topimage

2017-09

「山の郵便配達人」を読む その2 - 2010.02.05 Fri

皆様こんばんは、足袋ネコです。
前回の続きをちょっと・・・・
「山の郵便配達人」を読んだ時、
私は皆さんとちょっと違う所にじぃ~んときているのだと思います。

それは、山の郵便配達人が 
仕事を引退するべき時を知った時の心の葛藤の部分です。
足や体を悪くしてしまって
もう仕事が続けられないと頭ではわかっていても
自分はまだ仕事ができるじゃないか
まだ自分を必要としている人がたくさんいるはずだ と思う配達人。

仕事に誇りを持ち 辛い事も何もかもを乗り越えて来たきた人に
体の衰えは残酷にもやってきたのです。



130205no1.jpg
オイラも椅子に上がれなくなった時はショックだったなぁ~



職人として生きてきた足袋ネコ
自分はいったいいつまで仕事をできる能力を保てるのだろう・・・
自分もいつか必ず 筆を置かなければならない日がやって来る
それはまだまだ先の事だけれど。




好きな友禅の仕事を続けていられる事に幸せを感じる足袋ネコです。
映画を観たらきっとまた違った印象を持つだろうな。
早くDVDを観たいけど 何年もビデオショップで借りていないなぁ~
まずはレンタルカードを作りなおさなくっちゃ♪



明日は ネコさんの帯を作る♪ の記事で~~す。










● COMMENT ●

こんにちわ♪
私もまた最近本を読み始めました。
足袋ネコさんの記事を読んで、
是非この本を読んでみたいと思いました!
ちなみにレンタルビデオショップも同じ!
映画も見たい気持ちが疼き・・・カードから作らなくっちゃ(^^

数年前に仕事が途切れたのが、現実的には現役を退く時でした。
自分の実力・体力&商品価値を客観的に判断すると、
この機会にと、裏方さんに回る事を決めたんです。
(といっても、大げさな決心じゃ、ないのよ~)
若い頃、油が乗ってバリバリの頃、そして今と・・・
同じ作品に触れても感じ方が変わってきますよね。
足袋ネコさん、好きで続けられてる!って思えることは、
まさに現役バリバリ!って、ことですね。
そう思える限りず~~~~~っと、頑張って下さいね!
あら・・つい、、長文、失礼しました(><)

好きな仕事をずっと続けられる足袋ネコさんは
幸せだなぁと、羨ましいです。
私は家の仕事をしなければならなかったので、
自分の好きな仕事の方へは進めませんでした。
やっぱり物を作る仕事だったのですが、
母も歳を重ね止めることを決めました。

足袋ネコさん、頑張ってね!

パートのあたしでさえ
こんな重いのいつまで持てるんだろ・・
と思うのだから
職人さんである足袋ネコさんは
お仕事のことをより考えられるのでしょうね。

↑の帯、とても素敵です。
まだまだこれからも素敵なものを
いっぱい作っていってほしいなあって思います。

先日は、ないろに声を掛けてくださって
ありがとうございました。
寅さんみたく時々顔見せてくれるといいな♪

猫ねこりんさんへ

猫ねこりんさん、こんにちは~
活字離れ、活字離れと言われているうちに
私も活字離れをしていた事をおおいに反省し
ちょっとずつでも と読んでおります。
でも集中力が極端になくなっているので
1時間が限度どすねー(老眼の影響か!?)
この物語はすぐに読めちゃうのでいいですよ~

> 数年前に仕事が途切れたのが、現実的には現役を退く時でした。
私ねー この言葉が一番胸に迫ってくるの。
自分で決めた時の気持ちを想像するとね 何も言えなくなっちゃう。
私はまだ好きだからしがみ付いているんです。
時代はどんどん残酷なほど変化していきますよね
その変化に付いていけなくても
自分を少しずつ順応させながら 続けていきたいですね、猫ねこりんさん!


茶々にゃんさんへ

> 好きな仕事をずっと続けられる足袋ネコさんは
> 幸せだなぁと、羨ましいです。
私は恵まれていると思っています。
大半の人は何かを諦めて今の仕事を続けていらっしゃるのでしょうね。
実は私,この仕事をする前はデザイン事務所にいたんですよ~
すぐに体がおかしくなってヤメましたけど(笑)
友禅をやっていなかったら・・・・公務員になっていたかもしれません。
何かを諦める というのはとても切ない事です。
まわりの事なんか気にしないで我が道をいける人は
犠牲にするものは大きいかもしれませんが
幸せな人間です。
これ、私の事です。
頑張らなくてはバチが当たります。

きょーこさんへ

> パートのあたしでさえ
> こんな重いのいつまで持てるんだろ・・
うんうん! 体力はどんどん無くなっていきますもんねー
ちょっとやるともうすぐに腰にきちゃいます。
私は「目」が不安です。
だんだんと細かいものが見えなくなってきて 作業が困難な時があるのです。
知らないうちに作業が雑になってくるのじゃなかろうかと不安になる時があります。

> ↑の帯、とても素敵です。
ありがとうございます。 これからも頑張っていきたいと思うちょります!

ないろ君、1週間程滞在していましたか。
トラ助も結構視界の端っこにいた時がありました。
だんだんと薄れていきましたけどね。
これが自然 なのですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/485-8c94f281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

猫さんの帯をつくる «  | BLOG TOP |  » 「山の郵便配達」を読む。

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する