topimage

2017-04

黒留袖のご紹介、最後です。 - 2011.08.28 Sun

140824no8.jpg
皆様こんばんは、またまたオイラです。
オイラはねーー 別にお利口さんで待ってたわけじゃあないんよ。
ただ ヒマだったわけ。
どんなに鳴いても時間こないとご飯がもらえなかったから
無駄に鳴かなかったワケよ。
男は黙って○○○ なのよ。
この記事でも読んでみる?→「男は背中でものを言う」


さぁ~て これから前回の続きといきますか。




140828no4.jpg
染め屋さんから反物が戻ってきました。
テレビでよく「友禅流し」って川の中で反物を
水に泳がせているのを見た事があると思うけど
あれは観光用。
今は川の水の汚濁につながるので 
ほとんどは工場の中で糊落としの作業になる「友禅流し」をします。


黒が入った模様をちょこっとご紹介いたしましょう。
ちょこっとだけね。



140816no50.jpg
生地が全部つながっているので 全部を広げる事ができないの、ごめんちょ。




140825no1.jpg
兼六園の特徴の一つ 「雪つり」。
ご注文されたお客さんは この雪つりが気に入ったからだよ。
放射状に広がる雪つりの縄の線が様々な色の「松」にまとまりをつくります。



140816no48.jpg
裾の方に広がる白いシャクナゲの花の部分
最後の仕上げに 梅やしゃくなげの「しべ」(おしべ)「にほい」(めしべ)を描きこみます。



140816no49.jpg
ご希望だった「ことじ灯籠」もはいってます。






140816no51.jpg
反物に白い丸がありますよ。
ここはね,家紋が入るの。
黒留袖は一番格式の高い着物だから 5つの紋を入れますよ。
これから 紋入れ屋さんにGO~






紋入れが終わったら今度は仕立てですよ。
140928no3.jpg
「胴裏」という物と「比翼」という物を使います。
仕立てが終わると ものすごーーーーく重い留袖のできあがりで~~っす。





140824no7.jpg
ふぅ~ 長かったでしょ。
皆さん 長い長いながぁ~い黒留袖のご紹介を読んで下さってありがとうございました。

長いついでに・・・・・おかあちゃんの留袖でも登場させちゃおうかな~



140828no1.jpg
こんな柄だよ。
おかあちゃんがいた工房は お嫁さんになる時
自分で染めた黒留袖を持って嫁ぐ決まりになっていたんよね。




140828no2.jpg
ん十年前、自分の留袖を彩色しているところ
おかあちゃん・・・・ 若い。









立派な着物を持ってお嫁入りしたのに
全然出番がない(だ~れも結婚しない) 可哀想な黒留袖で~す。





とら助~~ 嫁さんでももらえ~!!!
天国にいい子いないんか~~?
おかあちゃん、喜んで留袖着るぞ!!

● COMMENT ●

なるほど~。黒が染め上がると、
確かに雰囲気締まって、絵柄がますます華やかに映えますね。
着物にまったく明るくないんでわかんないだけど、
これだけ手間がかかるだけあって美しい手描き加賀友禅、
お値段もかなり張るんでしょうねぇ。(^艸^)
そして、足袋ネコさんの黒留め袖!すばらしい!めっちゃキレイ!!
艶やかだわ~。なのにまだ出番がないってか。(^▽^;)
とら助くん、おかあちゃんのために、
虹の橋で"とりあえず"結婚ごっこでもしてあげてー。(*´∀`)

私らより、ノリがお婿さんをもらうほうが早そうね
おっほっほ!

美しいですね~。
白地のときは模様が重めに感じて、渋めのものかと思いましたが、黒が入るとこんなに色彩の透明感が増すのですね。さっすがプロのお仕事! 
兼六園の意匠というと60,70代でないと着こなせないようなイメージもありましたが、こういうきれいな色なら40代でも、30代でも似合いそう♪

足袋ネコさんの留め袖もまた素晴らしい! 何という意匠ですか。熨斗目模様のような、ペイズリーのような。若い頃のお作だけに模様がすごーく細かい?(^^;) こちらの目もアレなんでズームアップして見せていただきたいなぁ。
結婚式がなければご自分の銀婚式(は過ぎちゃった?)とか真珠婚式とかを身内でお祝いして着ちゃったらどうですか。記念撮影もしてね!

ぱんとらさんへ

ぱんとらさん こんにちは~
朝晩涼しいのに日中蒸し暑いと文句を垂れてる我がままオバハンでございます。
う~~~ あづい。
こんな重い着物を眺めているとなお一層暑く感じます。
いえ、着物を作っている立場としては禁句なんですけど おほほ~
> なるほど~。黒が染め上がると、
> 確かに雰囲気締まって、絵柄がますます華やかに映えますね。
黒留袖はめでたい時に着るものなので
暗い雰囲気になるのはいけないんです。
そうです、「華」がないとね~ 
お値段は 留袖を何度かレンタルするのと
買うのとどっちが安い? みたいな判断になるのですが
このご注文の方は結婚式が続く・・・という事で
「新しく作る」という判断をされたようです。
お値段は「京友禅」より高いで~っす。すんません。

> そして、足袋ネコさんの黒留め袖!すばらしい!めっちゃキレイ!!
ありがとございます~~♪ 可哀想に出番が一度だけ。
それも娘の稚児さん行列 ときたもんだ。
これからも着られるんだろうか・・・この着物、はぁぁぁぁ~~~

> 虹の橋で"とりあえず"結婚ごっこでもしてあげてー。(*´∀`)
結婚ごっこか~~ うんうん
とら助がレースのベールをかぶったような写真があったわ♪
って事は 花婿さんを見つけなきゃいかんって事??

姉1へ

姉1よ こんちは。
足の方はいかがかな?
> 私らより、ノリがお婿さんをもらうほうが早そうね
こら~~~~ 何言ってるの~~
もう着る機会がないのなら 仕立てなおしてあんたに上げるわ。
なぬ? いらんてか!? こら~~~~!!!
ふんとにもう! 今の若いもんは!!

MMMinMcityさんへ

MMMinMcityさん こんにちは~
> 美しいですね~。
ありがとうございます。
この着物を注文なさった方は40代の方で
これから甥、姪の結婚式が続くという事です。
いや~~めでたいめでたい♪ あと20年くらいは着られそうであります。

> 足袋ネコさんの留め袖もまた素晴らしい! 何という意匠ですか。
こは熨斗柄でございますよ。私はまだ自分で図案を起こす力がなかったので
先生の図案を借りて制作した物です。
なので落款は「博」になっています。
模様の細かさはさほどではありません。
細かく見えますか? 
仕事を終えてから自分の着物の制作にかかっていたので
彩色が終わるまで随分時間がかかりました・・・・思い出す~~
> 結婚式がなければご自分の銀婚式(は過ぎちゃった?)とか真珠婚式とかを身内でお祝いして着ちゃったらどうですか。記念撮影もしてね!
銀婚式は過ぎちゃいましたが・・・おぉ!真珠婚式というのもあるんですか・・・
え~~っと・・・ほぅ!ぴったり感がありますね。
あら~~~ もうこんなに年数が経っちゃって。
あれから40年! という台詞を聞く事がありますが
あれから30年! おバカ結婚式をやってからもう30年!
よく続いたものだ~~~

ため息ですわ・・・

足袋ネコさん、こんばんは♪
あまりの美しさと格調の高さにためいきばかり出て来ますわ。
この黒留め袖を着る方は幸せな方ですねぇ。
これだけのもの、生涯にひとつのお品です。
甥御さんの結婚式に?
これを着てたら、わたしだったら、自分が主役のような勘違いをしそう(笑)
「雪つり」って、足袋ネコさんのブログで知ったのです。
情緒がありますねぇ。この絵柄が。
シャクナゲ部分のなんとも言えないぼかしが本当に素敵。
足袋ネコさん、達成感があるお仕事でしたね!!!

若かりし頃の黒留め袖、コチラもとっても華麗です。
見たことのある意匠だなぁと考えていて思い出しました。
これ、子供たちの初節句に着せたのと同じです。
いつの日か、突然着る日が訪れるような気がしますよ。

とらちゃんの「ご飯まだか」の過去記事、ウケました(^^;)

黒に染めあがると、鮮やかさの中にも重みがありますね。
全然雰囲気が変る。
この出来上がりを考えて絵付けをするのですね。
やっぱり凄い!!!
雪釣りいいですね。  この灯篭、見た事ありますよ。
縫い上がるともっとステキになるんだろうな。
ほんとにねじっこさんが仰ってるように、
これを着ると自分が主役と絶対思うだろう私です。

足袋ネコさんの黒留もすっごいステキ!!!
良いですね~ 私の好きな柄です。
足袋ネコさんが着られた所を見たいですよ。
きっと着られる日がきますよ。

ねじっこさんへ

ねじっこさん こんばんは~
台風のせいか蒸し暑いですが まだ風も雨もひどくありません。

> あまりの美しさと格調の高さにためいきばかり出て来ますわ。
お褒めのお言葉うれしゅうございます。
注文された方が気に入って下さるともっとうれすい・・・
何度も着る機会があるとの事、さすが金沢ですねぇ~
こちらではかなりの確率で 留袖は加賀友禅です。
なので、結婚式に遭遇すると思わず目が着物の方にいってしまいますねー
花嫁、花婿さんはスルーです(笑)

> 「雪つり」って、足袋ネコさんのブログで知ったのです。
おぉ! そうでしたっけ!?
じゃぁじゃぁ・・・ 今年は兼六園の雪つり作業のレポートを
頑張ってみようかしら・・・・あぁ~、忘れちゃいそうだ
まだまだ先の11月1日なんですよね~~
兼六園は本当に美しいお庭なんですが
残念な事にその美しさがまだまだ表現出来ていません。
修行がたりませんな。
でも,終わった時は充実感がございます、うふふ。

> これ、子供たちの初節句に着せたのと同じです。
こののし柄はお目出度い模様なのでけっこうポピュラーな感じですね。
でも私はこの時、初めて目にした柄だったので選びました。
頑張れば(?) 今でも着られるかも・・・・
無理かなー アラフィフには

> とらちゃんの「ご飯まだか」の過去記事、ウケました(^^;)
とら助、いつもこんなふうにして待ってたんです。
可愛かったんですよ~~

茶々にゃんさんへ

茶々にゃんさん こんばんは~
明日あたり台風の直撃を受けそうでコワいよ~~
> 黒に染めあがると、鮮やかさの中にも重みがありますね。
黒色が入ると色が変わって見えるので
必ずそこを計算して色作りをするんですが
判断して塗ったものの 作業の終わり頃になって
やっぱり薄かった って事が多いんです。ダメだわ~~

> 縫い上がるともっとステキになるんだろうな。
本日、仕立て上がってきました。
重い。 本当に重い。絹の縮緬ってなんて重いのかしら~~
黒という染料も重いので なおさらそう感じるんです。
> ほんとにねじっこさんが仰ってるように、
> これを着ると自分が主役と絶対思うだろう私です。
金沢の結婚式は加賀友禅が多いので
ちと主役はキビシイかなー(笑)
> 足袋ネコさんの黒留もすっごいステキ!!!
> 良いですね~ 私の好きな柄です。
あら! そうなんですか♪ あまり深くは考えずに選んだんです。
いつも仕事でお花ばかり描いていたので
違うものにしたかったんでしょうねー
(↑ぜんぜん覚えていない 汗)

> きっと着られる日がきますよ。
来なきゃ困るんですが・・・・いつかなぁぁ・・・・


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/628-5d27eb4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Vの字 «  | BLOG TOP |  » なぜかオイラが出番です。

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する