topimage

2017-06

ケチ な おばはん。 - 2014.08.03 Sun


梅雨が明けたと思ったら 昼間だけでなく、夜中も暑苦しい日々で
寝不足なのか 1日中
ぼぉぉぉ〜〜 っとしとる足袋ネコでございます、こんにちは。


さて。



眠い。


いやいやいや・・・・・・・・もとい。



世界中で 「もったいない」 という言葉が広く知られるようになりました。

京都では ひとつの物を最後まで使い切る という事を 始末する と言い
最後まで使い切れる人を 始末のいい人 と言うそうです。


私足袋ネコも 何を隠そう 実は始末のいいオンナ なんですの、おほほっ
いや、 「絹」 に限ってなんざんすけどね。



170803no1.jpg
私の仕事場にたんとある 絹の切れっ端。
これは、猫袋や友禅のお財布や小物入れなどを制作した時に
出てきた余り裂なんですけど

もったいなくて捨てられないのでございます。

それでですね、 性懲りもなくまた作るのでございます。

170803no2.jpg
またまた ノリ助の首輪 ですよ・・・・・
だって、生地が小さいので他に思いつかんのです。
(真ん中のは制作途中)


170803no3.jpg
「あっ これは私のお財布の余り裂だ」 って見つけて下さる人 いらっしゃるかな?
2つの首輪で 5種類の余り裂を使っておりますぞよ。
ガタガタのミシン線は見ないでね〜〜〜




170803no4.jpg
さぁさ、ノリ姫様 できましたぞ♪




170803no5.jpg
相変わらず 豊満なボディですね〜 





170803no10.jpg









170803no7.jpg








アタイは 首輪より 美味しい物の方が嬉しくてよ!





私が 始末がいい にこだわるのは 
ここの記事を読んで下され →記事に飛びます 「いのちを纏う」 


ま〜〜〜〜〜 実のところ 

ただのケチ なんですけどね(笑)



えっと・・・・・この記事、「おしごと〜」のカテゴリーに入らないかも?




● COMMENT ●

「始末のいい人」、なるほど。
こっちにいると、とてもムダが多いです。
文化がないので、大切にする物もないのかな。。。

切れ端とはいえ、絹ですもんね。
捨てるにはもったないですよね。
ステキな首輪になりましたね。
でも、のりちゃんには食べ物に見えるようですけど(笑)。

「いのちを纏う」の回、読みました。とてもいいお話ですね。
着物って奥深い文化や歴史があるんだなって思います。 

こんにちは^^

はーい!
直ぐに気がつきました^^V

おーーーっ!
よか体格ですね~@@
抱っこして重さを確認したいですね~^^:

ガハハハハハハハハハハハッ^^
ノリ姫様! ご乱心!!!
必死の顔がなかなか
可愛いじゃあーりませんか^^

端切れのままでもきれいですが、首輪に仕上がったものは彩りがまた美しいですね。青い布はお財布の端切れかしら~。色合わせのセンスがさすがです。ノリちゃんは白いからはっきりした色もパステルカラーも何でもばっちり似合っちゃって楽しめますね。
昔の人はほどいたときの糸も再利用していたそうですし着物は手間を惜しまなければムダのないものなんですよね。でも今や自分では縫えなくて、頼むのも大変。八方塞がりな感じです。(^^;)
そもそも大量生産大量消費にはそぐわないんですよね。サイズに融通が利くとは言われるけど、身体に合わせて仕立ててないものはあちこちだぶつきます。誰にでも着られる(?)ようにと大きく作っちゃってるいわゆるプレタは結局ほとんどの人にはだぶだぶ(だと私には思えます)。でもそれが当たり前になるんでしょうね。私なんか着物着られなくなっちゃいます。(T_T)

物を大切にするって、すごく素敵な人だと思います。
なんていうか、「ちゃんとした人」って思うんですよね。
私は絹などという高級品とはとんと無縁な生活を送っておりますが^^;、絹ってお蚕さんの繭から出来てるんですもんね。大事にしないとだなあ。
天然モノだからこそ、ノリちゃんもついつい齧っちゃうのかもしれませんww美味しいのかも?(笑)
のりちゃん、すごくオシャレな首輪作ってもらって幸せ者や〜〜〜>▽<

のりちゃん、ほんとに羨ましい~、この幸せ者め~
とても素敵で、私も作ってもらえるなら手に入れたいと思いました。先ごろお預かりの子猫用の首輪探しに行って売って無くて、既製品を切って縫い縮めたものの、とんと不細工でした。金具?もどこで手に入るのか解りません。
なんでも素敵に仕上げてしまえる足袋猫様の器用さに感服します。

いやっ!素敵な首輪ですね~~
沢山の手間暇かけて作られた生地…もったいなくてほんの少しの端切れでも捨てられませんね~

シルクより絹の方が好き♪(なんのこっちゃw)
絹の切れ端は捨てれませんよね。
家にも着物やシルクの洋服の切れ端がありますわ。

私も着物が好きだけど、着る機会もなく、
・・・自分で着られ~~~ん(≧◇≦)

のりちゃん、いいなぁ。
絹の首輪を持ってる姫はのりちゃんだけかも~~~
色遣いも綺麗やし、やっぱり粋な感じよね。

やっぱり自然の物は化繊にはかないまへん!

こんばんわ
風牙の記事にコメントくださりありがとう。
ぜひ関西にこられたら風牙をだきにきてくださいな。
八キロ強はだきごたえありますよ。
ノリ姫はきれいな水玉三毛さんですね。
このごろでは あまりみかけなくなりました。
凛とした きれいnお顔立ちとおみうけしました。
素敵な 首輪です。
やはり 着物の生地の色目すきです。
色会わせもさすがですね。

まかないさんへ

まかないさん おはようございます。
日本古来の言葉「もったいない」を広げたのが外国のお方
だと言う事にがっかりなんですが
もっともっと認識を深く持つ人が増えれば
無駄になって捨てられる食料は激減するのでは?とおもうのですが
どう考えても「違うだろ!」って言う事が明らかになりましたねー
おぉ こわっ!

> 切れ端とはいえ、絹ですもんね。
そうなんです。木綿はさほど思いませんが
自分の制作した物の切れ端は捨てられずにたまる一方なんです。

> 「いのちを纏う」の回、読みました。とてもいいお話ですね。
> 着物って奥深い文化や歴史があるんだなって思います。 
ありがとうございます。
着物を着るとねー オンナがあがりますよ!
まかないさんも機会があったらぜひ着てください!

薄雪草さんへ

薄雪草さん おはようございます。
わ〜い!気が付いてくださって嬉しいです!!
藍染めは何枚か作ったんですが ラインが入ったものは薄雪草さんのものだけだったんですよねー
首輪にするとただのシマシマ模様なんですが まぁいいかな っと(笑)

> よか体格ですね~@@
> 抱っこして重さを確認したいですね~^^:
ノリはあまりだっこが好きじゃありませんが
お尻ぽんぽんは大好きです。
ぽんぽんをしていると そばから離れませんよ〜〜

志村ふくみさんの「いのちを纏う」、私も読みました☆
「始末の良い人」、良い言葉ですね。。
言葉で終わらせてはいけない、実践しなければね^-^

MMMさんへ

MMMさん おはようございます〜
ご想像通り 青い色のものは和財布の余り裂です。
ホームページに載せているデザインの物で 多分、生地だけが違う物だと思います(記憶があやふや〜)
余り裂が溜まりにたまってきたので なんとかせねば! って思っておりますが
首輪ばっかり作ってもねぇ・・・・
パッチワークで作るか? いやいやいや・・・そんな技術はもってない!
悩むところです。
昔の方は糸まで再利用ですか・・・・そうですよねー
着物を縫った糸は長さがありますから また使えるってことありますね。

> そもそも大量生産大量消費にはそぐわないんですよね。サイズに融通が利くとは言われるけど、身体に合わせて仕立ててないものはあちこちだぶつきます。誰にでも着られる(?)ようにと大きく作っちゃってるいわゆるプレタは結局ほとんどの人にはだぶだぶ(だと私には思えます)。でもそれが当たり前になるんでしょうね。私なんか着物着られなくなっちゃいます。(T_T)
私はチビなんで 私サイズの着物はなかなか見つかりません。
長い物や広すぎる物ばかりです。
ぴったりサイズだと着やすくて着崩れも目立たなくていいんですけど。
昔は着物が縫えて当たり前ですから 着物のサイズ直しなんて当たり前だったんでしょうね。
既製品で間に合う体型の人が羨ましいですねぇ!

nico.さんへ

nico.さん おはようございます。
「物を大切にする人」と「ケチな人」が同義語でないのが残念です(笑)
私はどちらかというと ってか 完全に「ケチな人」なので自分でも悲しいです。
ですが 絹に関しては「もったいない」が頭の中をぐるぐる回るのです。
愛おしくって捨てられない! 染めに失敗した物もタンスに眠っておりますのよ〜

先代とら助はビニール製の首輪のせいで「はげ」を作ってしまったんで
首輪の材質は布に決めておりますが
なんと「布」が身近にたくさんある事に気が付いてしまったんざます。
これで 首輪はず〜〜っと買わなくてすむぞ〜
↑ ケチなおばさんの証拠

冬の寝子さんへ

冬の寝子さん おはようございます。
首輪の金具は普通の手芸店には売っていませんよねー
私も探したんですけれど どれも大きすぎて駄目でした。
作った首輪は すべて先代とら助の首輪の金具の再利用です。
どれもこれもやっつけ仕事で 15分前後で完成したもの
とても人に差し上げられる物ではなく
もっともっとお裁縫がうまくなりたいですよ、まったくもう。
画像に出ていませんが 縫い目なんてひどいもんなんですよーーー

ばんばさんへ

ばんばさん こんにちは〜
> いやっ!素敵な首輪ですね~~
ありがとうございます。
とても近くでは見られない代物ですよ。
まじめに、丁寧に作ろう などという気持ちがまったくなかったんで
いかんですよね、こんな態度ぢゃ!!
> 沢山の手間暇かけて作られた生地…もったいなくてほんの少しの端切れでも捨てられませんね~
捨てられないんですよ〜
以前は 本当にどうもならん物を
「針山」? 針刺し?の中に詰め込んだ事もあります。

茶々にゃんさんへ

茶々にゃんさん こんにちは〜
着物の余り裂、仕立て屋さんから頂きますよね。
我が家にも 浜縮緬の余り裂が本当に大量にあるのです。
どうしたもんだか・・・・と思うのであります。
ほとんどが「白生地」 なんかいいアイデア、あります??
ほんとにも〜〜 クッションカバー でも作ろうかいな。

> 私も着物が好きだけど、着る機会もなく、
> ・・・自分で着られ~~~ん(≧◇≦)
おぉ! 私がお着せ申し上げまする。
なんちゃって・・・・遠すぎる(笑)

絹の首輪ってないかもですねー
肌触りがいいのか、そうでもないのか わかりませんが
相変わらず後ろ足でカキカキしておりますわ。
でも今のところ そんなにボロボロになってはおらず
意外に長持ちするかも♪

みろきさんへ

みろくさん こんばんは。
一度は抱っこしてみたい風牙ちゃん
まかないさんが無理っぽかったから 多分私も駄目でしょう(笑)
でも、抱っこしようとしても風牙ちゃん いやがらないかなぁ・・・それが心配。
ノリ助は抱っこが好きじゃないものだから
にゅるるん って逃げていきますけど
風牙ちゃんはおとなしく抱っこされてくれるかしら
それとも、けーん って蹴飛ばして逃げちゃうかな
想像すると・・・・何だか楽しいのでございます。

のん福レオのお母さんへ

のん福レオのお母さん こんにちは〜
「いのちを纏う」の本は図書館で借りた物でした。
自分と少しばかり通じるものがあり一気に読みました。
絶対にまねが出来ない世界でしたけどね。
自然からたくさん学ぶものがあって
それを自分でどう消化するかは 自分次第。
非常に苦しくもあり、楽しくもある時間でございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/878-c1281c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

続 ケチなおばはん «  | BLOG TOP |  » 暑中お見舞い申し上げます 2014!

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する