topimage

2017-09

下絵のお話 - 2013.04.25 Thu

みなさまこんにちは 足袋ネコです。

今日は私のお仕事の話でございます。
皆様 お付き合いくださいませね♪


以前 手描友禅の下絵は反物を着物の形に縫ってから描く

ってご説明しておりました。


なんのこっちゃ?  って思われている方がいらっしゃるかもしれませんので


画像でご説明をば・・・・・・




160422no1.jpg
これは 私がデザインをした着物の下絵を描いておる所です。

私が パソコンの引っ付き虫 になって完成させたデザイン画が写っておりまするが

このデザイン画は この後、私の思い描いているイメージを掴んでもらうために
反物と一緒に「糸目糊やさん」、「染め屋さん」にも回っていきますもんで
わりと丁寧に描いておりますの。




さて 下絵どす

160422no2.jpg

青花の色が美しいでしょ〜
加賀友禅の工房に弟子入りした時
毎日毎日筆で線を描いておりました、筆に慣れるまで。

今まではお習字の筆しか持った事がなかったし
ずぅぅぅ〜〜と正座の姿勢のままなので
いや、ホント 苦行 でございます。


仕事の休み時間は気晴らしにバトミントンなんかで遊んだんですよ
でも、右腕でラケットを持っていたので
仕事に戻って筆を握ろうにも これまた腕の震えが止まらず
2〜3時間は仕事になりませんでした〜
仕方なく(?) 休み時間は読書に。



決まってますがな〜〜〜  マンガですよ、マンガ。

それも「ベルサイユのバラ」  

アンドレ〜〜 オスカル〜〜 ってなもんで

他の子より数年遅れて ワタシの中で ベルバラブーム 





あっ  話がずれました。




もとい。






160422no3.jpg

下絵が完成致しました。
ねっ? 着物の形に縫ってあるでしょ?



えっ?下絵が見えませんか?

では ズームズーム




160422no4.jpg



う〜〜ん まだよく見えないかなぁ〜〜




160422no5.jpg
この部分は 着物を着た時、真っ正面に見える部分 「おく身」







160422no6.jpg

今度は 縫ってある部分をほどいて 合い口(縫い目の合わさった所)を描くのであります。








160422no7.jpg
この段階になると 緊張の糸が切れてしまうのか 線がボケてくるんですわ・・・・
気を引き締めつつ 進めていきます。


これが終わったらあのお菓子を食べようとか
キンキンに冷やしたビールを飲もう なんて事で頭がいっぱい えへへっ





160422no9.jpg
描き終わった〜〜〜!




160422no8.jpg
水色の部分が描き足したとろデス




加賀友禅って ほ〜〜んと メンドクサイ。
几帳面な人間でしか勤まりませんのよ〜






友禅作家には A型 の人間が多い。
        
        ・
        ・
        ・
        ・
        ・




ウソで〜す




● COMMENT ●

おお~!!!

足袋ネコさん、久々のお仕事記事、とっても嬉しいです!
以前何かのドラマで(タイトル全然覚えてない・笑)
主人公が加賀友禅の職人さんだったのですが、
来る日も来る日も正座して筆を持って、下絵描きの練習のようなことを
やらされてまして。しかもその期間が、長~~~~いの。
修行期間中に、ずいぶん成長してましたもの。
ああ、こりゃ大変だわ。やっぱり見ているだけにしようって思いましたね。

これって、画用紙の写生みたいに鉛筆で下書きってしないんですよね(爆)
消しゴムで消してばかりいたワタシには、遠い世界です。
アオバナの色が美しいですね。
下絵に描かれたような作品が完成するまでの時間を思ってめまいがします。
どこのどなたが、こんな素敵な作品に袖を通すのでしょう?
足袋ネコさん、かっこいいわ!!(A型でしたっけ?)

ウム・・・ばんばはA型…
もちろん!几帳面!
友禅作家・・・遅まきの弟子入り…
冗談です!はい!
とても足袋ネコさんのようなお仕事できる性質ではござりませんでした<(_ _)>
それにしても素晴らしい!尊敬!
A型といえども…最後の詰めが甘いA型のばんばでしたv-397

青いした絵の美しさ!!私もお仕事に憧れます。はい、A型ですが・・・ふとっちょで正座など大、大苦手だしもう婆さんなので、ただただ見させて頂くだけの果報に致します。
この下絵の上に色を入れるのは他の方がされるのでしょうか?

ねじっこさんへ

ねじっこさん こんばんは〜
若い者にとって「正座」は苦痛以外の何者でもありません。
我が家は基本、「正座してご飯を食べる」というお家で
そうそう、丸いちゃぶ台でご飯を食べておりましたのよ♪
でも、20〜30分は平気だったんですが 8時間はキツかった・・・・
絵を描くのは楽しかったんですけどね。

> 足袋ネコさん、久々のお仕事記事、とっても嬉しいです!
あら♪ そんなふうに言っていただけで嬉しいです。
きっと他の人は退屈かも。

> これって、画用紙の写生みたいに鉛筆で下書きってしないんですよね(爆)
自分で描いた下図を筆で写しているだけなので
らくちんと言えばらくちんなんですけど
勢いのある線を描けるようになるまでそれなりの訓練を致しますの〜
イタズラ書きならけっこういい線を描けるんですけど
本番になるととたんに手が震えて描けなくなるんですよねー

> 足袋ネコさん、かっこいいわ!!(A型でしたっけ?)
うひゃひゃ♪ ありがとうございま〜す
なんちゃってA型女、足袋ネコでございます。
旦那もA型なんですが 
A型のイメージをぶち壊す人間でございます。


ばんばさんへ

几帳面なばんばさん こんばんは〜
四角い部屋を丸く掃く足袋ネコでございます。
若い時に「こうしなさい」と訓練を受けると
何とかなるものなのでしょうか
こんな私でも どうにか友禅職人をやっております(笑)
私にとって「染める」という行為がとても魅力的に思えるので
今だに続けてこれたのだと思います〜
どんなお仕事でも 大変ですよね!
私なんか 全くの世間知らずなので
ほとんど「役立たず」の人間でございますよ ホントに。

冬の寝子さんへ

冬の寝子さん おはようございます。
足がしびれるのは体格、年齢に関係なく
特に若者は正座の仕方を知らないので
すぐに足がしびれてそこら辺に転がって苦しんでおりますが
私のような中高年は 親に鍛えられ何とか正座できるんです。
んが、一日中は・・・・・ムリ。
下絵仕事は正座でないと出来ないんで困りますわ〜〜

> この下絵の上に色を入れるのは他の方がされるのでしょうか?
私はデザインから下絵、彩色(色付け)もやりますよ。
京友禅は分業ですからたぶん別の方が色付けをするんですが
加賀友禅は(大御所の大先生以外は)下絵、彩色は作家が致します。
この着物はもう仕上がって ご注文された方のお家に収まりました。
めでたし、めでたし♪

あー、コメントしたと思ってたのに、やっぱりコメし忘れてた。( ̄∀ ̄||)
ほんと素晴らしいですねーーー。芸術です、アートです。
でもって、めっちゃ根気が必要なんですね、好きじゃなきゃできないことだなぁ。
正座の姿勢のまま描いていたのは、お弟子さんの時だけなんですか?それとも今も?
ベルばらかぁ、すんごいブームでしたよね。もちろんリアルのブームを知ってるけど^^;、
私はまともに全部読んではいないんだよなぁ。

あ、そうそう「ウチのハナちゃん」もしまだ読んでなければ、
なぜか我が家に2冊あるんで、新品じゃないですけど1冊お送りしますよー。^ ^

うーん、こういうのを見ると、一生に一枚くらいどうにかできないかしらん、と、むわーんと思ったりしますね。訪問着は無理でも柄がちょびっとだけの付下げなら何とかならないかな~、とか、いっそ色無地とか。(^_^;)
娘でもいればその勇気も出るんですけど。

絵を描くために仕立てるのは足袋ネコさんがご自分でなさるんですか? 縫い代の部分は解いてから描き足すんですね~。どうやるんだろうと不思議に思ってました。描きかけの線をつなぐなんて、熟練の技ですね。

ぱんとらさんへ

ぱんとらさん こんばんは!
アートだんて そんな事あ〜〜りませんよ(笑)
やっぱ訴える力が足りませんし インパクトもごじゃいません。
つくづく 職人だな〜って思います。
まっ 職人の仕事は好きなヤツしか続きませんけどね。
ようやってきたなぁ〜 30ん年・・・・ただ長いだけかも(汗)

> 正座の姿勢のまま描いていたのは、お弟子さんの時だけなんですか?それとも今も?
下絵作業は正座でないと出来ないです。
でも,椅子に座ってやっていらっしゃる人がいるかも。
彩色作業は やはり正座ばかりしていると
膝がやられてしまうので ずいぶん前から椅子に腰掛けてやっています。
弟子時代は正座が基本です。
特に先生が見ているときはね!v-8
> ベルばらかぁ、すんごいブームでしたよね。もちろんリアルのブームを知ってるけど^^;、
> 私はまともに全部読んではいないんだよなぁ。
マンガの方は良かったですよ。
それで映画版の「ベルバラ」を観たんですけど
あれは・・・・・・・・観ない方がよかった・・・あぁ〜
> あ、そうそう「ウチのハナちゃん」もしまだ読んでなければ、
> なぜか我が家に2冊あるんで、新品じゃないですけど1冊お送りしますよー。^ ^
きやぁ〜〜 いいんですかい? うれしい! ありがとございます!!
今日ブックオフに行ってきたんですけど
結局探せなかった・・・・ マンガ多過ぎ〜〜〜

MMMさんへ

MMMさん こんばんは〜
作家が言うのもなんですが 訪問着よりも付け下げの方が着やすいですよ。
って言うか 着る機会が多いです。
訪問着は本当に特別な時にしか着られないですからねぇ〜
親戚の結婚式に訪問着を着ましたが 入学式、卒業式の時は付け下げを着ました。
色無地は娘の大学の卒業式かな。あと、法事の時。
だんぜん多いのはやっぱ「紬」ですねー

> 絵を描くために仕立てるのは足袋ネコさんがご自分でなさるんですか? 
下絵を描く時の仕立ては「仮絵羽」と言いまして
専門の方がいらっしゃるのでお願いしています。
お高い絹の生地に ハサミを入れるのはなかなか勇気が必要です。
私みたいなおっちょこちょいは しない方が無難でございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/778-dbb45e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お母ちゃんのお習字 «  | BLOG TOP |  » あまりにもウルサイんで

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する