルクを上手に飲んだので 生きることが出来たにゃんこです。
考えてみれば・・・・17年もいっしょに暮らせたなんて感謝状ものですよね。
悲しむのじゃなく 感謝しなければ。

トラ助の遺影はいい写真を選べたと思っています。
甘える事が少なかったトラ助らしい「オレ様」っぽい感じが出ています。

トラ助は虹の橋の向こうで お友達と楽しく過せているでしょうか。
しましま模様のねこさん トラ助をよろしくお願いしますね!

ラクーンさんへ

ラクーンさん ありがとうございます。
体調を崩してから急に歩けなくなったトラ助
トラ助自身 悔しかったにちがありません。

>子供の頃に飼っていた猫が歳を取った時、私も家族ももっと何かして上げられたのでは、と思うようになりました。
私もたいした事はしていないのです。
トラ助はもう高齢だったので 必要以上の治療は 辛さを長引かせるかもしれないし
いろいろな検査はトラ助にとって負担が大きいと判断して止めたのです。
もし,いちかばちかで検査や入院をしていたら 今頃は元気になっていたかもしれません。
トラ助は最期のとき以外は とてもゆったりと過しました。
毎日話しかけながらお水を飲ませたりマッサージしたり シーツを変えたりして
トラ助の世話は結構楽しかったです。
トラ助は自尊心が傷ついてイヤだったかもしれませんが(笑う)

チームとらは寂しい解散となりました。
娘1も東京に舞い戻りました。
本当に寂しくなりました。

 

akimさんへ

akimさん ありがとうございます。
何度か もしかして18歳のお誕生日を迎えられるんでは♪
と期待出来た時がありましたが やはり体調はどんどん下降線をたどっていきました。
6月の終わり頃は もう覚悟をしていました。

トラ助は虹の橋を渡って いろいろできちゃう事が嬉しいでしょうねー
大好きだった焼き魚を持たせましたが独り占めして食べたかもしれません(笑)
高い所も簡単にジャンプなんかできたりして あちこちほいほいと飛び回っているかも
そんな想像をすると楽しいですね。
そろそろ 夢に出てきてくれないかなー トラ助~~!

トラ助と過した50日間ですっかりやつれました,顔だけが(笑)

みっしーさんへ

みっしーさん ありがとうございます。
トラ助がいなくなった寂しさが
日ごとに小さくなるかと思ったら
日ごとに大きくなってきているような気がします。
それが普通なのでしょうか・・・・

>とらちゃんのことずっと忘れませんからね。
ありがとうございます。 うれしいです。

huwari huwariさんへ

huwari huwariさん ありがとうございます
いまになって思うと トラ助と過せた17年はすばらしいものでした。
そしてブログをやっていて本当によかったと思っています。
トラ助の記録をたくさん残せたし
何より皆さんにトラ助の事を知ってもらえたからです。
本当にありがとうございました。

陸花の母さんへ

陸花の母さん ありがとうございます。
>向こうでは足のむくみもとれて元気に走り回ってるね
そうですね! あんなに大きな足ではジャンプはおろか歩くのも大変です。
でもあの足はぷよぷよしていて 触り心地は良かったんです。
虹の橋を渡っていってしまった後でも ずっと柔らかでした。

虹の橋を渡る15時間前まで トラ助は自分でおトイレに行っていました。
最後に粗相をするのがイヤだったのかもしれませんね。
トラ助にはわかっていたのかな・・・・?

体の疲れはすっかり良くなりました、ありがとうございます。
でもぽかんと大きな穴・・・・・何だか穴が大きくなってきています。
困りました~~~ 
何か一生懸命になれるものをみつけないといけませんね!

yoyoさんへ

yoyoさん ありがとうございます
トラ助の事を読んでいて下さったのですね 嬉しいです。
17歳という高齢の為 いつかはこんな日がくると覚悟していました。
50日間 ずっと側にいられてよかったです。
悔いがない様に・・・と考えていましたが それは不可能な事ですね。

トラ助は体が軽くなって飛び回っているかと思うと少し嬉しくなります。
今頃はどこにいるのでしょうね?

まやさんへ

まやさん ありがとうございます。
近江町のお魚の記事でしたねー
またコメントを入れてくださってありがとうございます。
トラ助を応援してくださってありがとうございました。
体力、気力ともちょっとぎりぎり状態でしたが
トラ助の方がもっとしんどいのだと思うと かわいそうで仕方ありませんでした。
でも,皆が通る道ですね 悲しんでばかりいるのはダメですね。
体が楽になって飛び回っていると考えなくてはね!

トラ助は 家族の間ではネコらしくないネコ
という存在でした。
私たちが話している内容のだいたいをわかっているふうでした。
17年も一緒に暮らしていると 人間の言葉を理解していても
おかしくはないかもしれませんよね。

ぷっくん 802さんへ

はじめまして ぷっくん 802さん
そしてコメントをありがとうございます。
トラ助は糖尿病になって2年と10ヶ月でした。
本当はまだまだ元気でいられたかもしれないのに 残念でたまりません。
バリ君はインシュリンの注射はされていますか?
注射は慣れるまでは大変ですけど
慣れてしまったらどうってことはなかったですね。
はじめの頃 きゃぁきゃぁ言っていたのがちょっと恥ずかしいです。
まぁ今頃トラ助は 注射もお薬もなくなって
せいせいしているに違いありません(笑)

sakumiさんへ

sakumiさん ありがとうございます。
遅いなんてとんでもない!
花子さんはトラ助以上に元気で過ごして欲しいです。
忠太郎ちゃん達もいつまでも元気で そして楽しく暮らせますように!

生まれ変わって来てくれるでしょうか??
もう女装はイヤだって言っているかも(笑)

ぱんとらさんへ

ぱんとらさん ありがとうございます。
大往生と言ってくださりうれしいです。
でも,もう少しラクチンに虹の橋を渡らせたかったです。
私とべったり過した50日間 トラ助はどう思っているのでしょう。
終わりの方は深く深く眠っている時間が多かったです。
眠っている姿はとても楽そうで 見ていて私も心が穏やかでいられました。
最期の門・・・・・・それを超えるのは大変そうでした。
手伝う事もできない私は 側にいて小さな声で
がんばれ そう言うのがやっとでした。
超えた後は とても満足したのか可愛い顔に戻っていきました。
この出来事はいつか皆さんにお話してみようと思います。
皆さんはどう感じておられたのか知りたいです。

sallyさんへ

sallyさん ありがとうございます。
ついにトラ助は虹の橋を渡っていってしまいました。
トラ助は長く辛い状態が続いていたので
正直 私はホッとしている所もあります。
もう辛い事も 頑張ってトイレに行く事も いやいやお薬を飲む事もないのだよ,トラ助・・・

頑張るネコさんの姿は愛おしいですね。
お優しいsallyさんもお疲れさまでした。
どんな病気であれ もっと優しく虹の橋を渡れたら・・・・そう思います。
皆さんそれぞれ いろいろと経験をしていらっしゃいますね。
その経験を教えて頂くとすごく参考になると思います。
もし私はそのようなお話を知らなかったら
心が折れていたかもしれませんね。
図太い神経の持ち主ですが 弱虫の私です。

葉っぱさんへ

葉っぱさん ありがとうございます。
トラ助は虹の橋を渡っていませんか?
橋のふもとで道草をしているのでしょうか?
ははぁ~~ん、 たくさんのお花の1つ1つを味見しているのかもしれませんねー
よぉ~~し トラ助♪ 橋の所で待っていらっしゃいね~
私がそこに行ったら 抱っこしてあげるから いっしょに渡ろうね~
えっ!? 抱っこはキライだから止めてくれって??
う~~ん、残念!!

ずいぶん先輩のちゃこちゃ~ん 今頃はどこら辺にいてますか?
トラ助はお花一杯の所でうろうろしているようですから
お暇ならつき合ってやってくださいませねー

葉っぱさんも 寂しさから上手に立ち直ってこられたのですよね。
私も寂しさを忘れられるくらいの何かを見つけて頑張りますぞ~~
葉っぱさん ありがとう~~

あやさんへ

あやさん ありがとうございます。
私もトラ助のくりくりお目めが見られなくなって寂しいです。
いつも私を見る目はくりくりお目目立ったのです。
カメラを向けると 不機嫌なお目めになりますけど(笑)

トラ助は病院が大嫌いな そして暴れまくるネコでした。
晩年は穏やかに過させようと決心して
病院に通う事を止めましたが それで良かったのかどうかは
トラ助に聞いてみないとわかりませんね。
でもトラ助は本当にゆったりと私と過しました。
不安で一杯でもありましたが いい時間を過ごしたと思います。
トラ助もそう思ってくれているといいな・・・

rai*chiさんへ

rai*chiさん ありがとうございます。
いい写真を選んだなって思っています。
毎朝・・・・いえ 1日何度も写真を撫でています。
トラ助を撫でていた感触が蘇ります・・・・・

大往生・・・・そうかもしれませんね。
糖尿病を患いながらも 17年歳まで生きられたのですからねー
贅沢を言っちゃぁイケマセン。
どちらかというと トラ助よりも私達の方が幸せだったのです。
私達はトラ助にいろいろ「やらせ」 ・・・女装とかね
をして楽しんでいました。 トラ助はじっと我慢です。
オレ様の性格なんですけど  私達が「かわいい~♪ かわいい~!」というので我慢をしてくれていました。
トラ助は私達の気持ちをくんでくれていたんですね。
トラ助がいなくなった「穴」は大きくなっていくような気がします。

たんぽぽさんへ

たんぽぽさん ありがとうございます。
そしてコメントをありがとうございます。
トラ助はとうとう逝ってしまいました。
でも,もう苦しまないでいいのだから良かったのだと思います。

たった3年で天国に召されたちょうすけちゃん
たんぽぽさんの心の痛みをお察しいたします。
来世では楽しく暮らしている・・・そう信じたいですね。
トラ助も仲間入りさせて頂きます。
たんぽぽさん トラ助を可愛がってくださって本当にありがとうございました。

にゃろままさんへ

にゃろままさん ありがとうございます。
トラ助は夜明け前に逝ってしまいました。
その日は夕方まで何をしていたか記憶がありません。
きっとトラ助の前で無意識に座っていたのだと思います。
可愛いお爺さんにゃんこでした。

年老いてからいろいろできなくなった事が多かったのですが
「おしっこ」だけは最期まで頑張っていたので皆で感心していました。
「オレ様ネコ」の誇りだったのでしょうか?

トラ助はもう何でもできちゃうスーパーニャンコになりました。
ありがとうございました。

ちこ太郎さんへ

ちこ太郎さん お忙しいのにありがとうございました。
にゃんこを飼えばどうしても避けられない別れ
私は初めて体験しました。
トラ助を苦しませる治療はやらない事に決めていましたから
覚悟はしていたのです。
ちこ太郎さんのにゃんこさん達も苦しみはあったでしょうが
「門」をくぐり抜けた後はいいお顔だったはずです。
トラ助もいいお顔をしていました。
満足したような・・・・安心したような
いま,新たなネコ生を受けて びっくりしたり 楽しんだりしているのかもしれませんよ。
かすみちゃん、金ちゃん、ジャムオ君 
トラ助をよろしくね~~!

トラ助ちゃん

足袋ネコさん、お久しぶりです。
多忙をきわめて、ついに、自分のブログは放置状態、皆様のブログをこっそりのぞいては、癒されておりました。

しばらくご無沙汰しておりましたので、何気なくお邪魔して、知りました。あまりの事に、本当にびっくりして思わず号泣してしまいました。
なぜなら、以前お約束していたように、娘の成人式の着物を頼むために、いつ、おじゃましようか、いつ、トラ助君に会いに行こうか、なんて勝手に思っていたからです。ブログがご縁でこんな事をお願い出来るなんて幸せ者だと思っておりました。
とてもとても残念です。ですが、トラ助くんが結んでくれたご縁だと思いますので、必ずお約束を果たさせていただきたいと思っております。

足袋ネコさん、チームトラ助の皆様、お力落としと思いますが、どうか、かわいいトラ助ちゃんのために、一日も早く元気になられてください。
遠い空から心よりご冥福をお祈りします。

ベルリンさんへ

ベルリンさん こんばんは。
そしてごめんなさいね,びっくりさせて。
私も4月までは トラ助の18歳の誕生日は何を企画しようかな~
なんて考えていたのですけど
トラ助は虹の橋を渡っていってしまいました。
でも年齢に負けないくらい頑張ってくれたえらいトラ助でした。

娘さんの成人式、楽しみですね~
我家は2人とも終わってしまったので
目指すは・・・・ゴ~ルイン・・・・ですけどね・・・・ふぅ~~
娘をもらってくれる人が現れるのかしら・・・心配。
着物の事は「お約束」という固い事は思わないでくださいね。
我家の着物でお気に召すものがあったら嬉しいです。
なかったら・・・ごめんなさい! です(汗)

我家はすっかり平常に戻っていますが
やはりそこら辺をうろちょろしていた存在がいない
というのは淋しいです。
でも時間が解決するはずですね。
ベルリンさん ありがとうございました。


7月に入ってから、しばらくごぶさた致しておりました。
先週、久しぶりにこちらをのぞいて、呆然としてしまいました・・・。

ちこ太郎さんも書いておられますが、自分も
「どんな言葉を掛けたらいいのだろう」
と悩みました。
こんなつまらない言葉しかおかけできなくで、
申し訳ありませんが・・・

早くショックから立ち直ってくださいネ。
そして、また楽しい話題を提供してください。

cimaさんへ

cimaさん ありがとうございます。
つまらない言葉なんてないと思いますよ。
心のこもった言葉は表面はどうであれ
心にちゃんとしみてくるものだと思っています。
年をとるにつれ可愛らしくなっていったトラ助の存在は大きかったです。
ああすればよかった,こうやっていればもっと喜んだかも・・・・
などと もうどうでもいい事ばかりを考えて時間が過ぎていっています。
でも,もうそろそろ前向きにいかないと!
私も人生の半分はとっくに過ぎているので
どうせなら楽しく を目指そう~
そう考えています。
お時間がありましたらまたのぞいてみてくださいね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/406-0fb27bff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとうございました その2 «  | BLOG TOP |  » 眠りの森の赤ちゃん爺さん

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する