topimage

2017-10

おかあちゃんが思うこと - 2014.10.04 Sat

皆様こんにちは ノリです。
御嶽山の水蒸気爆発で沢山の犠牲者が出てしまいました。
美しい山の姿と青空、紅葉もすばらしい時期で
登山者の皆さんが
「登ってきて良かった」 と思った次の瞬間に
熱い蒸気と噴石が自分の身を襲う地獄と化すなんて
誰が想像出来たでしょうか。
信仰の山である御嶽山で命を絶たれてしまった方々の
ご冥福を祈りたいと思います。


171004no3.jpg
これは 先月29日の新聞です。
トップで大きく書かれている御嶽山の記事の横のやや小さめな記事


171004no2.jpg
以前にもお母ちゃんが記事にした
「兼六園」のすぐ隣の「金沢城公園」でクマが出没事件
ついに クマが捕獲されました。

金沢のど真ん中ですよ,ど真ん中。
本当に クマがいたなんて・・・・・・
いったい何を食べて 今まで生き抜いてきたのかな・・・・




171004no1.jpg
大きな自然災害が多いここ数年
想像もしていなかった出来事が多過ぎです






おかあちゃんはそれでも 山がスキ。 ずっと登りたいと思ってます。





北アルプスの山々や 駒ヶ岳、白山などから
運が良ければ 御嶽山を望む事が出来ました。
その姿は すそ野を大きく広げ,堂々としていて、しかも美しい山容
いつかは必ず登ろうと思っておりました。
これからは 
亡くなった方達の追悼を心にこめて 
美しい御嶽山を眺めたいと思います。 

● COMMENT ●

私、10月に高齢グループ11名で御嶽山への日帰りバスツァーに行くことになっていました!
仰天でした。若い方も沢山無くなられたのですね。どんなに怖くて助けを求められたことか、想像するだに切ないです。
悪運強かった私、せめて野ら猫さんのお預かりを心をこめて続けたいと思います。もしかして、多分、それだけのお役目のためにもう暫く生きよと言われたのかも。

御嶽山の噴火はショックでした。。
多くの犠牲者が出たことも悲しい出来事です。。
そうですね、私もそれでも山は好きです。。
可能な限り登りつづけると思います。。

冬の寝子さんへ

冬の寝子さん おはようございます〜
おぉ! 全国で似たような企画ツアーが多かったと思います。
行く予定にしていた方々 冬の寝子さんも相当なショックを受けておられるでしょうね。
気軽に行ける山だからこそ 被害者の数が多かったようにも感じます。
これが 麓からずっと徒歩での登山であったなら
などと考えても無意味ですね・・・・・
預かり猫さん これから寒い冬を迎え
暖かな環境で暮らせる幸せをかみしめているのではないかな
それとも 無邪気に暴れ回っているだけ?
あ〜ぁ 困った子ね〜
って愚痴が出る平凡な日々がありがたいですね。

本当に、誰も予想だにしなかったことじゃないでしょうか。
遺族の方、行方不明の方の安否がわからず疲れ果ててる
ご家族を見るだに、たまらない気持ちになります。


クマさん、やっぱり食べる物が足りなくて人里に下りて
きちゃったのかなあ・・・。
敵視されるクマも可哀想だし、クマの恐ろしさに震える
近所の方の心配もわかるし。(以前テレビで見た、
北海道のヒグマの怖さが今も忘れられない私。)
自然の脅威に100%対応することは人間には無理
だろうけど、今よりも少しずつ、上手につきあえるよう
前進できたらいいな。

御嶽山のニュースにはとても驚きました。
紅葉シーズンであったこと、週末であったことが、被害を拡大させたようで、なんとも言えない感じでした。
霊山だったんですよね。。。
亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。

広島の市内にもクマでましたね。
もう15年以上前かな。
その時もこんな市内に出てくるなんてととてもびっくりしました。
だって市内でも開けてる辺りだったので。
やっぱ住むとこや食べ物がないんでしょうね。
動物と人間の共存ってできないんでしょうかね。。。

のん福レオのお母さんへ

のん福レオのお母さん こんばんは〜
一挙に上がった噴煙を見て
はたして私は すぐに逃げられたでしょうか・・・
逃げられないか、逃げる事が出来るか
ほとんど「運」が左右されるのでしょうね。
私たちが暮らす環境
どこにいても、何をしていても
はっきりと「安全」と言える場所、状態はないのだと思います。
ビクビクしながら行動するより
山登りは思いっきり楽しみたいですね。
もちろん ちゃんと装備や計画はしっかりと ですが。
体力・・・・だんだん落ちていくんですよ〜
いつまで登る事が出来るかなぁ・・・・


nico.さんへ

nico.さん こんにちは〜
御嶽山はもう気軽に登れる山ではなくなりましたね
雪山でも沢山の方が 雪崩や悪天候、滑落で亡くなっていますが
山という所は本当は危険な所なんだ・・・って感じてしまった人が多いのではないかな。
今だに行方がわからない方の捜索 まだまだ続くのですが
探していらしゃる家族の方にとって 長く辛い時間になっていきますね。

金沢市はど田舎ですが 中心街はけっこうな交通量があります。
そんな道を横断して 兼六園周辺にクマが出没したなんて
市民はみんなびっくり! なんです。
何を考えてあんな所に行ってしまったのかわからないけれど
きっと、母親から早く離れてしまって
危険な所、行ってはいけない所をきちんと教えてもらえなかったんでしょうね。
捕らえられた熊のその後も気になります。
遠くの山奥に放されてたらいいのだけど
でも,人間もけっこうな山奥にでも住居を構えています。
どうだこうだと言えない辛さがあります・・・・

まかないさんへ

まかないさん こんにちは〜
御嶽山 美しい紅葉の絶好のシーズンだったんですよねー
初めて噴火のニュースを観た時
不謹慎にも 青い青空と吹き上がる噴煙と紅葉に彩られた御嶽山が
一瞬 美しい と思ってしまいました。

> 霊山だったんですよね。。。
> 亡くなった方々のご冥福をお祈り致します。
毎年沢山の方が白い装束を身に着けて参拝登山をされているのをテレビで視ます。
先日は 白山にも白装束で下山されているのを見かけました。
そんな「霊山」での大惨事 無念としか言えません。

広島にも 市街地にクマが出没していたんですか!?
いやいや びっくりですねー
人間がどんどん山奥の「秘境」と言われる所を切り開いて
道を作り、住居を建て 作物を作る。
代わりに クマは その道を利用して街中に出てくるのでしょう。
クマだって楽をしたいのです。
共存はムリだとして 棲み分け って出来ないものなんでしょうか・・・
でも、人間だけは自由行き来出来て クマは狭い地域に閉じ込めるって言うのも
人間が身勝手過ぎますよね。

こちらにすみません。
山好きの足袋ネコさんは、余計にショックだったでしょうね。
先日おじいに「御嶽山って知ってる?」と聞いたら、
「知ってるさ~、長野の有名な山だからね」と言っていましたよ(^^)
長野県の上田出身なので、おそらく登ったことがあると思います。

本当に今年は自然の脅威を思い知らされた一年でした。
人間が便利さ、豊かさを追い求めたツケが
自然の営みを狂わせているのかもしれませんね。
山をおりてきただけで駆除されるクマさんも、ある意味被害者かも。
自然と動物が共存できる環境は、もう取り戻せないのでしょうか。

おばんさんへ

おばんさん おはようございます。
御嶽山の行方不明者がまだまだ続いています。
自然の大きな力には ちっぽけな人間、まったくかないませんが
自衛隊の皆様に頑張って頂く他ありません。
御嶽山は大きく変貌してしまいましたね・・・・
でも,遠くから見える姿は 変わらず美しいです。
御嶽山は県民のみならず 憧れて登りにやって来る人が多いんでしょうね。
たぶん、遠足とかでも(一泊の)あるんではないでしょうか。
眺めが壮大で いい山ですもの。

クマは危険であることを知らないで市街地に下りてくるのではないでしょうか。
クマだって狸だってイノシシだって
市街地のちょっと離れた所に作らている畑の作物を
食べるのが楽しみになってきているのでしょう。
生きる為に食べるのですから 少しの危険も顧みなくなるのは仕方がありません。
共存はむずかしいですね・・・・
数年前に「アライグマ」の生息地の拡大が問題になってきていると聞きました。
クマよりも相当手強いらしいです。




管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/889-d9c51814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出た!!! «  | BLOG TOP |  » お父ちゃんは 教育パパ

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する