topimage

2017-04

体外衝撃波結石破砕術ってこんなんですのよ - 2015.05.20 Wed

皆様こんばんは 足袋ネコです。
人生お初の 「体外衝撃波結石破砕術」を受けた私ですが
記録として 書いておこうと思います。

いや、だって・・・・胃カメラも飲んだ事がないって人もいるんだもの

結石破砕術って そうはおらんやろ。

これからその手術を受けるって人の参考になれば って思いますんよ。


ではまず。

私はど素人だったんで 日帰りの簡単な治療 と思っておったんですが

結石破砕 なので 同意書を書かされましたぞね。

ここで いきなり動揺いたしましたよ・・・わっ 手術やったんや(汗)って

旦那も呼び出され 2人で 結石破砕術の勉強のためのDVDを観ましたんよ。
綺麗なお姉さんが 水着姿で(えっ?) 手術台に寝ておりました。



さて、手術の日であります。
手術は午後からだったんで 朝ごはんは普通に食べていいものの
それからは 絶食でございます。
10時に病院に入り まずレントゲン写真を撮り結石の確認をしましたんですけど
やっぱり写っておりました、 私の「石ちゃん」は。 
ひらがなの「への字」のようなかっこで 尿管に留まっておるんですよ、憎たらしいわ!

次に 超音波で石の位置を確認しながら 
体の表面に塗る「麻酔剤」の位置を記すために
横っ腹に マジック で印をつけられちゃいます。
これがくすぐったくて わひゃひゃっ って声が出そうになりましてねー 
我慢しましたけど。

次に術着に着替えます。ちなみに、水着ではなかったです、残念です(ウソ)
そして 先ほどマジックで印をつけたところに
麻酔剤を含んだゼリーみたいなものをベトベト塗り
ラップをかけて保護します。ちょい、気色悪し。

手術1時間半前に 水分補給のための点滴が始まります。
持ち込んでいた本を読んで 気を紛らわせておりました。
手術30分前 鎮静作用のある薬を肩に注射されました。
もーのーすーーーごっく 痛い!注射でした!
(後で 注射のところを見たら あざになっちょりましたわー)


午後2時 手術開始でございます。
麻酔のようなお薬(痛い注射)が効いているのか よろよろとしか歩けないですな。
手術台が高いので 看護師さんとドクターに手を取ってもらって登りました。
麻酔のゼリーを塗った横っ腹は 完全に感覚ナッシング
みょぉ〜〜〜な 感覚でございますわよ。 なんだ、こりゃ? みたいな。

血圧計と心電図モニターを体につけます。
横に設置してあるモニターを見ながら
体を移動させ 右に傾け、左に傾け ちょこっとずらしながら位置調節。
石のある右の尿管が真下になるように 
やや右傾きの仰向け状態で始まりました。
なんかね、手術台って横っ腹の所だけがウォターベッドみたいな感じなんですんよ。

1秒間に1発 というような速さで
バシッ! バシッ! バシッ! と連続で衝撃波を受けていきます。
痛みを感じない時もあるんやけど
お腹の中に チクッ! チクッ! っと
衝撃波を受けているのがわかるんだわ〜
呼吸が大きくなると 衝撃波を打つ場所がずれてしまうんで
小さく呼吸するように言われましたんですが 
ちょっと過呼吸になりそうだったんで
モニターから視線を外して 別のことを考えるようにしてました。

「夕ご飯は絶対に手抜きしてやるぞー 旦那になんか美味しいもの、買ってきてもらおう」
「今晩はビールが飲めないんだった、明日は今日の分も飲んじゃうからねー」

っと 実にくだらんことを考えておった私であります。

と、ここで ドクターの携帯電話が鳴り出す。

だれだー!! 
こんな時に電話をしてくるヤツはっ!?
(心の叫び)

「あ〜もしもし」

えっ!? 電話にでるの!??(心の叫び)

「あぁ それは、こうでこうで あれはあれして・・・・」


こっちに集中してくだせぇーましよぉ〜〜
 お代官様 ドクター様!
(心の叫び)


程なく電話は終わるも 衝撃波はずっと続いたままであります。

バシッ! バシッ! バシッ! バシッ! バシッ!・・・・

記憶が定かではないんだけど 15分? 20分?くらい続き 手術終了。

再びレントゲンを撮って 石が全部破砕されたかの確認をいたします。


手術前は くっきりはっきり写っていた 「への文字」の石ちゃんは

手術後 ぼやけた感じに写っておりました。

さいなら、「への文字」石ちゃん。


手術後 1時間半もリクライニングシートでこんこんと眠った私
ほんの軽い鎮静作用のお薬 私には効き過ぎたようでございます。
なにせ、胃カメラ検査でも眠りこける私ですからねぇ おほほっ


お終いに尿検査で 出血の度合いをみます。

見事な血尿でございます。 まっかっか。

でもこれは事前に説明を受けていたので 冷静に受け止めました。

家に帰り 浴びるほどお茶を飲んで飲んで飲んで飲んで(ドクターの命令です)

たった1日で お茶が嫌いになりましてんよ。茶腹ですよ、茶腹!

2〜3日で血尿はなくなりました、めでたい。

長い文章 お読み下さってありがとうございます。

こんな手術というか こんな病気、経験しないほうがいいに決まっているけど

もし、これから結石破砕術を受けなくちゃならなくなった方

参考にしてくださいませ。

・・・・・・・・・参考にならんかも(汗)





180520no1.jpg
お母ちゃん! ドクターからコーヒーは1日1杯 って言われたのに 今で何杯目なんやの!?






尿路結石とか 尿管結石って 男性のほうが多いらしいんですってよ・・・

男性?・・・・・男?


う〜〜ん・・・・・・なんとなーく フクザツ。




● COMMENT ●

手に汗握る

手に汗握りながら読ませていただきました。
リアルやわ~(-_-;)お腹の辺りがゾワゾワしました。
つか、電話!出るの!?(笑)
無事に終わって良かったです。
ご褒美ビールをたらふく召し上がってくださいね(^o^)

足袋ネコさんのリアルすぎる中継が、
想像をかきたてました。
いろんな手術法があるんですね。
私は、腹腔鏡での手術をうけたことがありますが、
全身麻酔なので、全然なにをされたか分からず。
しまいに、先生がDVDの録画をし忘れ、一切の証拠なし。
ま、自分の手術とはいえ、見たくないですけど。
コーヒーの制限もあるんですね・・・。
どうぞ、お身体お大事にしてくださいね。

本当に、本当にお疲れさまでした。つつがなくすんだようでなによりです。
麻酔は、病院によって量が違ったり、使う薬が違うのでしょうが、私も胃・腸のカメラで、眠りこけてしまった時もありましたが、効果なくてえずいたり悶絶しそうなほど苦しかったり・・・。だから、よく聞く体質の方が絶対有利ではないかと。

お泊まりして戻られたら、のり助さん、さぞ歓迎してくれたことでしょう!
もうしなくてよいように、飲食の制限もできるだけ!守ってお過ごしくださいね。

我が家は、今日から19歳(元の飼い主曰く)の三毛猫さんをお預かりしました。多分看取ることになると思いますが、のびのび過ごさせてやりたいと願っています。

肩の注射のところを読んで、ひいいいいいっ!><ってなった〜〜!
痣になるほどの注射・・・こ、こわすぎる・・・(汗)。
ほんでもって、2〜3日も血尿が続いたってところで卒倒しそうに
なった!
なんせ私、それこそ胃カメラも飲んだことない女なのです^^;
大変な手術でしたねえ。。。足袋ネコさん、ホントよく頑張った〜〜!!(;;)

お代官様・・・もとい、ドクターさまは、そんな時にもお電話に
出はるんですね(T^T)
誰か代わりに出るわけにはいかないもんなんだろか???
出来れば経験したくないけど、経験する羽目に陥ったときは、
足袋ネコさんの奮闘記であるこの記事を思い出して、私も
頑張ろうと思いますっっ>▽<

コーヒー、飲み過ぎ注意ですぞー!
お大事にしなくっちゃ!!


うわ〜〜〜〜〜(@o@)
参考になりました...............が、出来れば これから先体験しないで済むといいな〜〜。(((((^^;)

ものすごく同感!!と思ったことがありますよ!
腕にされる筋肉注射.............めっちゃ痛い!!!!(T^T)
ワシもMRIを数回撮ったのですが、その前に 腸などが動かないようにするための筋肉注射が、それはもう2日凹むほどの痛さ!!(ToT)
後、ホルモンの注射を腕の筋肉にされるのも、腕に力が入らなくなるくらいの痛さ!!(ToT)
筋肉注射..........ほんとに痛いですよね............

足袋ネコさん、すっきりと石が出て、これからは粉砕しなくて良くなりますように!!
筋肉注射もしなくて済みますように!!(ToT)

ノリちゃん、シュっとしてスマートですね〜〜♡
やっぱ、ねころんよりだいぶ軽そうだ〜〜!!(^^;)

たいへんでしたねえ!!20分も連射で石と戦ったのですね!!ご苦労様でした!!いっぱいビール?飲んでゆっくり休んでくださいね!!石、ぼやけてたって無くなったのではないのですか?お大事にしてくださいね!ところで写真ののりちゃん、ちょっとスマートになったのでは?お母さんの事心配してやせたかなあ?

理事長の妻さんへ

理事長の妻さん おはようございます。
あのドクター 結石破砕術のプロフェッショナルだったのでしょうか
平然と電話に応対しておりました。
私は麻酔でぼんやりとした頭でも ドキドキしておりました。
何もなくてよかったです。
しかし、技術は日々進歩しているのですね。
どんどん できなかった事が可能になっていますね。
それがどんどん 「出来て当たり前」になっていくのが恐ろしいです。
ビール、毎晩美味しく頂いております。
休肝日は? と聞かれると答えたくない私でございます。

つんきんかあちゃんさんへ

つんきんかあちゃんさん おはようございます。
腹腔鏡手術を受けられたんですか!?
ちょっと話題になっている手術ですよね。
どのような手術でも事前に説明があるんですが
やはり怖いものは怖いですよね。
つんきんかあちゃんさんは どのように納得されたんでしょうか・・・
私なんざぁ 早く辛い状態から抜け出したくて
あまり考えもせずに同意書にサインしてしまった事
今から考えると反省すべき事です。

> コーヒーの制限もあるんですね・・・。
> どうぞ、お身体お大事にしてくださいね。
ありがとうございます。
カフェインがダメなようです。
オレンジジュースもダメだって言われましたねぇ
ガチガチになって守ろうとするとつまらないんで
ゆるーく 守っていきたいと思っています(笑)

冬の寝子さんへ

冬の寝子さん おはようございます。
普段からあまりお薬を飲まないからでしょうか? 麻酔がよく効くのは。
でも 数年前までは頭痛薬のお世話にそうとうなっておりましたけど。
手術は 日帰りでした。
夕方に帰ってからご飯の支度って 結局無理でした。
次の日も家でこんこんと眠り 頭がすっきりとしたのは手術から2日たってから。
もぅ いっくらでも眠れる って感じでしたよ。

> 我が家は、今日から19歳(元の飼い主曰く)の三毛猫さんをお預かりしました。多分看取ることになると思いますが、のびのび過ごさせてやりたいと願っています。
おぉ それは、それは
19歳の大おばあちゃん ですな。
「私はなんでも知っているのよ」 って顔しているんではないでしょうか。
いいお話相手になるかも。
ゆるやかで 楽しい時間を過ごせますように。

nico.さんへ

nico.さん おはようございます。
筋肉注射は痛いものと決まっておるようです。
でも、注射の上手な人は痛みが少ないとも聞きました。
昔、風邪をひいた時におしりに注射をされたんですが
ベテランの看護師さんだったせいなのか 痛みはその日だけだったですよ。
今回の注射は 1週間経っても痛いんです。(下手だったのか??)

> お代官様・・・もとい、ドクターさまは、そんな時にもお電話に
> 出はるんですね(T^T)
お手軽な手術だったのでしょうか?
ドクターは 受け答えも爽やかで 不安要素はまったくなかったのですが
破砕している真っ最中に電話に出るとは思いませんでした。
まぁ・・・・たぶん 腕のいいドクターだった と、いう事にしておきます(笑)
こんな手術 受けなくていいに決まっております。
私は「石を作ってしまう体質」らしいです。
いらん体質ですなー
nico.さんはそんな体質ではありませんように!

とろろお姐さんへ

とろろお姐さん おはようございます〜
筋肉注射は何度か打たれた事がありますが
そうそう、胃カメラを飲むときも打ちますよねー
あれはそんなに痛くはなかったと思いますが・・・・
聞く所によりますと 下手な人に打ってもらうと・・・・らしいです。

先代トラ助に インスリン注射を背中の筋肉に打ってたんですよ。
それも、1日に2回も。
痛かったろうなぁ〜って思うと 今更ながら涙が出そう。
でも、痛がったのは最初だけで 1週間くらいで上手に打たせてくれました。
いい猫だったなぁ・・・・・

今では「への文字石ちゃん」はすっかり粉々になって体外に出たもよう
うれしいでございます。
これからは なるべく石などを作ってしまわないようにしたいでっす!

> ノリちゃん、シュっとしてスマートですね〜〜♡
> やっぱ、ねころんよりだいぶ軽そうだ〜〜!!(^^;)
いやいやいや・・・・これはカメラのせい。
相変わらず マツコデラックス ですのよ(汗)

みゅうぽっぽさんへ

みゅうぽっぽさん おはようございます〜
多分・・・20分くらいではなかったかと思います。
意識はあるものの ぼぉ〜〜っとしておりまして。
それに時計もなかったんで 私の「当たらない」カンでございます。
はっきり写っていた石がぼやけて写ったといことは
石が細かく つぶつぶになったということで しっかりした「形」にはならなかったのでしょう。
「体内に石がみつかる」とか 「体内の石を破砕する」とか
他人事と思っていました。まさか自分がなるとは!
>ところで写真ののりちゃん、ちょっとスマートになったのでは?お母さんの事心配してやせたかなあ?
いえいえいえ とろろお姐さんのところにも書きましたが
単なるカメラのせいです。 おデブです。お腹、ゆれてます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://rtenkuue.blog41.fc2.com/tb.php/935-648a1122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

抜け駆け失敗。 «  | BLOG TOP |  » 「ハブ」の受難

ホームページ

加賀友禅ハンドメイド雑貨のホームページです。「ねこゆうぜん」をクリックしてね↓

参加させていただいています。 20081102000006.jpg

プロフィール

足袋ネコ

Author:足袋ネコ
食べることが楽しみ
寝るのも大好き
山登りはもっと好き
ネコはもっともっと好き~
加賀友禅の着物制作してま~す

とら(とら助)
17歳。 15歳の時に「糖尿病」になり、毎日2度のインシュリン注射の日々。いつも態度はでかく「オレ様」なのでーす。
7月3日、17歳と11ヶ月で虹の橋を渡りました。


のり(のり助)
2010年 9月14日に足袋ネコ家の家族となる。
営業部長、接待部長に特進中。
時々、のりイルージョンで家から脱出する
困ったちゃんです。

記事の画像を無断でコピーなさる事を固くお断りいたします。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する